qchs13

休暇中に家で料理をする、蒸した紫色のサツマイモ、子供たちは翠雀花素とても食べるのが好きで、彼女が楽しく食べるのを見て、とても達成感があります。ある時、お椀と箸を手に取ってみると、紫いも皮の入ったお椀の中の水が青くなっていたので、ショックを受けました。紫いもは壊れませんでした。

急いで探しましたが、紫いもにアントシアニンが含まれていることがわかり、安心しました。そして、アントシアニンの効果がとても良いことがわかりました。

この良いこと、アントシアニンを実現するために来ましょう。

では、アントシアニンとは何ですか?アントシアニンとしても知られるアントシアニンは、自然界の動物に一般的に見られる水溶性の人工色素であり、フラボノイドに属します。果物、野菜、花の主要な着色材料のほとんどはそれとは関係がないので、私たちが見るカラフルな世界はアントシアニンの近さとは関係がありません。動物のアントシアニンの含有量は、種、季節、気候、成熟度などによって大きく異なります。ご覧のとおり、花の色は明るい色から暗い色までさまざまです。

アントシアニンの機能的役割を見てみましょう。

アントシアニンは、抗酸化、抗放射線、視力維持、免疫力強化などの機能を持っており、多くの人に愛されています。医学研究によると、アントシアニンを含む食品を定期的に摂取することで、皮膚や目の機能だけでなく、睡眠の質も効果的に改善できます。これは、栄養と健康にとって本当に良いことです。

それは本当に不思議です、生存においてアントシアニンが豊富な珍しい食べ物は何ですか?はい、あなたはこれらの食品の多くを食べました、例えば、ブドウ、紫色のナス、紫色のサツマイモ、ブルーベリー、黒いクズリ、桑、紫色のタマネギ、紫色のキャベツ、シャンチャなど。これらの食品はすべての季節に利用可能であり、それは天の恵みの珍味です。

では、アントシアニンを食べる能力をどのように吸収するのが最善でしょうか?アントシアニンが豊富な食品の多くは果物であることがわかります。したがって、アントシアニンは生で食べると最も多く吸収されます。吸収できる量は、個人の消化能力によって異なります。たとえば、紫玉ねぎと紫キャベツは生で食べることができ、紫ナスは蒸すことができます。

カンジアンはダイエットから始まります。アントシアニンを追加し、よりカラフルな果物や野菜を食べることはあなたの健康に良いです。

アントシアニンが豊富な他の健康食品も季節を通して食べるべきであることを明らかにさせてください。1日3回の食事。

おすすめの関連記事

アントシアニンはどれほど神秘的ですか?これらの5つの機能を知らずにはいられません

アントシアニンはブルーベリーよりも高いですが、お粥しか調理できません

アントシアニンには多くの利点がありますが、科学的にそれらを食べる方法を知っていますか?