今週の回顧:

1月21日(火)、10時半頃、
中国での新型肺炎の感染が
人から人への感染であることが
発表され、感染拡大懸念で
日経225は大幅に急落し、
翌日は値を戻したが、
その後再び下落したのち、
小幅もみ合いに転じた。
(週末大引値: 23,827円)
しかし、
1月24日(金)の夜間取引で
日経225先物価格がさらに下落。
(シカゴ日経225先物週末終値: 23,610円)

ドル円も大幅に下落。
(週末終値: 109.30円)


来週展望:

1/28  米新築住宅販売件数(24:00)
         米耐久財受注(22:30)
1/30  米FRB政策金利発表
         米GDP速報値(22:30)
         米新規失業保険申請件数(22:30)
1/31  シカゴ購買部協会景気指数(23:45)
         ミシガン大学消費者信頼感指数(24:00)

1/24~1/30 中国春節
春節中、海外に出かける中国人によって
新型肺炎の感染が拡がる怖れがある。
中国では既に団体旅行は禁止されたそうで、
それは結構なことだが、
中国からの観光客が減ることは、
日本経済にとって痛手だろう。


第1次複利運用計画後半関連:

新型肺炎の感染拡大が
どの程度になるか、要注意!

今週損益:  1,028,000円
累積利益: 71,973,000円


IMG_0418