住宅ローンは借り換えしたほうが良いです。

今は金利が1パーセントを切る時代です。とても安い時期です。



過去に固定金利の高い金利で、借りている人は、借り換えをしたほうが良いです。支払いがかなり楽になります。



半分以下になる人も多くいます。無駄な支払いはしない方が良いです。



しかし、問題は、物件の担保価値です。いくら金利が安くても銀行は物件の担保を一番気にします。



不動産相場がかなり下がっていますので、担保価値が出ない人は、借り換えができない人も多くいます。



高いときに買っている人は、価格が3分の1になっている人もおおくいます。



不動産が下がりすぎるものも問題が有ります。まだまだ下がりそうな感じがします。



景気が良くならないとデフレは続いていくと思います。

住宅ローンを組む前に金利のことを知ろう 
これから住宅ローンを申し込む人は各ローンの金利を変動金利・固定金利、借入れ期間などを想定して返済額や家計への負担などのシミュレーションしてみましょう。 

金利を上手に比較しよう

実際わたしもそうなんですが、普通のサラリーマンですと住宅購入の際にはどうしてもローンを組まなければなりません。家族もできてそろそろ自分の家がほしいと思っても、住宅ローンについての知識を学ばないと後で後悔することになってしまいそうで、最近勉強しています。色々覚えているうち金利の種類には固定金利や変動金利、そして借り換えもあったりして、非常に複雑で難しく、この場の意味を記憶するのが大変でした。しかも住宅ローンはぜんこくにある各金融機関によってすこしずつ違ったりします。まあまず最初は住宅ローンの返済シミュレーションをしてみて、毎月の返済額という現実的なものから手をつけてみるとイメージしやすくて良いと思いまして。満足のゆく住宅ローンを組んで計画的に返済をしていきたいです。

長期の住宅ローン

結婚と同時に新築マンションを購入する際、住宅ローンを組みました。予算が600万円程、オーバーした物件の購入でしたし、所持金もあまりない状態でしたので、ゆとり返済5年+35年ローンという形で、ギリギリ融資を受けた感じです。今回のローンを組む際に住宅ローンを組む前に見るサイトで入門情報や基礎知識を自分なりに身につけてから銀行へ行きました。

金利が低い金融機関をいくつかピックアップして相談しに行ったら予想以上に金利が良かった事を覚えています。


住宅ローン返済を開始してから、現在14年経過しました。

今まで4回の繰上げ返済をしたことによって、10年間程返済期間を短縮させています。住宅ローンは開始後10年までに、繰上げ返済をする方がいいと聞いていたので、頑張って返済を強化しました。



人によっては、住宅ローンなんて、世帯主死亡状態となった時には、返済しなくていいようになるから、ずーっと死ぬまでローンがあってもいいって考えの人もいるようですが、やはり金利を考えると、私はあまり納得できません。
カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
  • ライブドアブログ