ライフライフ|生活まとめ2ch

義実家、子育て、恋愛、嫁姑、など日々の衝撃的な出来事や修羅場などをまとめた、生活系の2chまとめです。

    タグ:絶縁状態

    09161440_59bcb96b494db



    203: おさかなくわえた名無しさん 2006/02/10(金) 03:22:53 ID:CW5zMCZG
    長くなるのですが、不快な方はスルーして下さい。 

    私は3人兄弟だけど色んな事情で実姉と仲違いをしてて、現在はほぼ絶縁状態。 
    学校や仕事の場でも、兄(こちらとの仲は普通)がいます、としか言わないようにしている。 

    それでも何かのきっかけで姉のことを知った同僚とかが 
    「姉さんがいるなんて聞いて無かったよ、隠す様なこといってお姉さん可哀相じゃない」とか 
    「兄弟は他人の始まりなんて言うけど、最後に助け合えるのも兄弟なんだよ」とかウザイ。 


    続きを読む

    images


    591: 名無しさん@おーぷん 2015/01/12(月)20:07:02 ID:Kjp
    母がキチだったのがわかった今が修羅場。

    家は父方の親戚とは全く交流がなくて、今まで葬儀以外では会ったことがない。
    その葬儀も遠くでヒソヒソな感じ、お年玉や進学祝いの類はもちろん、年賀状すら家には届かない。
    中学になるころにはこういう家系という訳ではなく、家だけが爪弾きにされてることにも気付いて、
    今まで父方の親戚は「嫌な奴等」っていう認識だった。

    だけど今日成人式の話題になったとき、ふと
    「私も来年成人だけど、やっぱりお父さんの親戚からは何にもないよね」といったら母が
    「当然!それどころかますます気を付けないと」と言い出した。
    何に気を付けるの?と尋ねると「もう19だから自分でも気を付けられるように」と話してくれた。

    続きを読む

    15ac26b5f63012e1afd3edf9d67809adfe091405



    462: 名無しの心子知らず 2008/04/22(火) 09:28:44 ID:2UAbu5jm
    結婚前、会う前から私の挨拶訪問を断固拒否、 
    私の親に一言電話をかけてきて 
    「うちの息子とは結婚させませんから。理由は申し上げません。」 
    から始まり、今まで数々の確執を生んできたトメ。 
    私だけ絶縁状態だった。 


     
    続きを読む

    2008091100006349-1



    849: 名無しさん@HOME 2008/02/11(月) 06:11:01 O
    子が産まれて退院した二日目に、里帰り先の実家にきたトメ。 
    産後で疲れているのに何時間も滞在し、 
    挙句の果てに自分が最初の子を死産した思い出話をはじめた。 
    「○○子ちゃんって名前もある」とか、誰も聞いてねぇよ! 
    初めての子どもを産んだばかりの嫁の前でする話がそれかよ!



    続きを読む

    01


    95
    :2013/01/30(水) 23:30:43.00 0 ID:
    両親は、若い時に駆け落ちで家を飛び出して結婚した。
    俺が生まれた後に、父方とは和解したけど、母方はそれなりの家だったらしく、許さなかった。
    でも子どもには黙っていようと、母方の親戚は誰もいない(祖母や母の兄弟姉妹はおらず、
    祖母はもうすでに亡くなっている)と聞いていた。

    そして俺が社会人になり、結婚。順調に貯金も貯めて、そろそろ子作りしようかと考えたあたりで、
    義理の弟が結婚することになったら、そこの相手が、うちの母方の親戚だった。
    それも本家の娘。何かのきっかけで、その本家が俺を知り、「娘を嫁にやるのは良いけれども
    俺や俺の両親とは親戚にはなりたくない。離婚させろ」と言いだしたらしい。
    それで困った義弟は、ベタ惚れの彼女を手放したくないからと、姉(俺の嫁)に土下座。
    俺の嫁は、なぜか俺を飛ばして俺の母に相談。
    母は父と話合い、本家に話しに行くが、門前払いをくう。
    義実家含め、全員が頭を寄せて悩んで色々な策をとったけれどダメで…というあたりで、
    ようやく俺に話がまわってきた。
    もちろん事情をそこで初めて知った俺は、ブチ切れ。というか嫁も「弟の幸せのため」
    とか、諦めて、身をひくつもりでいることに驚愕。そして号泣。

    義弟と彼女に直談判したけど、デモデモダッテ親ナンテ怖クテ私説得デキナイと泣く彼女と
    オロオロする義弟にうんざりするだけで終了。本家は談判どころか「そんな要求してない」と門前払い。
    その間に嫁とイザコザもあり、その頭の悪さにうんざりしていたので、「貯金全額くれたらいいよ」
    と話したところ、「弟の幸せのために」というお題目で頭が沸いてる嫁は、離婚届にあっさり判を押した。


    その後、直後は数年間落ち込んで二度と結婚しないと思っていたけれど、縁があってできた
    彼女にプロポーズして、OKもらったので記念カキコ。
    続きを読む

      ↑このページのトップヘ