LLPによる節税 税金について考える パススルー課税 TOPにもどる

LLPはパススルー課税で、結果的には納める税金は一緒?

LLPによる節税

一度でもLLPを耳にした方は パススルー課税で、結果的にはLLPで事業しても
納める税金は一緒ではないかと思っていらっしゃるでしょう。

実は それは 間違いです

何故なら 税金は税引き前当期利益に課税されるのです。 実際の手持ち
資金に対して課税されるわけではないのです。

つまり この当期利益が今以上に少なくなれば 納める必要の税金も少なく
なるという事になるのです。

最近 特に会社の体力を判断する資料に”キャッシュフロー”という表が活用
されます これは 損益計算書という会社の営業成績表をベースに実際に
資金が出るもの と 出ないものを加えたし差し引いたりして残るお金を表に
したものです。

皆さんが 希望するのは ほめてもらえる成績表の点数ですか それとも実際に
手元に残る現金ですか?

あなたの事業が既に個人事業者として 税金のメリットが無く 株式会社にした
方がメリットある状況にきているのならば 迷うことなく会社組織にしたほうが今
よりも税金は少なくてすむはずです。


さらに 重要なことをお教えします。

先ほど”キャッシュフロー”のお話をしましたが ここで想像してください 
税引き前利益が月300万(単純化したお話なのであくまで仮にです)
あったとします。

この場合月当たりの法人税は4割として120万の税金です。

かりに いずれかの資産をを移したとしましょう そうですね 月の減価償却は
50万としましょう。
新たに50万円の経費が発生します この時点で 300−50万=250万の
4割で100万円が税金の金額といなります 単純に20万円の法人税が
少なくなります
※(減価償却費とは 有形固定資産 つまり建物や建物に附帯する設備や
  機械・車両を決められた年数で償却つまり 決められた金額を決められた
  期間費用として計上できるものです)

ここで質問します 税金が安くなった50万円分 費用も増えましたが
あなたの会社の金庫のお金は50万円少なくなりましたか?

答えは イイエです。

では もう一つ質問します。
安くなった20万円の税金分 あなたの会社の金庫のお金は増えましたか?

答えは ハイですよね。

あなたに 単純に株式会社をやめてLLPを設立した方がよいなどと お勧め
しているわけではありませんし 個人事業者からLLPへの変更をお勧めしている
わけでもありません。

税金がかからない起業方法と一般的な起業方法の双方を運営することで
先ほどのような 節税効果が生まれるという事実を知って頂きたいのです。

なぜならば LLP自体には 税金が一切かからないのですから 持っている
だけで 株式会社のような赤字でも発生する税金もないのですから メリット
こそあれ デメリットは見当たりません。

LLPは株式会社のような 複雑な拘束や決まりもありません。
言い換えるならば ”とりあえずやってみるか”というベンチァー起業家向けに
生まれた方法です。

税金方法も 経理処理も 単純に”加えて”"割って””掛けて”でイコールには
なりません。
それが 税理士では教えてくれない 実務の裏技なのです。








続きはこちらからどうぞ

llp_ at 10:13│Comments(0)TrackBack(0)clip!

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔