2012年04月27日

東京高等裁判所:平成22年(行コ)第168号 

担当:民事第24部 裁判長三輪和雄、裁判官小池喜彦、比佐和枝

控訴の提起:平成22年4月13日

第四回期日:平成23年4月28日(結審)

判決言渡し:平成24年4月26日



今回は立法の委任の範囲を逸脱した行政による規制。労働行政にも多くの同じような立法の委任の範囲を逸脱した規制があり、いろいろReviewの必要が高い問題です。行政の事実上の裁量が大きい環境はビジネス環境としては最悪で対内投資を呼び込めない理由です。

(16:14)

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔