2013年11月23日

ランディーパイソン リアルタイプ発売です!(その2)


photo2013-2-20-1


 ランディー・ローズ氏のパイソンストラップのリアルタイプの記事の続きです。


 いよいよ本体の製作工程です。

 まずは、肝心なパイソン本革ですが、ここのところ、業界では流通量が少なくなっているそうで、なかなか良いものが手に入りにくいのが現状のようです。

 当方でも、毎回、なるべく実物に似たものを探すのですが、なにゆえ自然界の産物ですので、その柄は様々で、ストラップの幅とのマッチングが良い柄のものを見つけるのにも苦労します。

 ベビーパイソンでは柄が小さいので、中サイズ的な柄の大きさのものが良いのですが、そのようなパイソン本革の価格帯は、¥13000~¥30000程度の幅があり、これにより、場合によっては赤字仕事にもなってしまうゆえ、なかなかにきびしい商売の状況ではあります。(販売店によっても、かなりの価格の差があります。)

 製作するストラップの長さにもよるのですが、中サイズですと、基本的には、1枚でストラップ1本分しかとれませんし、他の部材の費用もそれなりにかかりますから、数日を要する製作期間で考えると、まあ、その程度の利益しか出ないということですね。(苦笑)


 さて、今回の第1号となった品については、以下の画像のようなパイソン本革を使って、まずは本体への接着開始です。

photo2013-2-20-2re2


 実物と同じく、左右非対称な柄の配置になるような位置を選んで、接着します。

photo2013-2-20-3


 この工程について、ストラップ本体の芯になるものは、一般には、けっこう薄い革材が多く使われているようです。

 ランディー氏の実物の画像を見ても、湾曲した形状の具合から、どうやら薄い芯材のように思えるのですが、当方としては、十分な耐久性を持たせたいので、通常の本体材料と同じく3mmの厚さの牛革を使用して、少々贅沢な(?)作りとすることにしました。


 このようにすれば、使用時にも、フニャフニャとした(!?)妙な見た目にもならず、良好な外観を保てます。


 また、この部分については、巷の同様な製品では、芯材にパイソン革をしっかりと接着していないものも見られます。

 以前に見た、某ショップ製作のパイソン本革のストラップも、そのような作りでしたが、これが伝統的なレザークラフトの手法なのかどうか?など、理由は今のところ不明です。(接着剤の経年変化によるシミなどを心配したのかもしれませんが、今のところ、その種の現象は確認されておりません。)

 そのような手法を使うと、スリットを抜いた部分などでは、パイソン革が浮き上がってしまい、見た目にはあまり良いとは言えないゆえ、当方では、やはりしっかりと全面の接着を施すことにしています。


 先端/後端部の曲線部分は、パイソン革に切り込みを施しつつ、曲線に合わせるように接着していきます。

photo2013-2-20-4re2


 そして、実物の画像で見られる状態に合わせて、本体の裏側への回り込み部は、幅が12mmほどになるようにカットしておきます。

photo2013-2-20-7re2


 裏面にて、この上から、型紙に合わせてカットした、グレー色のスエード革を貼り付けます。

photo2013-2-20-5re2

photo2013-2-20-6re2

 最後に、スリットを抜き、断面に保護仕上げ剤(コバコート)を塗って完成です。(実物は、この部分に、仕上げ剤までは施していないかもしれません。)
photo2013-2-20-8re2


 今回の第一号の品は、発注者のかたの御希望によって、実物と同じように、スリット全てに通した状態で、使用される長さになるように、各部の長さ設定を行ってあります。

photo2013-2-20-9re2


 ということで、ここまで長年の道のりを経て、ようやく、かなり実物に近いパイソンストラップが誕生いたしました。

photo2013-2-20-10re2


 ランディー・ローズファンのかたは、ぜひ御一考いただければと思います!


 販売ページはこちらです。
  ⇒ http://straphouse.ocnk.net/product/2


photo2013-2-20-11re2 







 
 ギターストラップハウス:
 http://straphouse.ocnk.net/

 ギターストラップ&レザーアイテム写真館:
 http://straphouse.ngs-central.com/strap2/strap2_top.htm


 N.G.S RockGuitar/Bass 教室
 http://guitar.ngs-central.com/guit1_pc_index.html

 21世紀エレクトリックギター2(ブログ):
 http://blog.livedoor.jp/lns_guitar1/


 JOY-RING THE WORLD:
 http://joy-ring.ngs-central.com/index.html

 JOY-RING THE SHOP:
 http://joy-ring.ocnk.net/

 Let's JOY-RING(ブログ):
 http://blog.livedoor.jp/lns_guitar1-joy_ring/ 



lns_guitar1 at 12:57│Comments(0)TrackBack(0)ギターストラップハウスの製品/サイト情報 | ギターストラップ

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
記事検索
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ