bt190313


こちらの記事です。

もはや時代は大貧困時代。誰もが下流貧困、アンダークラスに陥る危険性のある時代です。
時代自体が不透明ということであるのは、戦争のときもそうだったんでしょうけれども、
いまはこころを支える大きな物語すらなくなってしまって、生きるのに疲れた人ばかり。

そんなわけで、最悪を想定してしまうわけなんですが、

べつに道端の草を食べても悪くはないとは思うんですよね。

そもそも米・・・というか稲だって地面から生えてるものなわけですし、いわゆる雑草じゃなくて、ちゃんと食べられる野草なんていくらでも生えてます。

要はサバイバル能力が高ければ、それなりにホームレス生活もやれてしまう。

人間という種族の知恵の集積はそれだけすばらしいものがある。

野性味があって大変よろしい。

いや、もちろん望んでないのであれば、そういう生活に陥らないようにする仕組みが必要です。

生活保護はセーフティネットとして最たるものですが、ある程度の自由とバーターになっているところがあって、それが嫌だという人も一定以上はいます。

それでも身体が動かなくなって、やむなくという例はあるわけです。

わたしどもの協会も元ホームレスで生活保護+施設入居という方がいらっしゃいまして、その方はカラスを食べていたそうです。

おなかが痛くなったりしないのか。寄生虫とか大丈夫なのかといろいろ疑問はありますが、

こちらの記事を読む限りでは、とりあえず焼けば問題なさそう?

カラスは鳥だし、わりと食べられる模様。









この記事をおもしろかったという方は、
LINE@やtwitterのフォロー、facebookのいいねボタンの応援クリックお願いいたします。

 にほんブログ村 介護ブログへ

LINE@でお得な情報を配信。登録は下記ボタンをクリック。
↓↓↓↓↓↓↓

twitterで最新の情報を発信。登録は下記ボタンをクリック。
↓↓↓↓↓↓↓

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

【本ブログについてのお問い合わせ】

一般社団法人ロングライフサポート協会

TEL:050-3786-4790

E-mail:info@ll-support.jp

【一般社団法人ロングライフサポート協会について】

当協会は身元引受と法人コンサルの両面から高齢者の生活を支援する企業です。

身元引受は身寄りの無い方がご入居する際のサポート、葬儀サポート、金銭管理から、独居の方の電話による見守り業務まで幅広くおこなっております。

コンサルとしては、長年にわたる経験から、時代を先取りした”未来”をお届けするものです。介護報酬の改定やいろいろなリスクを勘案し、行政申請から内部監査、予算の見直しまで含めた総合的なものスポット的なものを取り揃えております。
高齢者支援サービスでお困りの際はロングライフサポート協会までお問い合わせください。

サポート協会URL:http://lls.sakura.ne.jp/
身寄りドットコム:http://miyori-support.com/