昨日、早稲田大学の入試改革に関連して、共通テストと書いた。
どうやら大学入試センター試験は、共通テストとなるらしい。

センター試験廃止して、共通テストにしましたって、おいおい。
その前は、共通一次という名前だった。
国公立の共通一次だったわけで、私立も利用できるようになったから、センター試験に名前を変えましたってのはわかる。
しかし、今回はなんなんだ。

大学入試改革で、センター試験一発勝負を改めるため、みたいな感じで、複数回とか、わけのわからない手のつけ方をして、結局、やっぱり無理でしたってことでしょう。
そもそも、複数回受験機会といって、3年生の早い時期から受験したら、高校で学ぶ範囲が終わってないじゃないか。

予想するに、政府としては教育改革の大事な柱が入試改革ということで、デカいことを言ってみたが、やっぱり変えることは難しいってわかってきて、でも言っちゃったから何かやらないわけにはいかない、ということで、センター試験を「廃止」して、共通テストにする気らしい。
本当にアホくさい。
そして、そのほかにも小手先だけの改革をするのだが、これがまたどうでもいいこと、やらなくていいことばかり、思いつきでやっているに過ぎない。

そういえば、数年前に就職/採用活動の時期を8月にして、うまくいかず、6月にした。
もともとの4月から変えたことで、どうしようもない結果になったけど、戻すわけにはいかないから6月。
この国は懲りずに、入試改革で同じことをするのだろうか。

ダメだとわかったら、改革やめようよ。
必要な改革なら完徹しようよ。
何もやらないわけにはいかない、っていう改革が一番マズい結果を招く。

少なくとも、共通テストはやめようよ。
なんで教育関係って、名前の付け方にセンスがないのだろうか。
SSとか、ユリウスとか、なにがなんでも、とか。

にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村 
にほんブログ村 病気ブログ 子宮がんへ
にほんブログ村