肘の黒ずみを取る方法に早道はありません。

まず肘の黒ずみがどうしてできてしまっているのか、
から見て行きましょう。

これにはいろいろな原因が考えられますので、
一概には言えませんが、共通していることとしては
肘を普段からついているために、過度な圧迫が
かかっている、ということがあります。

これにより、環境適応能力として肘の部分の皮膚が
厚くなり、結果黒ずみになっているということも言えます。

ですので、まずできることとしては普段から肘をつく
ことをやめる、ということがあります。

しかし、1回黒ずみができてしまうとなかなかそこから
復活することが難しかったりします。そのままにしておくと
なかなか目に見た効果が出ませんので、また肘をついて
しまうということもありえます。

そのためにもお風呂をうまく活用しましょう。
お風呂に入った時によく肘の辺りを揉んであげます。
これによって肘周辺の血行を良くするのです。血行を
よくすることで肘周辺のお肌のターンオーバーを促進
してあげるのです。

たまに軽石などでごしごしとこすってしまう人がいますが、
それはNGです。あまり強い刺激を与えると、これもまた
肘周辺のお肌を厚くする原因となります。

とにかく刺激を与えずに、血行を良くし、過度な負担を
かけない。これらを意識していってください。