地方競馬が熱い!!高知競馬場を中心に・南関・園田・笠松・名古屋・佐賀・水沢・盛岡etc..地方競馬が面白い!!ブログ!!

地方競馬が好きな初心者。始めてまだ5ヶ月。高知競馬を中心に、南関(浦和・船橋・大井・川崎)・園田・笠松・名古屋・佐賀・水沢・盛岡、などなど地方競馬のレースを気の向くままに見ています。初心者ならではの驚きや気付き、印象に残ったレース、馬、などについて述べていきます。よろしくお願いします。

タグ:ギンパリ

5
 書こう書こうと思って、もう次の高知競馬の開催日が来てしまった。

 急いで建依別賞(2017年8月27日)の回顧をする。

 とにかく、先ず、レースを。
2017年建依別賞 1400m ダート良 

 出だしはやはり、カッサイ、クレスタラン、マウンテンダイヤ、カイロスが先頭集団を形成し、これにセトノプロミスが加わる。 チャオとワイルドコットンは2頭とも最後方からの競馬になった。ところが、最初どうやらあまりハイペースでなかったらしい。
 クレスタランが早くも後退してきて、ヒロノカイザーは中団のまま、チャオとワイルドコットンが向こう正面から3コーナーに入るところで追い上げて来て、最後の直線ではカッサイが先頭、2番手集団からは一旦セトノプロミスが優位だったが、チャオとワイルドコットンが勢いよく差してきて、
 1着 カッサイ(永森騎手) 2着 チャオ(赤岡騎手) 3着 ワイルドコットン(倉兼騎手) 4着 セトノプロミス(西川騎手) 5着ギンパリ(上田騎手) だった。

 一着賞金200万円はカッサイに。重賞2勝目らしい。前前走園田FCスプリント(6月29日)で2着に入って以来 、前走トレノ賞(7月23日)では3着と、調子が出てきている。

 セトノプロミスは一旦2着かと思われたが、チャオと、ワイルドコットン(こちらはハナ差)に差されて4着となってしまった。セトノプロミス中心に馬券を組み立てていたので残念。だけど、カッサイ・チャオ・ワイルドコットンの三連複はぎりぎりに買っていたので助かった。

 このチャオとワイルドコットンの上がり3ハロンは38.9と38.6で非常に速い。セトノプロミスは近走で38秒台は出しておらず、差されるべくして差されてしまった。

 そして5着だったギンパリ。Aクラスのオープン馬にも十分対抗できる走りだった。1分30秒7、上がり3ハロンは39.7。何より後方になっても追い上げて来たところがなかなかよさそうだ。後は馬の性格かな。

 以下はトレノ賞のパドック写真
○カッサイ
BlogPaint

 いつも通り落ち着いていたカッサイ。ポーカーフェースといおうか、貫禄と言おうか。

○チャオ
BlogPaint

20170827チャオ2

 チャオはなかなかかわいらしい。黄緑色のメンコ、白い鼻当てがとても似合ってる♪

○ワイルドコットン
20170827ワイルドコットン

 ワイルドコットンはでかい写真を。この馬は、ずっと差し脚は見せつつ、重賞トレノ賞でも4着だったし、差し脚が決まれば3着以内に来るだろうと思っていたら、ついに重賞3着となった。今後も活躍する1頭ではないか。

○セトノプロミス
BlogPaint

BlogPaint

 このように、高知競馬では重賞の時のみ、馬名の入ったゼッケンがつけられるが、こちらから、向こうにいる馬を見るときに馬名を見ることができる。この時は黄色いメンコだったなぁ。調子は悪くなさそうだったが、上の2頭の差し脚がすごかったわ。

○ギンパリ
BlogPaint

 あまりパドックでのイメージが残っていない。上位に来るだろうとは思っていた。今年1月末までJRAで走っていて2歳未勝利戦で1勝のあとはうだつが上がらず、門別競馬へ。門別では4走2着3回3着1回。そして高知競馬に移籍して7月1日にデビュー、不良馬場で1分28秒2を記録し、いきなりAクラスオープン馬重賞クラスの馬が出す記録を出した。向かうところ敵なしで、今回の重賞にいきなり臨んだ。今後も注目の1頭だろう。


 さて、日付変わって、本日、フリビオンが出る準重賞がある。第5レースだ。間近に見られるので、楽しみにしている。


連絡先:local_horse_racing-1@yahoo.co.jp
高知競馬、他の競馬場、ご一緒して下さる方など、何でもお気軽にご連絡下さい(^^)
↓よろしければポチッと、クリックお願いします。励みになります。

   にほんブログ村 競馬ブログ 初心者競馬ファンへ 
 地方競馬ランキング   にほんブログ村  競馬コラムランキング  
2017建依別賞パドック掲示板

5
 8月も終わりに近づき、高知競馬では、トレノ賞に引き続き、夏の重賞がやってきた。といっても、これ自体が僕にとって初めての経験である。

 先日発表された出走表を見て、こりゃ大変だ、と思った。

 大混戦。

 10頭立てなのだが、どの10頭が1着になってもおかしくないレース。

 それでも、シュミレーションを考えてみる。

 先ず、良馬場の場合。この場合は、先行勢が疲れて差し馬が十分届く可能性がある。スタートから1ギンパリ、2マウンテンダイヤ、4カッサイ、10クレスタランが先行勢となり、先行争いは烈しく動くだろう。中団に構えるのは8セトノプロミス、7チャオ、3ワイルドコットン。比較的後ろから9ヒロノカイザー。そして先行勢が疲れてきたら、中団に構えていた馬が続々差しにくる。大混戦。

 重馬場・不良馬場の場合。この場合は、底力のある先行馬が有利だから、2マウンテンダイヤ、10クレスタラン、5サクラビクトワールそして1ギンパリあたりがどんどん飛ばしてそのまま上位でゴールということも考えられる。

 斤量でみると、2マウンテンダイヤ(年齢も9歳、まだまだ強いが)、5サクラビクトワール、10クレスタランが、57kgになると、やや順位を落としているので不安。
 
 逆に、1ギンパリは、4走以前の門別競馬で57kgを経験済み。9ヒロノカイザーは前回トレノ賞で1着、57kgは苦にならないことを証明した。7チャオは、前回A選抜ルビー特別で差し脚を見せて堂々1着になったが、この時の斤量は56kg。今回1kg増えてどうなるか。未知数だ。調子はいいだろう。加えて今回の鞍上は赤岡騎手。他の馬にとっては伏兵どころか強敵になる可能性もある。

 そして、8セトノプロミス。こちらも斤量57kgでは好成績を残している。しかも今回はトレノ賞と同じく他馬も全て57kg。今回も追い上げ、差し脚を見せて、最後突っ込んでくる可能性が高い。そしてなんと言ってもその安定した成績から、騎手に忠実な馬であることがうかがわれる。鞍上は、コンビを組むことが一番多い西川騎手。

 最後に、今まで言及しなかった6カイロス。ちょっと最近元気がないかな。園田FCスプリント4着(カッサイが2着)、トレノ賞8着。前走は1着だが・・・・。こちらも先行馬だから、重・不良馬場ならチャンスはある。

 んー本当に大混戦。

 


連絡先:local_horse_racing-1@yahoo.co.jp
高知競馬、他の競馬場、ご一緒して下さる方など、何でもお気軽にご連絡下さい(^^)
↓よろしければポチッと、クリックお願いします。励みになります。

   にほんブログ村 競馬ブログ 初心者競馬ファンへ 
 地方競馬ランキング   にほんブログ村  競馬コラムランキング  

↑このページのトップヘ