2013年05月16日

フランスでさえも労働法関連規制の合理的な変更を模索する方向で動いているようです。ある時代の経済情勢を前提として「固定」するような規制は必ず破綻するので、成熟経済を迎えた先進国ではセーフティーネットのデザインを、社会が変化してもなるべく個人を支えるスタイルに変える必要が不可避です。

http://the-japan-news.com/news/article/0000229358

この点、民主党政権は真逆の規制を施してきましたが、本当に問題の多い結果的に無駄な政権交代だったと現時点では言えるようです。セーフティーネットのデザインの根本的な改革がどうしても避けて通れない状況と言えます。


(14:32)

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔