シャネル tシャツ キッズエルメス tシャツ

東京都庁

 緊急事態宣言の延長決定に伴い、東京都が独自に決めた12日以降の休業要請などの措置で、業種や施設によって明暗が分かれている。無観客の要請が解かれる劇場やコンサートの関係者らは安堵(あんど)する一方、休業要請が続く映画館や美術館からは「線引き」への不満が漏れる。

【画像】美術館やスポーツクラブも…宣言延長後の都の主な対応

 無観客を要請され、多くが休業を余儀なくされてきた劇場や演芸場、イベント開催などは、人数上限5千人かつ収容率50%、午後9時までといった要請に変わる。

 再開する東京芸術劇場の高萩宏副館長は「ずっと休館が続く状況は免れた。感染防止を徹底しなジバンシィ tシャツ ながら、粛々とやっていくしかない」と気を引き締める。

 公演中止や収容率の制限が続き、舞台芸術の関係者も大きな打撃を受けてきた。「劇場での対策に加え、観客に直行直帰を呼びかけるなど、できる限りのことはしてきた。そうした取り組みも理解してもらえたのだと思う」

 ライブの主催者からなるコンサートプロモーターズ協会の今泉裕人事務局長は「依然として非常に苦しい状態は続いている」としつつ「安堵した。最悪の状況はまぬがれた」。平時よりも検温などで入場に時間をかけており「前回の緊急事態宣言のように午後8時までとなると厳しかった。1時間延びたのはとても大きい」と話した。

 一方、映画館や美術館は休業モンクレール tシャツ 長袖 請が維持される。

 映画館などで作る全国興行生活衛生同業組合連合会の佐々木伸一会長は、新型コロナ対応の特別措置法の中で同じ「劇場等」に区分されている施設の中で「なぜ映画館とプラネタリウムだけが休業しなければならないのか。他業種と比しても、バランスが取れておらず、全く理屈が通っていない」と憤る。

 「美術館は感染リスクも低いので開けたかった」と都内の美術館長は漏らす。「人の流れを抑えるためなら、劇場が営業できるのはちぐはぐな感じがする。1回ごとの公演と、長期間の展覧会では業界の事情が違うということかもしれないが……」と戸惑う。(定塚遼、編集委員?藤谷浩二、石飛徳樹、大西若人)

朝日新聞社

セリーヌ tシャツ サイズ感

 【ロンドン共同】英国のロンドンと北部スコットランドを結ぶロンドン北東鉄道(LNER)などで運行する日立製作所の複数の車両に亀裂が見つかったことが、9日までに分かった。該当車両の運行は休止した。英セリーヌ tシャツ サイズ 英政府は日立に対し、亀裂の状態を確認し、車両が安全に運行できるかどうかなどの調査と報告を求めた。

 車両は日立製の「クラス800」シリーズ。英BBC放送によると、車体と台車をつなぐバレンシアガ tシャツ 偽 分の金属に亀裂が見つかったという。運行再開までにはしばらく時間がかかる見通しだ。

 日立はツイッターに「乗客の皆さんや鉄道会社にはご不便をお掛けし、申し訳ない」と投稿した。

バーバリー tシャツ 黒

 秩父市と秩父郡4町が共通で実施する「秩父方式」による新型コロナウイルスのワクチン接種で、高齢者の受け付け初日となった4月26日の予約のうち、居住する市町以外での接種を予約した人が21%に上ったことが同市への取材で判明した。特に医療機関の少ない町では町外を選ぶ住民が多い傾向が浮かんでおり、首長の一人は「接種先を選択できるメリットは大きい」と話している。【山田研】

 1市4町の住民は、各市町1カ所ずつの集団接種会場と、個別接種の5市町計43医療機関の中から接種場所を選択し、コールセンターへの電話か無料通信アプリ「LINE(ライン)」を通じて予約する。

 市保健センターによると、初日にグッチ tシャツ コピー に予約できたのは計2041人。このうち、住所地以外での接種は計432人(21%)だった。初日は申し込みが殺到し、電話が通じた時には希望する接種場所の「枠」がいっぱいで、「どこでもよいから」と他の場所を選ぶ人もいたという。

 1315人が予約した秩父市民で市外で接種するのは267人(20%)。120人が小鹿野町、69人が皆野町を選ぶなど、全4町で予約があった。同市の面積は県全体の15%にあたるほど広いうえ、2005年に合併した旧吉田町地区をはじめ市中心部よりも他町の方が近い地区もあることが影響したとみられるという。

 横瀬町は、秩父市内での65人をはじめ、5市町で最多の37%(73人)が町バーバリー tシャツ メンズ 種を予約した。町内にある医療機関は診療所3カ所で、うちワクチンを接種できるのは2カ所。他の自治体での接種を選べる「秩父方式」でなければ、約8500人の町民は集団接種会場を含めて3カ所しか選択肢がなかったことになる。

 横瀬町の富田能成町長は、町外での予約が多かったことについて、取材に「かかりつけ医や職場が秩父市内にある町民も多く、選択できるメリットは大きい」と述べた。また、受け付けや実際の接種を広域で行うことについては「合理的なマンパワーの使い方。小さい町単独でやるのは厳しい。人口1万人以下の規模の自治体なら全国どこでも同じだろう。自治体単位で区切る意味は、あまりないのでないか」と指摘した。

↑このページのトップヘ