普通の人は悩むことはないと思うけど、来週の関西出張にあたり、どうやって大阪まで行こうか悩む。
うちは東京駅が近く、新幹線で行くしか選択肢がないように思われるけど、私は飛行機が好き。
また、飛行機じゃなくてもいいけど、はっきり言って新幹線で行きたくない。
理由はあるのだけれど、それを書いてもおそらく多くの人に同意してもらえないと思うので、書きません。

加えて、羽田から大阪空港というのも、悪くないけど面白くない。
そこで出てくる選択肢は、(わざわざ)成田空港まで行って 、LCCで関西空港に出るもの。
都心から成田空港まで最速一時間、1,000円。LCC一時間半、6,000円。なんばまで一時間、1,000円。
実際には成田エクスプレス乗ったり、ラピート乗ったりして、梅田に出るまで結局4時間で一万数千円、というところ。
そもそも大阪は領収書精算不要で、新幹線代約15,000円が出るので、差額が頂戴できるとも言えるが、労力からして、全く得しない。
ちなみに、会社のルール的には、問題なし。そんなアホなことは想定されていない。 

で、LCCは、今までこの路線ではピーチ、ジェットスターは乗ったことあり、最近同路線に就航したバニラや春秋はまだ未搭乗。 
ちなみにバニラは新千歳まで利用したし、春秋も、今はなき高松便を経験済み。
そうそう、今まで、一番アホらしい関西までのルートは、朝、高松までジェットスター、高松でうどんを食べて、午後のジャンボフェリーで神戸まで行く、というもの。確か神戸着19時とかだったような。最高に気持ち良かった。

もちろん、朝から大阪に入るなら、新幹線以外選択肢はないが、今回のように昼で良かったり、また前日有給取って前泊するなら、こういうヒマ人しかできないルートを利用することができる。

しかし、今は生活にというか時間に余裕がなく、 遊んでる場合ではない。
でも、せっかく昼着でいいなら、ちょっと何か仕掛けたい。
誰かに同意は求めないが、例え人事部にいたって、耐えず人と違うことをしたほうが、創造的な仕事ができると思う。
新しいチャレンジをし続けないと、ただでさえ、人事の仕事はルーチン化してしまう。

もちろん、そうは言っても、今のようなパツパツの毎日では、贅沢なのかもしれない。
でも、成田の空港第2ビル駅から、第3ターミナルの歩道を楽しむ余裕こそが、今の私に必要だ。

しかし、最後にきて、いつもの決断力不足。
ホテルも含め、なかなか決めきれない。

そう、たまにある関西出張が楽しみで仕方ないのです。
家を離れられるからじゃないか、という突っ込みが聞こえそうだ。
ANA総合研究所
東洋経済新報社
2017-04-21