マネーハンターまさべえの備忘ブログ

年金生活をしながら自然と触れ合って自由に生き、 主にLION FX デモトレードで勝因、敗因を考察し、実戦に備える。

2017年10月

日記10/28 「排除」、ECB量的緩和縮小

10月22日、衆院選、
希望の党は、小池代表の「排除」の一言が
意外に大きな反発を受け、
苦戦を強いられたようである。
日本人は「仲間外れ」には敏感に反応すると見え、
小池代表への反感が高まったということらしい。
安倍総理はしめしめという思いであろう。
自民党大勝で、10月27日現在、
日経225は2万2000円を突破。

中国では、共産党大会で
習近平国家主席の新体制が出来上がったが、
習主席独裁強化体制と、軍事拡張政策は、
特に近隣アジア諸国の不安感を高めよう。

10月26日、
ECB (European Central Bank)は、
量的緩和政策の大幅縮小を決定。
2018年1月から9月末まで、
国債などの資産の購入量を
現在の月600億ユーロ(約8兆円)から
月300億ユーロに半減するとのこと。
ただ、必要に応じ来年9月末以降の延長も
検討するという考えを表明したことで、
利上げ先延ばしの可能性があると受け取られ、
ユーロは約134円から約132円に急落。

米国のFRBは量的緩和政策を既に終了し、
利上げに着手している。
米国とヨーロッパの緩和縮小に対し、 
日銀は金融緩和持続の姿勢を保っている。
この姿勢は景気の下支えには良いが、
政府の借金の増大が懸念される。



第1次複利運用計画関連:

今週の利益は12万円を超えた。
今後、利益上昇率はさらにぐんぐん増す見込み。

今週損益:     122,500円
累積利益:  1,960,500円


 





日記10/21 Wi-Fiに欠陥、総務省警告


ベルギーの研究者により

インターネット無線接続規格

Wi-Fi Wireless Fidelity)」の

暗号技術「WPA2」に深刻な

欠陥が見つかったとのことで、

1018 日、総務省は

機器のソフトウェア更新などを

呼びかけた。

既にマイクロソフトはWindows

修正版を提供し、

他メーカー 修正策を公表して

いるようであるが、

対応が遅れると、

盗み見等の恐れがあるので

警戒しなければならない。


因みに、

北朝鮮は、厳しい経済制裁を受け

財政が逼迫するにつれ、

強力なハッカー部隊が世界中の

金融機関等にサイバー攻撃を

仕掛けているらしい。

ニューヨーク株式市場と言えども

いつ被害を受けるかわからない。


こうした状況のもとで、

北朝鮮は、苦し紛れに、

Wi-Fiの脆弱点などにつけ込んで  

何をしでかすかも知れないので、

用心に越したことはない。




第1次複利運用計画関連:


今週の利益は下記のように

12万円に迫った。


今週損益:     117,200円

累積利益:  1,838,000円




日記10/14 行動経済学

10月9日、 今年のノーベル経済学賞は、
シカゴ大学のセイラー(Richard H. Thaler)教授に
決まった。
セイラー教授は、心理学を経済学に組み入れた
行動経済学(behavioral economics)の権威で、
彼の理論は 、簡単に述べると、
人間は非合理的なことや短絡的なことをしでかすが、
「ナッジ(nudge: 肘で軽く突つく意、軽い催促・誘導)」を
人に与えれば、社会を良く変えられる、
というような考え方である。

行動経済学と言えば、
相場界ではプロスペクト理論(prospect theory) が
良く知られている。この理論は、要するに、
人の心理的特性として、
得をしたいという思いより、
損をしたくないという思いの方が強い
という理論である。

例えば、相場で含み益が発生すると
さっさと利確したくなり、
逆に、含み損が出ると損切りしたくなくなり
ぐずぐずしているうちに、いわゆるコツコツドカン、
 つまり利小損大の事態に陥ってしまう。

これを克服するには、
損失を利益獲得の必要経費と考えて
損切りすれば良い
とよく言われるが、
なかなか潔く実行し難いものである。


なお、セイラー教授によれば、
現在の米国の長期上昇相場は危険な時期にあり 、
また、トランプ大統領の減税法案も
そのまま実施可能かどうか疑わしい
 との御託宣である。

それにしても、日米共、株式相場は
意外なほどの堅調さを保っている。
10月13日、日経225も2万1000円の節目を超え、
21年ぶりの高値を付けたと騒がれている。
今後どうなるか?



第1次複利運用計画関連:

今週の利益は下記のように11万円突破。

今週損益:   112,800円
累積利益:  1,720,800円
(下表参照)







日記10/7 農業ロボティックス

 10月5日のモーサテによれば、
農業とロボット技術を合わせた
「農業ロボティックス」 がますます進歩している。
(robotics: ロボット技術、ロボット工学)

例えば、 ロボットを搭載した無人トラクターが、
土地を耕し、作物を傷つけることなく除草をする
というようなことが3年後には実用化するそうである。

また、特殊カメラを装着したドローンが、
空から作物の生育状況 を「見える化」し、
肥料や農薬の量を調節しながら 
散布できるようになるという。

今や農家の約66%が65歳以上だそうであるから、
そのうち、散歩中に、あちこちの田畑で 、
ロボットトラクターや農業用ドローンの
活躍する姿を見ることができるかもしれない。


第1次複利運用計画関連:

10月5日、兄からの100万円の追加資金により、
戦力が更に充実し、作戦が取りやすくなった。
今週は10万円超えを達成。

今週損益:   101,000円
累積利益:   1,608,000円
(下表参照)






FXDD 口座開設
XM 口座開設
ギャラリー
  • 日記1/19 米中第1段階貿易合意成立
  • 日記1/12 年始相場は中東リスクで乱高下
  • 日記1/5 大納会は窓埋めの動きで株安
  • 日記12/29 日経平均は小幅もみ合い
  • 日記12/22 週前半株高、後半株安
  • 日記12/15 米中第1段貿易合意と英下院選保守党大勝で株高
  • 日記12/8 トランプ発言で一時株安
  • 日記 12/1 週前半は株高、後半は株安
  • 日記11/24 米国の「香港人権法案」に対する中国の反発で株安