bt190509


こちらの記事です。

わたしが知る限りでは、直接的には87歳の例の逮捕されなかった人が直接の契機になっているようですけれども、上級国民という言葉は昔からあったように思いますし、そもそもアンダークラスという言葉やら、貧困層という言葉やらはもう少し前から存在していました。

特に、生活保護になりたくてもなれない人たちからすれば、生活保護を受けられる層ですら、ある種の特権階級であったわけです。

みんな、各々の差に敏感になっています。

理由のひとつとしてはSNSによる人生ネタバレする件とか、上級下層に関わらず、自分の立ち位置が昔に比べれば、より鮮明に浮かびあがってくる世界になったとか、そういう感じなのだと思います。

例えば、年収なんてものも平均的数値がでるようになっていて、それを見てわたしがこの位置であるとか、わたしの年収低すぎ!?とか考えてしまうわけです。

そのような世界においては他人との相対的な位置が気になってしまうというわけですね。



相対的な位置について

相対的な位置が気になるということは、相対的な幸福しか感じ取れないということですね。

例えばの話。

他人「より」お金を持ってるから幸福だという価値観です。

比べることでしか幸福を感じ取れないのでしたら、その人が満たされるということはないでしょうね。いわば、煩悩の世界に生きてるってことになりますから。

もちろん、みんながみんな悟りを開けるわけではないので、なんとか煩悩との折り合いをつけていくしかないんでしょうが、他者をうらやまず、他者を思いやれる人になることのなんと難しいことか。

そんなことを考える毎日です。

上級国民という印象やイメージについても、同様に、それにとらわれ過ぎるのもよくないでしょうね。正義だと思って、鉄槌を求めるとして、それが本当に正しいことなのか。

正義の鉄槌がなされないことこそが間違ってるなんて言い分もあるでしょうけれども、他人と自分を比べたり、不平等や不公平を訴えたりすることは、その考え自体が自分を不幸にしてしまう側面もあるような気がします。

この記事をおもしろかったという方は、
LINE@やtwitterのフォロー、facebookのいいねボタンの応援クリックお願いいたします。

 にほんブログ村 介護ブログへ

LINE@でお得な情報を配信。登録は下記ボタンをクリック。
↓↓↓↓↓↓↓

twitterで最新の情報を発信。登録は下記ボタンをクリック。
↓↓↓↓↓↓↓

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

【本ブログについてのお問い合わせ】

一般社団法人ロングライフサポート協会

TEL:050-3786-4790

E-mail:info@ll-support.jp

【一般社団法人ロングライフサポート協会について】

当協会は身元引受と法人コンサルの両面から高齢者の生活を支援する企業です。

身元引受は身寄りの無い方がご入居する際のサポート、葬儀サポート、金銭管理から、独居の方の電話による見守り業務まで幅広くおこなっております。

コンサルとしては、長年にわたる経験から、時代を先取りした”未来”をお届けするものです。介護報酬の改定やいろいろなリスクを勘案し、行政申請から内部監査、予算の見直しまで含めた総合的なものスポット的なものを取り揃えております。
高齢者支援サービスでお困りの際はロングライフサポート協会までお問い合わせください。

サポート協会URL:http://lls.sakura.ne.jp/
身寄りドットコム:http://miyori-support.com/