今週の回顧:

今週は、新型コロナウィルス感染症である
新型肺炎の感染が韓国、イタリア、ブラジル、
ノルウェー等に広がり、日経平均(225)株価は
2月25日(火)に大幅窓開け下落後、
週末まで続落。(週末大引値:  21,142円)
28日(金)夜、日経225先物はさらに下落し、
一時約20700円まで下値を切り下げた。
しかし、
29日(土)早朝、5時半頃、
米国のパウエルFRB議長が突如
金利引下げを発表した
と報じらたことにより、
日経225先物は急速に値を戻し、
長い下ヒゲ付き短陰線を形成。
(シカゴ日経225先物週末終値: 21,150円)


ドル円は、「コロナショック」に対する
FRB利下げ期待で再び下落、すなわち、
ドル安円高に転じて108円を割り込み、
一時約107.5円に達した。
(週末終値:  108.06円)


来週展望:

日経平均は、
週末日足が長い下ヒゲを付けたことにより、
3月2日(月)、
幾分上寄りして値を戻すことになりそうである。

3/2   米ISM製造業景気指数
3/4   米ADP雇用者数
        米ISM非製造業景気指数
3/5   米新規失業保険申請件数
        米耐久財受注
3/6   米貿易収支
        米雇用統計



第1次複利運用計画後半関連:

2月26日  兄より追加資金20万円(合計3980万円)

今週の暴落途中のどこかで戻ったら、
追加資金を活用し日経225オプションで
売りを仕掛けて儲けようと企てたが、
ほとんど戻りのない予想外の大棒下げで
売りチャンスを逃したのは残念。
しかし週末夜間の日経225先物取引での
下ヒゲを付けた切り返しで
戻る可能性が出て来たので、
戻り切ったところで売りを仕掛け、
2番底までの下げの利益を狙う
心構えである。

今週の立会い日は事実上4日となり、
利益は下記の値にとどまった。

今週損益:    841,000円
累積利益:  76,763,000円

IMG_0428