2006年03月29日

飛騨市に移住第1号

飛騨市が力を入れている田舎暮らし。その飛騨市への移住第1号は京都の大塚恵司、大塚悦子さん一家だった。

市が提供した2階建て家屋は、築13年、7LDKという広さにもかかわらず、家賃が月わずか5万円という。

子供をのびのび育てたいために、田舎暮らしを決心した大塚さん一家。

事前が美しい飛騨の地は、空気がおいしいし、時間がゆっくり流れるように過ぎていく。

世界遺産もある飛騨の地で歴史と文化の空気をいっぱい吸って、スローライフを満喫できる。

インターネット関連の仕事なら、何も都会にいなくたって、パソコン一つで田舎で生活することはできる。

大都心・東京にある六本木ヒルズでITビジネスもいいが、飛騨の地の岐阜飛騨ヒルズで別荘気分の田舎仕事もまたいい。

第2号と続くのか・・

自然を楽しく美しくロハス楽エンはスローライフを応援します。
合成洗剤を使わず水だけで汚れを落とすエンヨーは楽エン本舗でお求めいただけます。


local1 at 23:20│Comments(1)TrackBack(0)岐阜 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by アクセスカウンター   2008年09月22日 23:52
アクセスカウンターをお探しの方は是非ご利用ください。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔