なろう!かっこいい男

すぐにかっこよくなれる。かっこいい男達の紹介やかっこよくなるためのコラムを掲載します。



意外な頭髪ケア

あなたは今いくつだろうか。
10代~20代は髪形に気を使っていたはずだ。
朝は念入りに櫛で髪をとき、風呂上りにはドライヤーと櫛で髪を乾かし、髪をといていたはずだ。

この習慣を続けているか否かで、頭髪の育毛に影響を与えているような気がする。
つまり、髪をとくことで頭皮に刺激を与え、髪を乾かすことで頭皮を清潔に保つ。

以前の習慣が途絶えているのなら、今日から始めよう。
頭皮が刺激され、よいケアになる。 

香り|アフターシェイブローション

アフターシェイブローションは、髭剃り後のスキンケアだが、以外に香りは残るものだ。 だから、香りにも気を付けたい。 朝、髭剃りをする方で、香りのあるアフターシェイブローションを使っている場合は、香水との併用は避けたい。 香水を使っている方は、無香料のローションを使うようにしたい。 香りが相互干渉し、思わぬにおいになってしまうことがある。 女性はにおいに敏感なので、ローションだけで十分に魅力的なものだそうだ。

かっこいい男 二重

実のところ、私は高校1年生まで一重瞼であり、男は一重がかっこいいと思っていました。
しかし、高校2年生の後半から片目が二重になり、22歳ころには両目とも二重になってしまいました。
それまでは、二重の連中は軟弱な印象もあり馬鹿にしていましたが、いざ二重の自分は女性受けがいいことが分かりました。今では、二重になって良かったと思ってます。

君も、二重になろう。
きっと、違う人生の気転になると思います。

短髪にするときに気を付けたいこと

さて、いよいよ日本も夏本番を迎える。
夏に向けて、短い髪形を検討している方も多いだろう。

短髪にするときに気を付けたいことがある。その内容は、理髪店でのリクエストである。
ただ、短くしてくださいではなく、何点かリクエストすることで、自然な短髪にしたい。

一点目は、「短めにお願いします」と言うと、必ず「刈上げにしますか」と聞かれる。
刈上げ=バリカンである。ここははさみでカットをお願いしよう。

二点目は、散髪後の襟足と耳回りのカミソリ剃りである。
襟足と耳回りを剃られると、とても幼稚な印象になってしまう。
自然な感じを残すためにも、カミソリ剃りはしないでもらうようにしよう。

欧米では、襟足、耳回りのカミソリ剃りなどしない。
だから、自然な感じがする。

自然な短髪で、夏を迎えよう。
 

髪を健康に保つための洗髪

前回冬場の入浴について投稿しましたが、私が実践をはじめた、洗髪についての効果を書きます。

洗髪は、毎日しますが、2日のうち1日は、お湯だけで洗髪します。
髪の汚れを落とす程度で、頭皮のマッサージをします。

2日のうち、1日は少量のシャンプーで洗髪し、髪自体は汚れを落とす程度で、頭皮をマッサージします。
トリートメントも少量です。

■効果
 ・風呂上りに実感しますが、ドライヤーで乾かしたあとも、しっとりした髪です。
 ・以前までは、朝の整髪には、整髪料を使用していましたが、整髪料はいらなくなります。
 ・脂質が、髪に浸透して、しっとりとし、整髪料なしで整髪できます。
 ・においなどは、まったくありません。

ぜひ、お試しを。

参考ですが、諸外国では、シャンプーを毎日する国はなく、日本だけのようです。
 

冬場に肌を健康に保つための入浴の注意点

夏場は、汗をかくので毎日の入浴は、体臭を抑えるためにも必要なことです。

しかし、乾燥している冬場は、お湯につかるだけでも皮脂が溶け、肌が乾燥状態になり、肌の健康上あまりよくないそうです。毎日、石鹸をつけてごしごし洗うと、健康な肌を保つ上で必要な細菌も洗い流してしまうため、乾燥肌になってしますそう。

肌を健康に保つ上でも、石鹸で洗うのは2日に1回で十分だそうです。
脂ぎった肌は、敬遠されがちですが、適度につやのある肌は魅力的ですからね。
冬場は、肌の皮脂を保つように心がけましょう。

脚をかっこよくしよう|O脚矯正

日本人はO脚が多い。

欧米のように、家でも靴を履く生活様式でなく、畳や床の上に直接座る生活スタイルからくるものだろう。

常時、椅子に座らないので、あぐらをかいたりすることが多い。
このため、骨盤や脚の骨に影響し、まっすぐな脚にならない。

O脚の原因は、骨盤と脚の骨のねじれにあるが、ねじれを解消するためには、太ももの内側の筋肉を鍛えるとともに歩行の際に太ももも内側の筋肉を使うことで矯正できる。

歩行の際には、内側の筋肉に負荷がかかるようにし、脚裏の内側で歩くようにする。

また、スクワットも矯正によい。
肩幅より、若干脚を広げ、太ももの内側の筋肉に負荷がかかるようにして、10回くらいを3セット、休み時間や歯をみがくときに行う。

3日くらいでくせがつき、1週間もすると、太ももの内側で歩くようになり、O脚が改善されてくる。

ジーンズの似合う、かっこいい脚を目指そう。 

クルーカットとまゆげ

街を歩いていて、かっこいいクルーカットや短髪の人を最近よく見る。

ツーブロック風の短髪は最近流行っているようで、すがすがしい髪形である。

ただ、残念なのが、まゆげである。

ぼうぼうだったり、整え方がちょっとな~という人は、鏡を見ているだろうか。

短髪の場合、まゆげも凛々しく整えないと、いわゆるあっち系の男から好かれることになる。

日本人の場合、まゆげは黒色であるがゆえ、整えることが大事なのだ。

欧米人はまゆげを整える人は少ないが、まゆげが金髪や栗色の場合、薄く見えるため、整える必要がないのである。逆に整えると、おかまと見られるらしい。

さりげなく自然に整えることが肝要であるが、電気かみそりがナチュラルに仕上がるので、お勧めしたい。

普通のカミソリを使って、異常に細くなったり、短くなったりしないように気を付けたい。

女性は腕元から顔の順番に見る

女性の視線は、まず、腕元から首筋、そして顔の順に視線がうつっていくそうです。

腕元で注目するのが腕時計。
盤面が黒か青で、アナログで上品なものだと高得点。
高価なブランド品でなくても、センスいい腕時計が好印象のようです。

確かに腕時計には、その人の性格がよく現れているようです。

最近は、老若問わずツーブロックにしている方が多くなりましたね。
ロン毛はもうすたりました。

これから、秋口に入りますが、短髪は女性に人気があります。
夏にクルーカットしていたら、丁度いい伸び具合になっているでしょう。

ツーブロックで雰囲気を変えてみましょう。

夏はブーニーハットで登山

梅雨も明けて、いよいよ本格的な夏になりますね。

まぶしい太陽。カラッとした空気。心も解放的になります。

海もいいですが、私は夏山の山登りが好きで、山ファッションも楽しみのひとつです。

ブーニーハットは、山登りのアイテムとしては野性味あるファッション。
軍隊でも採用されているかっこいい帽子です。

汗をかいても、丸洗いができ、キャップのように型崩れを気にする必要もありません。

洗うことができるので、海でもブーニーハットを被ったまま泳ぐこともできます。

ブーニーハットには、短髪が似合います。

クルーカットとブーニーハット、しぶい登山靴で山ガールと出会いましょう。

livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ