歌麿画


1804(文化元)年の今日(5月17日)、 豊臣秀吉京都醍醐寺 三宝院裏の山麓において催された醍醐の花見を題材とした『太閤五女花見之図』が幕府の禁忌に触れるとして、喜多川歌麿手鎖50日の刑に処せられるれた。
歌麿(※1:「浮世絵文献資料館」浮世絵師名一覧の
ここ参照)は、葛飾北斎と並び、国際的にもよく知られる江戸時代の浮世絵師で、繊細で優麗な描線を特徴とし、さまざまな姿態、表情の女性美を追求した美人画の大家であるが出生地・生年等は不明である。
南総里見八犬伝」の作者・滝沢馬琴の『後の為の記』には、「歌麿には妻もなし子もなし歿後無祀の鬼となりたるべし」とあるようだ(※2:「川 越 雑 記 帳」の喜多川歌麿参照)が、浮世絵師の経歴をまとめた『無名翁随筆』(別名『続浮世絵類考』※3。「浮世絵類考」も参照)という史料には、二代目喜多川歌麿が初代歌麿の妻をめとったという記述もあるそうだ。
江戸時代、身分の賤(いや)しまれていた浮世絵師の伝記は、あの謎の多い「
写楽」ほどではないにしても、ほとんど手がかりはないようだ。
1806(
文化3)年9月20日(新暦1806年10月31日)、54才で世をさったと言われていることから、(1753(宝暦3)年頃?に生まれと推定されている。彼の作画期は1776(安永5)年から卒年までの約30年間。初期の北川豊章(狩野派の師の鳥山石燕の名、豊房の一字を与えらる。(※1の〔とよあき北川豊章〕参照)と称した頃から、その後の狂歌師や戯作者との提携による絵本等々に挿絵していた時期と、浮世絵画家(役者絵は描かず)としての活躍時代の二期に大別されるようである。(以下参考の鳥山石燕参照)。
1782
(天明2)年以後、歌麿の名を使い錦絵時代に入り、これ以降を後期としているようである。1784(天明4)年頃、新進の版元蔦谷重三郎と出会い、蔦屋の援助を得、1791(寛政3)年頃から描きはじめた「美人大首絵」で人気を博した。
代表作品としては、「婦女人相十品」(
・ビードロを吹く娘・扇子を持ち日傘をさす女・文読む女など)、「婦人相学十躰」(・指折り数える女・面白キ相・浮気之相など)、婦人相学拾躰(・かねつけ・提灯を持つ女・煙管を持つ女・髪すきなど。その中の1枚『ビードロを吹く娘』(『ポッピンを吹く女』ともいう)が特に有名(ここに紹介のものは以下参考の※7で見れる)。
それまでの美人全身像とは違って
大判錦絵の画面いっぱいに体を省き顔を中心とする構図法は、人物の顔の表情や内面を詳細に描くことが可能となり、ことに白雲母摺(しろきらずり)の技法は、女性の肌の白さや、柔らかさを表現するうえで効果をあげた。

江戸時代後期の
文化・文政の時代(1804年 - 1830年)は、江戸を中心として町人文化が花開き最も栄えた時代である。江戸前期に上方を中心に起こった町人文化である元禄文化と対比され、略して「化政文化」とも呼ばれるが、享楽的色彩が強いとされる。時期的には、ちょうど寛政の改革天保の改革の間と重なる。
寄席見世物小屋が流行し、歌舞伎界では、七代目市川団十郎五代目松本幸四郎三代目尾上菊五郎などの名優が活躍していた。
政治・社会の出来事や日常の生活を
風刺する川柳が流行し出版界では、十返舎一九の『東海道中膝栗毛』や式亭三馬が書いた滑稽本浮世風呂』『浮世床』、先に挙げた馬琴の『南総里見八犬伝』など、現在でもよく知られている名作が生まれ、版画では、多彩な色彩を表現できる技術が向上し、人気役者を描いた浮世絵や美人画が数多く制作された。
江戸から発生し、商人などの全国的交流や、出版・教育の普及によって各地に伝えられていった。また、これに伴い、内容も多様化していき、庶民へと浸透していった。風俗上で
時代劇の舞台とされることが最も多いのがこの時代である。


江戸後期の江戸名所を描いた『江戸名所図会』(長谷川雪旦画)の両国橋の絵がある。まずは、以下参考※4「国立国会図書館デジタルコレクション - 江戸名所図会」の 巻之一の二のコマ番号3の図を 見てください。

『 江戸名所図会』二のコマ番号3両国橋

夏には、花火が打ち上げられ、隅田川には見物の屋形船屋根船が浮かび、橋の上は大勢の見物人でごった返している。その手前・西両国広小路の広場の中央には、芝居や軽業の小屋、土弓場(矢取女に売春をさせることもあった。「揚弓場」と「土弓場」の違いは?参照)などの娯楽施設が描かれている。その橋の向こう側・東広小路には多くの茶屋が立ち並び江戸時代最大の盛り場であった様子が描かれている(その詳細な説明は参考※5を参照されるとよい)。
芝居見物や
相撲見物も町人たちが楽しめる程度の料金で見られるようになり、役者や力士、遊女を描いた浮世絵版画(今でいえば、プロマイド写真)も、庶民的な値段で買えるようになっていた。
歌麿が作品の対象にしたのは、
遊女花魁、さらに茶屋(この場合、客に遊興・飲食をさせる店。水茶屋引き手茶屋色茶屋遊郭も参照〕・芝居茶屋相撲茶屋など)の娘など無名の女性たちばかりであった。
歌麿の浮世絵によって、モデルになった者の名前はたちまち江戸中に広まるなど、歌麿の浮世絵はひとつの
メディアにもなった。
寛政期に実在した評判の美人3人娘を描いた寛政三美人(画題は『当時三美人』)がある。以下がそれである。

当時三美人

上、右から難波屋おきた、富本豊雛、高島屋おひさ。
高島屋おひさは、江戸両国薬研堀米沢町2丁目の煎餅屋高島屋長兵衛の長女で,両国で自家が経営する水茶屋で働いており、江戸浅草・浅草観音(当時浅草・浅草寺の通称)随身門脇の水茶屋の看板娘難波屋おきた吉原玉村屋抱えの女芸者富本節の名取り富本豊雛と共に、寛政三美人(豊雛の代わりに菊本おはんを当てる説もあるようだ)のひとりに数えられた。
寛政5(1793)年、17歳のころ歌麿の美人画のモデルとなって名高く、おきた16歳とその美しさを競い合い、対になる大判錦絵のほか、「囲碁を囲む五美人」など
腕相撲などの趣向で、ふたりを競わせる絵などが伝わる。以下参考※6のサイトにある以下の画像参照。

「囲碁を囲む五美人」腕相撲 西ノ方関 浅草難波屋きた 東ノ方関 両国高しまひさ

二美人の首引き 西の方 なにわやきた 東の方 たかしまひさ

これらの絵を見ればわかるが、髪の生え際(毛がき)は最も難易度が高い所。彫師の腕の見せ所である。
因みに、この三人の見分け方であるが、寛政4、5年ごろに歌麿が描いた大判錦絵のなかに、丸に三つ柏の
団扇や、などにも)の描かれているのが難波屋おひさ、桐紋を付けて描かれたのが高島おひさ、,富本宗家の桜草の紋を付けているのが豊雛である。

歌麿は、さらには、春画(しゅんが)や肉筆画にも異彩を放つなど、名実ともに浮世絵、艶本(えんぽん。閨房〔けいぼう〕の秘事・秘戯を描いた書物。春本)の第一人者としても活躍した。興味のある人は、※7のエロチック、春画:喜多川歌麿:春画参照。冒頭の画像もその中の1枚である。あえて、あまり刺激のない絵を掲載した。
彼の特色は忠実な観察と写実に基ずく、理想美の表現にあり、且つ
狩野派の筆触もあって、始めは美人画には不調和な点も見られたが、やがて独特な優雅な描線を画くようになり、その美人絵は、浮世絵の絶頂と称されるようになった。
中でも、彼の
春宵(しゅんしょう)秘戯(男女の房事)の画は、また格別のものとされていたようで、川柳にも「歌麿の毛がき彫師の泣きどころ」と詠まれた程だという(※7参照)。私も趣味で、切絵を作っていたことがあるのでわかるが、 武者絵にしても美人画にしても毛がきは難しい。特に春画などの場合は、その描き(彫り)方で随分と違ってくるだろうね~。 
 
歌麿の代表作が次々と刊行され、美人画の絵師として人気が絶頂に達した
寛政期、この時期歌麿にとっては受難の時代となる。
自由な気風を推し進めていた
田沼意次に代わり老中となった松平定信による寛政の改革が始まり、娯楽を含む風紀取締りも厳しくなった。
寛政2年(1790年)、改印(あらためいん。出版許可証〔印〕)制度(今でいう検閲性制度)ができ、出版物に対する規制がきびしくなり、寛政3年(1791年)には、江戸深川仲町(
門前仲町)の岡場所の風俗を描いた洒落本黄表紙『仕懸文庫』(※8のここ参照)や遊里(遊郭)の内情、遊女の生活などを精細に描写した『錦の裏』(角書は「青楼昼之世界」※8のここ参照)などの作者(著・画)山東京伝、松平定信の寛政の改革(文武奨励策を含む)を批判する内容の黄表紙、作者・朋誠堂喜三二(平沢 常富通称は平格)の出した『文武二道万石通』(※8のここ参照。画:喜多川歌麿門人の行麿)に続いて、それを模したと思われる『鸚鵡返文武二道』の作者の恋川春町(画:北尾重政)が摘発され、版元の蔦屋重三郎は、過料により身上半減の極刑(財産の半分を没収)を受け、京伝は手鎖50日という処罰を受けた(※1の:鸚鵡返文武二道喜多川行麿浮世絵の筆禍史(1)などを参照)。
しかし、この寛政の改革時代は何とか無事に乗り切った歌麿だが、最後に決定的な事件に遭遇し、人気も激しい凋落を迎えることになる。
文化元年(1804年)、豊臣秀吉の醍醐の花見を題材とした3 枚続きの『太閤五妻洛東遊観図』が幕府の逆鱗に触れ、入牢3日、手鎖50日、 過料15貫の刑を伴う筆禍にあったのである。
秀吉の醍醐の花見の想像図「醍醐花見図屏風」(国立歴史民俗博物館蔵)が後に描かれている。その部分図が以下である。(画像はクリックで拡大、『週刊朝日百科日本の歴史』32の6-298より)。
醍醐の花見の図

○上記の本物図は以下参照。
紙本著色醍醐花見図 文化遺産オンライン

○歌麿の描いた「太閤五妻洛東遊観図」は参考※7の喜多川歌麿:大判3枚続にある以下図を参照。

『太閤五妻洛東遊観図』

当時、「豊臣秀吉」はタブーであり、また北政所淀殿、そのた側室に囲まれ花見酒にふける秀吉の姿が当時の将軍、徳川家斉揶揄したものであるとも言われる。
徳川家斉は、特定されるだけで40人の妻妾を持ち、男子26人・女子27人の子をもうけ、まだ、そのほかにも
がいたとも伝えられており、御落胤は数知れず、それら膨大な子供たちの養育費が、逼迫していた幕府の財政を更に圧迫することとなり、やがて幕府財政は破綻へ向かうことになった。 家斉の時代は、最も大奥が活用された時代であった。
家斉の行った、「
処士横断の禁」は、 幕府に対する政治批判を禁止し、蘭学を公的機関から徹底廃止し、蘭学者を公職から追放。海防学者の林子平などが処罰された。さらに贅沢品を取り締まる倹約の徹底、公衆浴場(銭湯)での混浴禁止など風紀の粛清、さらには、絵草紙、武者絵等に対する出版取締令が出され、『絵本太閤記』(法橋岡田玉山筆。寛政9年〔1797年〕に初編が刊行され大人気のため以後享和2年〔1802年〕まで5年間に7編84冊が刊行された)を初め、錦絵類も絶版に処されたのである。 
この 『絵本太閤記』廃版及び、歌麿の手鎖の処分のことは、以下参考に記載の※9「街談文々集要/古文書を楽しむ」の「第十八 太閤記廃板」や、※1:浮世絵文献資料館: 
街談文々集要』にも記されているので参照されるとよい。
『街談文々集要』は、文化文政期(1804年-1 829年)の巷の話題を書き記したもので作者は
石塚豊芥子. (いしづか ほうかいし )、別名集古堂豊亭とも言ったようっだ。
寛政の改革は、田沼意次の
重商主義による経済の混乱を改める目的であったが、庶民への強烈な倹約をはじめ、思想的弾圧も並行したことから国力は低下し、国益が損なわれたと現在では評価されている。
この刑の終了後、やつれ衰えた歌麿を見た版元たちは、歌麿の余命は短いと察して大量の注文を求め殺到したようだが、拘束の痛手が激しかった歌麿は疲労してすでに創作意欲も緊張感も失い、若干の仕事はこなしたものの絵は張りも独自性もなくマンネリ化したものになっている。そして、過労が重なり、2年後の文化3年(1806)に世を去った。

参考:

※1 :
浮世絵文献資料館

※2:川 越 雑 記 帳

※3:無名翁随筆 - 国立国会図書館デジタルコレクション 
 
※4:
国立国会図書館デジタルコレクション - 江戸名所図会

※5:江戸歴史館ー江戸最大の盛り場!両国

※6:パブリックドメイン浮世絵・錦絵の世界:ボストン美術館所蔵春画集

※7:歌麿に関する図書展 - 東北大学附属図書館

※8:[山東 京伝]-早稲田大学図書館ー古典籍総合データベース

※9:街談文々集要/古文書を楽しむ

※その他1:国学院大学法学部横山実ゼミ:浮世絵との出会い(1)

※その他2:たばこと塩の博物館
1:
企画展 版元の世界~江戸の出版仕掛人 part2~
2:企画展  江戸の出版仕掛人 part 3 ~天保の改革と浮世絵~