おくのフォト道

俳句+写真

   【海の日と知らず白馬の夕明り】
P9030070-001
俳句ポスト「人」選
「海の日」無意味な日ですね~

   【日曜の三四郎池蝉しぐれ】
DSC00321-001
東大構内
<猛暑日の三四郎池しづかなり>でありました。
暑いのなんのって…汗だくの吟行でした。

  【ルドン展出でて余生や薔薇の園】
P5120012-001
いつき組 俳句新聞 「薔薇の座」夏井いつき選 <秀逸>
このブロンズ像の背後の三菱一号館美術館で「ルドン展」が開催されていた。
そのままを詠みました。

  【向日葵や女優のように振り向いて】
P5120035-001
俳句生活 よ句もわる句も、、
夏井いつき選 「人」
向日葵の写真がない~~

   【縄文の丘よりはるか雲の峰】
DSC00306-001
東京国立博物館・「縄文展」にて
10000年以上も前の土器の美しいこと。。

   【浅草の空似の人や夏帽子】
DSC00249-001
DSC00232-001
ほおずき市浅草はいつも猛暑の炎天下。
この日も暑かったです。
夏帽子は欠かせません。


  【片陰の尽きるところや石畳】
DSC00190-001
七月というのに猛暑です。
片陰は貴重です。

  【毎年のことです四万六千日】
DSC00237-002a
DSC00240-001
DSC00298-001
今年もお参りしてきました。
ほおずき市・四万六千日
いゃー、あぢがっだ。。汗だくになりました。

  【碁敵の網戸の向う通りすぐ】
DSC00182-001
琴棋書画図屏風 狩野栄信筆 東京国立博物館
囲碁をしている様子が左側の屏風にちらりと見えます。

 【耐えきれぬ日差しとニュース缶麦酒】
P7060090-001
なかなかいいニュースがありませぬ。

  【朝顔市売り子の声の清々し】
DSC00149-002
DSC00128-001
入谷・鬼子母神の朝顔市
小さな境内には朝顔と人がいっぱいで押すな押すな、、
朝顔は秋の季語だが、朝顔市は夏の季語。

  【帰らぬと決めたふるさと水中花】
DSC00061-001
上野駅コンコース
やはりパンダの土産物が目立ちます。

  【気をつけの姿勢崩さず雲の峰】
DSC00106-001
東京駅前
きょうは少しほっとできましたね。


  【議事堂へ火を吐くゴジラ炎天下】
DSC00081-001
日比谷の元・映画街
ゴジラよ議事堂を踏みつぶせ!