マネーハンターまさべえの備忘ブログ

年金生活をしながら自然と触れ合って自由に生き、 主にLION FX デモトレードで勝因、敗因を考察し、実戦に備える。

2019年12月

日記12/29 日経平均は小幅もみ合い

今週の回顧:
 
12月23日(月)、
中国が全ての国に対して
850品目の関税を引き下げるとの報道で、
日経平均株価は小高く始まったが、
その後利益確定の売りに押されて下落し、
25日(水)まで下落基調。
25日は欧米等の取引所がクリスマス休場で
アジア市場も低調な商い。
26日は海外勢の先物買いで、
日経平均は陽線で大引けとなったが、
27日はまた下げて陰線引け。
(週末大引値: 23,837円)
(シカゴ日経225先物終値:  23,770円)

ドル円は下落基調のもみ合い。
(週末終値:  109.41円)


来週展望:

12/30   証券取引所大納会
12/31   シカゴ購買部協会景気指数(23:45)
1/2       米ADP雇用統計(22:15)
            米新規失業保険申請件数(22:30)
            米ISM製造業景況指数(24:00)
1/3       米雇用統計( 22:30)

国内市場は、大晦日と正月三が日、
証券取引所休場。


第1次複利運用計画後半関連:

12月25日は海外勢がクリスマス休暇で参戦せず、
値動きが乏しく不安定だったので、
事実上取引は不可能であった。
したがって、今週の利益は下記の成績に
とどまった。

ところで、今回の計画期限を来年の3月に
延ばしていたが、
兄との話し合いで、期限を時期ではなく、
累積利益が1億円に達した時点にすることにした。
その方がストレスが減り、
無理なく取引できると考えたからである。


今週損益:    812,000円
累積利益:  68,816,000円

IMG_0412w









日記12/22 週前半株高、後半株安

今週の回顧:

12月17日(火)、
米中交渉の第1段階合意達成等による
買いが続いて、日経225は24000円台を回復。
18日、大幅株高後の反動安。
19日(木)、米下院で、トランプ大統領を
「ウクライナ疑惑」で弾劾訴追する決議が
なされたことで、日経平均は下落し、
20日(金)も、利益確定の売りが出たようで続落。
(週末大引値: 23816円)
シカゴ日経225先物終値:  23815円

ドル円は高値圏でのもみ合い。
(週末終値:  109.43円)


来週展望:

12/23  米新築住宅販売件数(24:00)
12/24  米耐久財受注(22:30)
           日中韓首脳会議
12/26  米新規失業保険申請件数(22:30)

24日の日中韓首脳会議で何が飛び出すか
注目したい。



第1次複利運用計画後半関連:

寒くなると頻尿気味になり、
夜中に2、3回トイレにいくので、
その分昼間眠気がさし、
取引の妨げになる。
そこで対策として、
腹筋運動をしたり、
就寝前に風呂で身体を温めたり、
時には甘酒を飲んだりしている。
多少効果があるようである。

今週損益:   1,022,000円
累積利益:  68,004,000円


IMG_0411










日記12/15 米中第1段貿易合意と英下院選保守党大勝で株高

今週の回顧:

12月12日(木)、トランプ大統領は、
米中貿易協議の部分合意(第1段階合意)の達成が
非常に近いと発言。
次いで、英国下院選で与党の保守党が大差で勝利。
これらの株高要因で
リスクオン(選好)ムードが高まり、
13日金曜日の日経225は大幅窓開け上昇。
さらに、同日9時半過ぎ、トランプ大統領が
第1段階の対中貿易合意を承認したというニュースで
上昇に拍車がかかった。
(週末大引値: 2万4023円)
ただし、
シカゴ日経225先物終値は23,905円。

ドル円も株高に連動し、
一時約109.7円まで上昇。
(週末終値: 109.51円)



来週展望:

12/17    豪中銀理事会議事録(9:30)
             米住宅着工件数(22:30)
12/19    日銀金融政策発表
             米新規失業保険申請件数(22:30)
             米フィラデルフィア連銀景況指数(22:30)
12/20    米メジャーSQ(特別清算指数)
             米GDP確報(22:30)
             米個人所得・支出(24:00)

13日(金)に開けた窓を埋めようとする動きが
出るかも。



第1次複利運用計画後半関連:

米国の香港人権法に対する
中国の報復措置の発表が
いつになるか、要注意。


今週損益:  1,018,000円
累積利益:  66,982,000円


IMG_0410








日記12/8 トランプ発言で一時株安

今週の回顧:
12月3日(火)夜、トランプ大統領は、
「米中の貿易合意を来年の大統領選挙後まで
延ばしても良い」と発言。これを受け、
4日(水)、日経225は大幅に下落。
しかし、5日朝、大統領補佐官が
米中の合意は近いと述べたことで、
5日、日経平均は大幅に値を戻し、
6日(金)も続伸(週末大引値: 23,354円)
シカゴ日経225先物終値: 23,540円)

ドル円は、再び109円以下に下落。
(週末終値:108.55円)


来週展望:

12/11  米国FOMC政策金利発表
12/12  米新規失業保険申請件数(22:30)
           英国総選挙(下院)
12/13  メジャーSQ(特別清算指数)
           米小売売上高(22:30)


第1次複利運用計画後半関連:

相変わらず、トランプ大統領の
気まぐれ発言等に振り回される
相場変動が続き、
慎重にならざるを得ないが、
来週中に、米中の部分合意の成否に
ひとまず決着がつきそうな感じ。
それによって、一時的に大幅な
乱高下が起こる可能性があるので、
要注意!

今週損益:   1,012,000円
累積利益:  65,964,000円

IMG_0409




日記 12/1 週前半は株高、後半は株安

今週の回顧:

11月25日(月)、米中貿易協議の進展期待で
日経225は一段高。
26日、中国が知的財産権侵害に関する規制を
強化すると表明したことで、
日経平均はさらに窓を開けて上昇し、
一時2万3600円を超えたが、売りに押され、
日足は、長い上ヒゲ付き陰線となった 。
27日、日経平均は小幅もみ合いで高値維持。
しかし、
28日(木)、朝方、トランプ大統領が
「香港人権・民主主義法案」に署名したと
伝えられると、日経平均は安寄りして
下落基調に転じ、29日も続落した。
(週末大引値:  23,293円)
(シカゴ日経225先物週末終値:  23,330円)

ドル円は、週前半の株高に追随し、
難関と見られていた109円を一気に突破して
109円台半ばに達したが、その後週末まで、
やや弱含みの高値もみ合いを維持。
(週末終値:  109.48円)

来週展望:

 アメリカが香港の人権問題に関する法律を
定めたことに対して、中国は「内政干渉」と
抗議し、報復措置を取ると息巻いているので、
事と次第によっては、まだ一波乱ありそうである。



第1次複利運用計画後半関連:

27日、兄より追加資金50万円(合計:  3880万円)
心強い。

中国の報復措置に要注意。

週末にかけて急に気温が低下し、
鼻水が出てちょっと体調が悪いので、
夜マスクをかけて寝るなどして
悪化しないよう注意している。

何よりも天気の良い日が続いて欲しい。
天気が良いと鼻の調子も良くなる。


今週損益:   1,007,000円
累積利益:  64,952,000円

IMG_0407









FXDD 口座開設
XM 口座開設
ギャラリー
  • 日記1/19 米中第1段階貿易合意成立
  • 日記1/12 年始相場は中東リスクで乱高下
  • 日記1/5 大納会は窓埋めの動きで株安
  • 日記12/29 日経平均は小幅もみ合い
  • 日記12/22 週前半株高、後半株安
  • 日記12/15 米中第1段貿易合意と英下院選保守党大勝で株高
  • 日記12/8 トランプ発言で一時株安
  • 日記 12/1 週前半は株高、後半は株安
  • 日記11/24 米国の「香港人権法案」に対する中国の反発で株安