A4サイズぴったり_01


こちらの記事に家族信託のことが載っていました。

家族信託とは、本人が認知症になったときのために、本人の家族に財産管理を任せるという手法です。

通常、本人が認知症になった場合には、意思能力という法律行為をおこなうための能力が喪失する場合もあり、財産関係が凍結される恐れがあります。

例えば、契約関係を新たに結んだり、解除したりすることも困難になるわけです。そうなると困るのが本人の財産を本人の介護費用にあてようと考えていた家族・親族ということになります。

そのために、家族信託という方法を用いるわけです。

記事の中にも書いてありましたが、家族信託と対比される成年後見制度はハッキリ言ってカスです。

問題点の多くは費用が月に数万円かかることと、死ぬまで続けなければならないことに集約されます。
それと、案外射程が短いということ。
成年後見人は介護の仕組みに介入しているわけではないので、そこにはなんら連結された要素がないわけです。例えば、成年後見人は本人に成り代わって財産管理をおこなったり、監護義務があったりするわけですけれども、介護施設のように介護ができるわけでもないですし、そもそも介護の知識なんて皆無に等しいですからね。

それとの対比でいえば、家族信託のほうが圧倒的に有利なのは明らかです。費用はかかりませんし、家族のほうが本人の意思に接着しているでしょうし。


家族信託と身元引受はどちらが有利か?

では、当協会がおこなっている身元引受と家族信託はどちらが有利でしょうか。

これは、本人や家族がどこまで老後を見据えて、どこまで本人以外の家族親族が負担を負えると考えるかによるのだと思います。

下記に図を描いてみました。

だいたいの射程範囲としては下記のようになるのだと思います。

A4サイズぴったり_02


家族だから身元引受ができるだろうと思われるかもしれません。

しかし、ご存命中の身元引受が実は最も業務ボリューム的には多いといえます。

例えば、介護施設を見つける。介護施設へ入居。入居してからオムツを購入したり、必要な備品を用意したり。家族としてはそういった行為もおこなえるでしょうが、家族信託の範囲に含まれるわけではないですし、誰かに肩代わりしてもらうわけではないのです。

したがって、家族信託のメリットは、認知症後の財産凍結を気にすることなくご本人の財産を用いて、必要な行為を行えるというところにあります。

しかし、実を言えば、身元引受人も同様の行為は可能です。

認知症になる前に身元引受契約を締結しておれば、生前の業務から死後の業務に至るまで、家族親族の代わりにおこないます。

いわゆる終活に必要な行為についていえば、問題なく行えるわけです。

行えないのは、認知症になった後の、財産処理です。例えば、所有している土地を売りたい場合には、認知症になる前にご本人の意思で行っていただく必要があります。認知症になったあとは契約を新たに結んだりはできなくなるので、そこが家族信託との違いですね。

ただ、お亡くなりになった後は、相続のフェイズに移るので、残った財産などを相続人にお渡しすることで、最終的に売りたい土地とかがあれば、相続人の判断でそれを行うことは可能になります。

もし、家族が介護関係など日々の暮らしは、遠方で見れないという場合には、財産関係は処理してから、身元引受人に任せるというのも一手だと思います。





この記事をおもしろかったという方は、
LINE@やtwitterのフォロー、facebookのいいねボタンの応援クリックお願いいたします。

 にほんブログ村 介護ブログへ

LINE@でお得な情報を配信。登録は下記ボタンをクリック。
↓↓↓↓↓↓↓

twitterで最新の情報を発信。登録は下記ボタンをクリック。
↓↓↓↓↓↓↓

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

【本ブログについてのお問い合わせ】

一般社団法人ロングライフサポート協会

TEL:050-3786-4790

E-mail:info@ll-support.jp

【一般社団法人ロングライフサポート協会について】

当協会は身元引受と法人コンサルの両面から高齢者の生活を支援する企業です。

身元引受は身寄りの無い方がご入居する際のサポート、葬儀サポート、金銭管理から、独居の方の電話による見守り業務まで幅広くおこなっております。

コンサルとしては、長年にわたる経験から、時代を先取りした”未来”をお届けするものです。介護報酬の改定やいろいろなリスクを勘案し、行政申請から内部監査、予算の見直しまで含めた総合的なものスポット的なものを取り揃えております。
高齢者支援サービスでお困りの際はロングライフサポート協会までお問い合わせください。

サポート協会URL:http://lls.sakura.ne.jp/
身寄りドットコム:http://miyori-support.com/