20180614-1

あまりにいつも行っている店だから、変に身構えてしまう自分を感じています。

葉菜茶まま子さんには、日ごろから「いくのの日」についての話を聞いているので

今日は何か新しい話を聞けるだろうか

もっと深い部分を知ることができるだろうか

そんな思いも抱えていました(妙に真剣・・・笑)

結論、意外性といいますか

まま子さんの、また違う面を見たように思えます。

「この人はこんな人に違いない」

そんな思い込みの、なんと多いことよ。

「いくのの日」とは、近しい人の、初対面の人の

いろんな顔と出会える楽しみがあるのかも??

しかし、葉菜茶へ行くのだから、カフェタイムに伺うのだから

どのスイーツを食べよう・・・

そのことに、思考の大部分をもっていかれていたことは

反省点でもある(笑)

結局は、黒豆茶(冷)をオーダーしたから、反省は生かされたと言えるだろう。

(杉本佐希子)
 
 20180614-2