March 31, 2008

カフェが終わって・・・

3年と3ヶ月営業したカフェを、3月23日に閉店しました。

閉店の前日のクロージングパーティーは、おかげさまでとてもよい雰囲気で終わることができました。
周囲をセピア色に変えてしまうかのような、small colorの良原リエさん・オオニシユウスケさんの演奏と、写真家・首藤さんのノスタルジックで鮮やかなスライド写真。アンコール時、奏者2人が見えなくなるくらい鮮明な花の写真が、私にとってsmall colorのイメージになりました。
お客様や友人からも、お花をたくさん、頂きました。
ご来店頂き、本当にありがとうございました。
イベントをサポートしてくれた民宿丸山のユキエさん、お手伝いしてくれたスタッフの皆さんも、ありがとうございました。

元来、一つの事に集中すると他の事に頭が回らなくなってしまう不器用な性格。
なので、あらゆる面で[改善の余地あり]な欠点だらけの運営で。
このブログでも、あまりカフェの日常がお伝えできず・・・。

思い起こせば、色々な失敗にもめげずに通い続けてくださったり、
お土産持参で来て頂いたり。
最終日には、目に涙をためてケーキを16個もテイクアウトされるお客様も。
意外にも、クローズすることを惜しんでくださる方が沢山いて、
自分で思っていたよりも多くの人々に、カフェは支えられていたんだなぁと改めて感じました。

ここでの私の仕事は終わりますが、別の形で、カフェやお菓子を焼く仕事を、マイペースで続けて行こうと思っています。
まずは、松本の天然酵母パン屋さん"フォルコーン"と一緒に、クラフトフェアーなど、いくつかのイベントに出店する予定。
フォルコーンさんのパン作りに対する真摯な姿勢は、私にとってもお菓子作りのお手本です。
まだまだ勉強することばかりですが、いつかどこかのイベントなどで、Living at Cafeでお世話になった方々にお会いできたらとても嬉しいです。
その時は、是非声をかけてくださいね。

ここまで来れたこと、最後まで支えて頂いたことに、感謝の気持ちでいっぱいです。
本当に、どうもありがとうございました。

livingatcafe1
posted at 21:07

March 19, 2008

December 23, 2007