今週の回顧:

9月30日(月)、日経225は下落したが、
同日夜、トランプ政権が中国への証券投資抑制を
検討中という報道が否定されたとのことで、
10月1日、日経平均は反発。

しかし、同日夜発表されたISM製造業景況指数が
悪かったので、
2日(水)、日経平均は再度下落。
さらに、同日夜発表された米ADP雇用統計が
市場予想を下回ったとのことで、
3日(木)、日経225は大幅続落。
4日(金)、週末日経225大引値は21,410円。

ただし、同日夜間取引では、
FRBの追加利下げ期待で、NYダウ等が反発し、
シカゴ日経225先物も反発(週末終値: 21530円)


ドル円は、追加利下げ期待で、
下落基調(週末終値:  106.88円)


来週展望:

10/8    米国生産者物価指数
10/10  米新規失業保険申請件数
           米消費者物価指数
10/11  オプションSQ(特別清算指数)

10日〜11日:
米中閣僚級貿易協議開催、
結果は如何に?



第1次複利運用計画後半関連:

米中貿易協議が間近に迫り、
事前の駆け引きが忙しいらしい。
何が起こるか、
気をつけて取引きしたい。



今週損益:   977,000円
累積利益: 57,555,000円


IMG_0395