ライフライフ|生活まとめ2ch

義実家、子育て、恋愛、嫁姑、など日々の衝撃的な出来事や修羅場などをまとめた、生活系の2chまとめです。

    タグ:ネトゲ

    a95c5b5c


    229: 名無しさん@おーぷん 2015/10/09(金)10:20:38 ID:2Ne
    旦那がリストラされてから離婚をするまでずっと修羅場だった。

    私も働いているから生活には困らないけど、
    旦那はリストラされたことを愚痴りつつネトゲにはまった。
    就職どころか短時間のパートさえしない。

    続きを読む

    20160322060050


    627: 名無しさん@HOME 2006/05/16(火) 09:38:52
    コトメはヒキ高校生。学校は気が向いた時に行く位で、家でずっとネトゲやってるらしい。 
    旦那のゲームや漫画が目当てで来る。平日突撃が何回かあって、旦那に言ってもらってたけど、 
    昨日も突撃してきたから、流石に腹に据えかね。 
     
    続きを読む

    dengekifci2016032502-546x306


    324: 名無しさん@お腹いっぱい。 2013/01/22(火) 03:16:23.89
    こっちの浮気話は、お盆に3歳の子供連れて里帰りしてた時の事。 
    娘と親の実家で2泊する予定で、嫁はパートがあるので留守番という話だったんだが 
    忘れ物を取りに1泊してから自分の家にもどったら見知らぬ男と一緒。 
    男を追い出して嫁を問い詰めるも上から目線で 
    「貴方に魅力を感じられなかった。器が小さい男w」 
    とか鼻で笑いやがった。 
     
    続きを読む

    d05de8a6



    932: おさかなくわえた名無しさん 2011/04/07(木) 23:20:31.27 ID:qZl3Kvwv
    流れを見ずに投下、ネトゲ関連の話。 

    とあるネトゲをやっているんですが、武器にはめる様々な効果がついてる霊石というのがあります。 
    その中でも特に高値で取引されている移動速度上昇+4という(各霊石に+0~+4という幅がある)霊石を自分が露店で出していました。 
    しばらくしてみてみると売れていたのでホクホク気分でその後遊んでいたのですが、知らない方から耳打ちが来ました。 



    続きを読む

    f0ab6663


    742: 名無しさん@HOME 2012/05/23(水) 16:12:35.45 0
    典型的なモラハラ男だった元夫。 
    知り合った頃はいつも笑顔の優しい人だった。25歳同士で結婚。豹変。 

    何か悪いことがあると私のせい。 
    例えば道でつまづいたりしてもそれは私のせい。 
    とにかく口がうまく、反論しようとしても理詰めで責めまくってくるので 
    頭の回転が遅い私は混乱して黙り込んでしまう。 

    続きを読む

    images-thumbnail2



    590: おさかなくわえた名無しさん 2011/02/23(水) 17:10:48.54 ID:3iNYsdSM
    もうすぐ大学卒業して社会人な俺が先日体験した図々しい話 

    ある夜自分のアパートに帰ってきたら、部屋の前でおっさんに話があると声を掛けられた。 
    その時点でこっちの警戒度はMAXで、ポケットの携帯に手を伸ばしながら 
    何の用ですかと聞いたら「A(元彼女)の父親だと言えば分かるだろう」と答えてくる。 


    続きを読む

    03


    235: 1/2 2011/01/24(月) 15:05:14 0
    数箇所フェイク入れてるので矛盾点あったらすまそ 

    私子(24) 旦那(28) 
    義弟嫁(26) 義弟(28) 
    旦那と義弟は双子。もう一人上に義兄もいる。(32 既婚 娘2人) 

    続きを読む

    mig


    111: 名無しさん@HOME 2011/04/11(月) 23:28:12.67 0
    ㌧切りスイマセン 

    義兄にやってきましたよ。 
    義実家が火事にあって、次の家探すまでうちに住むことになった後 
    そのまま出て行く気配もなく3年くらい住み着いているウトメ&義兄 
    ウトメは年金生活で、義兄はいわゆるニート&引きこもり 
    前は働いていたけれど、職場でいじめにあったとか何とかで鬱になりそのまま義実家に寄生していた模様。 
    田舎なので部屋数はある我が家の一室からほとんど出てこないでネトゲ三昧。 

    続きを読む

      ↑このページのトップヘ