2016年02月26日


リーマンショック当時のCDSなどを取り扱ったThe Big Shortという映画が日本では3月4日から劇場公開になるそうですが、面白いタイミングです。今年初めから、ドイツ銀行のCoCo Bondを保証(するみたいな)5 Year CDSのスプレッドが1.87%から4.38%に倍増したそうです。

今年から、ヨーロッパのドイツ、イタリアを震源とする金融不安が始まり、中国の不動産バブルの明確な崩壊へとバトンリレーして、リーマンショックの恐怖が再来する危険があるかもしれません。

リーマンショック後、地震が発生するまでにリーガル・マーケットも縮小して外資系企業や外資系法律事務所の弁護士のレイオフが進みました。稼ぎ頭だった不動産の証券化、流動化弁護士が抹殺されてゆき、コーポレートや他のファイナンスも縮小しました。今度も、金融危機でファイナンスを始めとする分野が被害を受ける危険があります。今後は、支出を控えて嵐に備える必要があるかもしれません。現在の株式市場のリバウンドのチャンスを捉えて全ての株式は売却し、不動産も処分して、万が一、危機が発生した時に円が上がるチャンスがあれば通貨はドルに変えるなどして、資産の状況を確認した方がいいかもしれません。今年から来年にかけて、厳しい状況が来るのに備えて。


(16:04)

2015年12月31日

アベノミクスは証券業界に利益をもたらしましたが、やはり問題の先延ばしにすぎないかもしれません。来年はとても厳しい状況が発生するかもしれず、下記のようなリポートもあります。さてどうなるでしょう。とりあえず、まさかの時に備えた対策を一応考えておこうかと思います。


Despite such endless financial engineering, sales for the S&P 500 have been declining for the last three quarters. And profits have declined for the first time since the 2009 expansion.

I’d be surprised if both didn’t continue down in the 4th quarter.

This will end badly… which is the only way bubbles end.

My forecast today: the stock market will start to crash by early February, if not sooner, when it finally gets this clear realization.

(15:45)

2014年09月14日

Emma Thompson said:

“I understand the passion for it, given that the relationship between the two countries has been so belligerent and so difficult and England was so awful to Scotland.” But “I find it difficult to accept it when borders are still causing so many problems. Why insist on building a new border between human beings in an ever shrinking world where we are still struggling to live alongside each other?"

(14:25)

2013年12月16日

テンプル大学ではTESOLの大学院修士課程のコースがありますが、その他にも様々なコースが単発で設定されます。今回は英文契約書や法律英語に触れてみたい方の為の、Legal WritingやLegal Translation Skillsの講座をお知らせします。講師は日本語検定1級をもつ、日本語も流暢なChritopher Rath弁護士です。英語が使用される目的が通常の英文と異なるため独特の言い回しがあったりと、違った英語を覚えることができます。

下記はテンプル大学の講師であるChristopher Rathbone弁護士の紹介と講座案内です。

http://www.tuj.ac.jp/cont-ed/instructors/christopher-rathbone.html

(15:53)

2013年10月08日

AshurstがオーストラリアのBlake Dawsonとは2年前に提携関係に入り合併へと進んで参りましたが、財務面も含めて完全合併することになったそうです。

イギリスの法律事務所は伝統的にLockstepがしっかりとしており、パフォーマンスベースの報酬体系要素が比較的弱いと言われています。Clifford Chanceが米国NYのファームと合併したときも、パフォーマンスベースで高い報酬を得ていたパートナーが流出する事態が発生していました。

今回Ashurstは同一のファームとしての一体感、同僚意識を確実にする為か、あえて財務面での統合で問題があったとしても完全合併の選択肢をとった模様です。報酬に関連して、グローバルなネットワークを作ると地域によりパフォーマンスが為替の変動により分かりにくかったりする問題が発生しますが、避けては通れないものとして対応を事前に考えておくしかないようです。

(12:55)

2013年07月16日

外資系上場企業法務部員複数 A-052

金融サービス及び農業関連の事業分野において商品並びにサービス提供を行っているアジアの企業であり、東京証券取引所に上場している外資系企業です。その東京オフィスにおいて法務部員を複数募集しております。業務内容は‐緇豐覿箸箸靴洞睛残5擇單豕証券取引所への継続開示書類の作成及び提出、M&A業務、新株発行等による資金調達業務、およびご覿汎睇瑤琉貳魅魁璽櫂譟璽閥般海覆匹砲覆蠅泙后パラリーガルレベルから弁護士レベルまで複数の補充を予定しておりますので、ご興味のございます方はご連絡いただければ幸甚です。 

メールアドレス:info@londate.co.jp


(17:33)

2013年05月16日

フランスでさえも労働法関連規制の合理的な変更を模索する方向で動いているようです。ある時代の経済情勢を前提として「固定」するような規制は必ず破綻するので、成熟経済を迎えた先進国ではセーフティーネットのデザインを、社会が変化してもなるべく個人を支えるスタイルに変える必要が不可避です。

http://the-japan-news.com/news/article/0000229358

この点、民主党政権は真逆の規制を施してきましたが、本当に問題の多い結果的に無駄な政権交代だったと現時点では言えるようです。セーフティーネットのデザインの根本的な改革がどうしても避けて通れない状況と言えます。


(14:32)

2012年12月07日

テンプル大学において下記の講座が開設されます。質の高い授業ですので、是非ご参加ください!

Legal writing

http://www.tuj.ac.jp/cont-ed/courses/professional/LLW101.html

Legal Translation Skills

http://www.tuj.ac.jp/cont-ed/courses/professional/LTS101.html

Paralegal Studies

http://www.tuj.ac.jp/cont-ed/courses/professional/IPS101.html

In particular, I think that the Legal Translation Skills class will be very good. Most legal translation classes focus on learning formulaic expressions for translating for contracts, however, my class covers a wide variety of documents including filing documents, contracts, statutes, judicial decisions and journal articles and covers not only the nuts and bolts of translation in the context of law offices, but also linguistic theory and legal concepts.

(17:18)

2012年10月30日

アメリカ大統領選挙では、ロムニーはアウトソースにより国内雇用を減少させたとオバマが批判する場面を何回か見かけました。そんな中、下記のような本が2011年に書かれて売られていることに気づきました。インターネットで世界がクモの巣状につながっている以上、人工的で技巧的な規制をどんなに施しても無理である以上、どうやって効果的に付き合うかを考える方が生産的でしょう。

Outsourcing: Law and Business
Jason D. Krieser, Shawn C. Helms

Written for both lawyers and business people, Outsourcing: Law and Business is the first complete guide to all aspects of these complex, strategic arrangements. It offers in-depth practical guidance to both legal and business issues — fee structures, service levels and governance models — to help outsourcing customers and service providers structure and implement transactions effectively.
Topics covered include: types of outsourcing transactions; choosing an outsourcing team; choosing an outsourcing provider; defining services provided, responsibilities, and procedures; knowledge sharing and intellectual property rights; service level standards and metrics; fee and pricing models; human resources issues, including U.S. and international law and regulation; business continuity issues; grounds for termination; confidentiality; customers' privacy and data; compliance with state, federal and international security regulations; risk management and liability; documenting and implementing a governance structure; dispute resolution; and new approaches to outsourcing transactions.
For lawyers and business people who want authoritative, forward-looking guidance to outsourcing law and strategy, this new book is the ultimate resource.
LawCatalogより抜粋



(11:33)

2012年10月25日

一票の格差の訴訟は選挙ごとに提起されており、これからも日比谷パークの先生やその他の弁護士方のライフワークのようなかたちで続くのだと思われます。ただ、最近ようやく旧来のメディアでも取り上げられるようになった世代間格差是正のアイディアとして提案されることのある、世代別国会議員選出制度創設の為に選挙制度を変えることは、一票の格差と正面から衝突します。そこで、そのような制度を許容するための理論的説明のアイディアが必要になってきます。アファーマティブアクションみたいな説明などで裁判官を納得させることができるような理論構成が必要となります。無理と決めつけないでアイディアや知恵次第ですね。どうしたらできるのかな、という視点はどんなときでも大切と感じます。

(15:59)