2005年11月28日

インターナショナルキャッシュカードの手数料は?

今日の朝知人から電話が掛かってきて、次のような話を聞いた。
チェンマイから日本へ送った商品のの代金を受け取るのに、代金を日本の口座へ入金してもらい、チェンマイからインターナショナルキャッシュカードでバーツで受け取っている。
最近インターナショナルキャッシュカードの暗証番号を押し間違えて使用出来なくなり、別の銀行のインターナショナルキャッシュカード使うようになった。
以前は1回数十バーツの手数料を取られているようだったが、最近は1回数百バーツ取られるようになり、しかも使用するATMにより手数料が大きく異なる。
その話を聞いて銀行により大分手数料が異なるのだなと思いながら、私の場合はどうなのだろうと考えた

私もCiti Bankのインターナショナルキャッシュカードを持っているが、ここ数年は全く使った事が無い。

そこで、早速インターネットで調べたところ、シティバンクのHPに以下の記述が見つかった。
【お引き出し手数料について】
  • 一部のCD/ATMでは、ATMオーナーがATM使用料を徴収する場合があります。
  • 海外のCD/ATMでは使用料、中継手数料がかかることがあります(一部の海外のシティバンクATMを含みます)。
【換算レートについて】
外貨から円貨への換算は、当行と提携機関が定めた計算方法によって行われます。米ドルの場合は当日のシティバンク在日支店店頭での米ドル電信売レート(TTS)に、3%を乗じたレート(TTS×1.03)となります。その他の通貨の場合は提携機関が定めたレートにより計算された米ドル額に換算され、上記のレートにより円貨が決定されます。
  • ATM使用料を徴収する場合があります
  • 使用料、中継手数料がかかることがあります
これでは使用料や手数料がいくら掛かるのか、実際にATMを使ってお金を引き出さなければ判らないと言う事である。

更に以下の記述がある。
  • 外貨から円貨への換算は、当行と提携機関が定めた計算方法によって行われます。
ただ、確実に言えるのは通常の外貨送金で使用されるTTSよりも3%以上レートが悪くなると言う事である。

仮に外国為替レートを海外送金に適用されるTTSと考えると、Citi Bankのインターナショナルキャッシュカードでタイ国内で500バーツを引き出した場合、手数料総計は最低でも15バーツ以上かかり、使用するATMによっては数百バーツかかっても不思議ではないと言う事になる。

インターナショナルキャッシュカードで日本国内からの預金を引き出すのは最後の手段にしよう!

少なくとも、中長期滞在者がインターナショナルキャッシュカードで生活費を引き出すのは、どう考えても割が合わない。
living_in_chiangmai at 23:29│Comments(5)TrackBack(0)
銀行・海外送金・外為 
お願いとご注意!
この記事内容と無関係のトラックバックやコメントは固くお断り致します。
記入されましたコメントやトラックバックは、管理人が確認した後に公開いたします。
読む方に不快感を与えるようなコメント、及び、当ブログの趣旨に合わないコメントやスパム・トラックバックは公開されません。
コメント欄に長い半角文字列(例.URL)や日本語・英語以外の言語(タイ語等)が入るとフォーマットが崩れてしまいますので避けるようお願いします。
URLの記入は、投稿者名からのリンクにして下さい。

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 管理人   2005年11月30日 18:15
私が住んでいるアパートの管理人にこの話をした所、”以前アパートに住んでいた日本人がCiti Bankのインターナショナルキャッシュカードで預金を引き出したら、1回に付き400バーツ位手数料が引かれたと話していた”と教えてくれました。
どの銀行のATMを使ったのかか判りませんが、やはり引き出すATMによっては数百バーツ手数料を取られるのは覚悟しなければならないようです。
また、残高確認をしただけでも手数料が掛かるのもあるとか。
どなたかが、使用しているインターナショナルカードとATM毎の手数料のデータを集めて公開してもらえれば皆さん助かると思うのですが・・・
2. Posted by 管理人   2005年12月18日 19:12
チェンマイ在住の知人から、ATMのレシートを提供してもらいました。

日本のみずほ銀行口座の約173,000バーツの残高から、チェンマイのバンコク銀行支店のATMにて最高引き出し額である25,000バーツ単位で連続引き出したケースです。

それによると、1回引き出す毎に1,198バーツが手数料として徴収されています。

それと理由は判りませんが、1度2,198バーツ徴収されています。

最後に10,000バーツを引き出時は524バーツが手数料として徴収されていました。

引き出す金額により手数料も変わるようです。

それにしても、とんでもなく高額な手数料です。

インターナショナルキャッシュカードで預金を引き出すのではなく、海外送金の方が完全に安いです。
3. Posted by タイのイタリアン   2006年07月29日 08:06
5 シティは外貨を一旦米ドルに換算し、次に円に換算して、この円に3%乗せた金額で引き落とします。日本から海外のシティ以外の口座に振り込む場合、当地のシティを経由して、指定の口座に振り込まれるので、タイの場合7年前で\6,300経由手数料を取られ、タイの銀行も500バーツの手数料を取りました。Gカードだと、シティの日本の口座からの振り込み手数料は、無料ですがG以外では\4,400取られます。シティも新生銀行も、ユダヤの銀行ですから、日本人の預金を、狙っていますので、口座を持つ事は、お勧めできません。私も過去に失敗した経験を持つので。
4. Posted by たけ   2007年05月09日 00:17
3 2007年3月17日
JCBのクレジットカードでバンコク
のATM使用
3000バーツ引き出しましたら
JCBの請求書には
3000バーツ=10792円
手数料123.38バーツ=443円
と記載されておりました
5. Posted by 管理人   2007年05月09日 16:23
貴重な情報、有難うございます。

3月16日(17日は休日の為)のバンコクバンクの為替レートは29.24バーツ/100円です。
従って、日本円の現金をバンコクバンクの窓口で両替すれば3,000バーツは約10,260円でした(実際は円からバーツの両替なのでピッタシ3,000バーツの両替は出来ませんが)。

(10,792+443)−10,260=975 なので、3,000バーツを引き出すのに手数料総額は975円掛かった事になります。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
管理人紹介
板さん
元、汎用コンピュータのSE。
仕事柄、忙しい時は土日どころか寝る時間も無いほどの過酷なスケジュールに追われ、半年とか1年位の周期で取れる休暇は日常を離れて海外へ逃避する生活。
その時に、チェンマイ(タイ)を訪れてすっかり魅了され、将来はチェンマイに住む事を決意。
その後、O-Aビザ取得可能年齢の引き下げと、会社の早期退職優遇制度の施行を受けて早期退職し、2003年にチェンマイへ移住(ロングステイ)。
最新記事
過去記事月別選択
スポンサード リンク
チェンマイの女性達
本ブログパーツの提供を終了しました
その他のリンク
ギャラリー
  • 東日本大震災 メモリアル・チャリティーイベント 「共に手を取り歩いていこう」
  • 「Queue Online VISA Extension」の問題点
  • チェンマイ・イミグレーションの滞在許可期間延長申請(TM.7 APPLICATION FOR EXTENSION OF TEMPORARY STAY IN THE KINGDOM)オンライン予約システム、「Queue Online VISA Extension」の紹介
  • チェンマイでタイ人に人気の海鮮料理店 「sukii thaa roo」
  • サッカーのワールドカップ、日本のグループリーグ突破を賭けた試合は、タイ時間で25日午前1時半です
  • 【チェンマイ】タイ国内運転免許証の更新 期限を過ぎてから行った方が良い?