介護徒然草

身寄りが無い人と身元引受人の関係、介護と申請について、よくある問題点とその対応について書いてます。

タグ:老犬ホーム

bt190618


今回は特に引用記事はありません。

当協会は、身元引受をしている関係上、その方がペットを飼っていたときにどうするかという問題がついてまわります。

どういうことかというと、高齢になってくるにつれてペットのお世話をすることがだんだんと難しくなってくるのです。

このような場合に、どうしたらいいのか。

とりうる手段としては、ペット入居可能な施設を探す。老犬ホームを探す。動物シェルターなどを探すというような手段が考えられます。ひとつずつ見ていきましょう。


ペット入居可能な施設

ペット可能なサービス付き高齢者向け住宅などの高齢者向け住宅はわりと散見されます。

問題となるのは、ペット可能であるということと、ペットをお世話までしてくれるということの間には、天と地ほどの差があるということです。

仮にペットが入居可能ということをうたっている施設であるとすれば、ペットのお世話は基本的には本人とご家族によってなされなければならないということを意味します。

エサやりやペットのフンなどの清掃もご自身でやるということが前提となるのです。

しかし、この方法では先に申し上げましたとおり、ペットの世話をする能力自体が落ちている場合に対処方法としては十分とはいえません。

もちろん、サービス付き高齢者向け住宅などの場合、お部屋の清掃というのは、その中に含まれている部分もあります。しかし、例えば、ペットのフンが貯まっているということであっても、日常的に綺麗になるわけではないということを覚悟しなければなりません。

お部屋の中は当然臭いますし、隣人トラブルの元にもなります。

ペット可能と書かれていたからといって、こちらの要求を満たすかどうかはよくよく考えておかなければならないということになります。

そして圧倒的に多いのは、ペットといっしょに住んでもいいよというところばかりで、ペットのお世話という意味では、してくれるわけではないところがほとんどです。

料金としてはピンキリですが、やはりペット不可のところに比べたらやや高額な傾向が見受けられます。金銭的に余裕がある方でないと、いっしょに住むというのはなかなか難しいと思います。

老犬ホーム

最近でてきた老犬などを入所させる施設です。犬・猫版の老人ホームみたいなものだと考えてもらえればだいたいあってます。
老犬とは銘打ってますが、飼い主側がお世話する能力が低くなってきた場合に受け入れてもらうことも可能な場合が多く、他の飼いとり手を探す場合に比べて、例えば月に1日だけペットに会いたいなどの要望も叶えやすいといえます。

問題となるのは、人間とペットの料金がダブルでかかるわけですから、やはり料金的にはかなり厳しめになることですね。
相場感としてはだいたい一年で50万以上100万以下といった感じで、人間よりも高いなんてこともあるかもしれません。
お金があるなら、こちらはしっかりとお世話してくれるわけですから、取りうる方法としてはありなのかなと思います。


動物シェルター等

動物シェルターは半行政的な位置づけになってる場合が多いですが、そこが直接ペット等を引き取ることはまずないといったほうがよいです。やはり保健所などを経由しないとこちらにはいかないようで、そうなると、保健所には殺処分の可能性がでてきます。

飼い主にお金がない場合は、こちらの道にいかざるをえないですが、そもそも高齢者がペットを飼うという場合、ペットも高齢になっている場合が多く、そうなると引き取り手が見つからずに殺処分の可能性が高いといえます。


このように、世の中、ペットも金があるかないかでその後の運命が異なってきます。
高齢になってきたら、ペットを飼うのは、様々なリスクがあるということでもあります。



このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

bt174


珍しいアプローチです。
こちらの記事に掲載されていたんですが、老犬ホーム協会なるものが始まるそうです。

飼い主が世話をできなくなった老犬などを預かる施設の初の業界団体「老犬ホーム協会」(仮称)が、2月に設立される。
人間も犬も長寿になり、高齢者が老犬を介護する「老老介護」が増え、施設の需要が高まっている。協会では飼育環境などのルールを定め、飼育の質を担保する役割を果たしたい考えだ。


この記事では、ペットの寿命が長くなった結果、老老犬介護になってしまい、結果としてどこかに預けるほかない状況になっていると解説しています。

実際に、犬や猫なども認知症にはかかるらしく、そうなると人間同様にシモの世話などをおこなわなけえばなりません。

しかも、老老状態になっているため、飼い主側の負担も大きくなっているわけですね。

必要なサービスだと思います。

そもそもペットには「癒し」効果があると言われており、負担があるからといって、おいそれと放逐することはできません。
家族同然の存在になっている場合も多く、そういったときに放逐ではなくて誰かに預けるということが必要になってくるのだと思います。

問題は、そういった老犬ホームを束ねる協会が必要なのかについてですが、人間であれば、たとえば身体拘束をしてはならないなど、指針がきちんとしているのに対して、犬に対しての扱いには一定のレベルというものがまだ定まっていない状況なのではないでしょうか。

だとすれば、そういった運営の指針を定める存在として、協会の存在はあったほうがよいと思います。

人間のほうの有料老人ホーム協会についてはどうか?

実をいうと、こちらについてはよくわかりません。

指針の普及という面で考えれば、行政指導で行った方が効率的であり、正当性もあると思います。

あえて言えば、二重チェック的な意味合いで、協会に属していたほうが良いかもしれないというところでしょうか。

現在、行政からのチェックが甘い老犬のほうが、そういった指針の有用性は図られるかもしれません。




この記事をおもしろかったという方は、
ブログランキングか、はてなブックマークで応援クリックお願いいたします。

 にほんブログ村 介護ブログへ

トップブログランキング 

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

【本ブログについてのお問い合わせ】

一般社団法人ロングライフサポート協会

TEL:050-3786-4790

E-mail:info@ll-support.jp


【一般社団法人ロングライフサポート協会について】

当協会は身元引受と法人コンサルの両面から高齢者の生活を支援する企業です。

身元引受は身寄りの無い方がご入居する際のサポート、葬儀サポート、金銭管理から、独居の方の電話による見守り業務まで幅広くおこなっております。

コンサルとしては、長年にわたる経験から、時代を先取りした”未来”をお届けするものです。介護報酬の改定やいろいろなリスクを勘案し、行政申請から内部監査、予算の見直しまで含めた総合的なものスポット的なものを取り揃えております。
高齢者支援サービスでお困りの際はロングライフサポート協会までお問い合わせください。

サポート協会URL:http://lls.sakura.ne.jp/

身寄りドットコムURL:http://miyori-support.com/

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ