妻の指令で買った家具を、夜通しで組み立てました。
難しくはないのですが、結構な数のねじを締める必要がありました。
気付いてみれば、右手のひらの中央部が痛くて、痣と傷ができています。
ドライバーを固く締める時に、そこに力がかかります。
かなり痛い。

自分ではうまく作れているつもりでも、所詮技術レベルは低く、今回に関してはやる気もなくて、ただ早く終わらせてしまおうという気持ちで取り組んだことがいけなかったのではないでしょうか。

受験勉強も似たようなものだと思う。
技術レベルを上げるか、愛着を持つか、主体的に取り組むかしないと、どこかで無理が出てくる。

私自身のことではなく、娘がもう少し主体的に取り組んでくれると嬉しいのだけれど。

でも、少しずつでも偏差値が上がってきていることは、嬉しいようだ。
それでやる気が出るのはいいけれど、なんだか正攻法ではない気がする。
贅沢だろうか。