今週の回顧:

11月25日(月)、米中貿易協議の進展期待で
日経225は一段高。
26日、中国が知的財産権侵害に関する規制を
強化すると表明したことで、
日経平均はさらに窓を開けて上昇し、
一時2万3600円を超えたが、売りに押され、
日足は、長い上ヒゲ付き陰線となった 。
27日、日経平均は小幅もみ合いで高値維持。
しかし、
28日(木)、朝方、トランプ大統領が
「香港人権・民主主義法案」に署名したと
伝えられると、日経平均は安寄りして
下落基調に転じ、29日も続落した。
(週末大引値:  23,293円)
(シカゴ日経225先物週末終値:  23,330円)

ドル円は、週前半の株高に追随し、
難関と見られていた109円を一気に突破して
109円台半ばに達したが、その後週末まで、
やや弱含みの高値もみ合いを維持。
(週末終値:  109.48円)

来週展望:

 アメリカが香港の人権問題に関する法律を
定めたことに対して、中国は「内政干渉」と
抗議し、報復措置を取ると息巻いているので、
事と次第によっては、まだ一波乱ありそうである。



第1次複利運用計画後半関連:

27日、兄より追加資金50万円(合計:  3880万円)
心強い。

中国の報復措置に要注意。

週末にかけて急に気温が低下し、
鼻水が出てちょっと体調が悪いので、
夜マスクをかけて寝るなどして
悪化しないよう注意している。

何よりも天気の良い日が続いて欲しい。
天気が良いと鼻の調子も良くなる。


今週損益:   1,007,000円
累積利益:  64,952,000円

IMG_0407