地方競馬が熱い!!高知競馬場を中心に・南関・園田・笠松・名古屋・佐賀・水沢・盛岡etc..地方競馬が面白い!!ブログ!!

地方競馬が好きな初心者。始めてまだ5ヶ月。高知競馬を中心に、南関(浦和・船橋・大井・川崎)・園田・笠松・名古屋・佐賀・水沢・盛岡、などなど地方競馬のレースを気の向くままに見ています。初心者ならではの驚きや気付き、印象に残ったレース、馬、などについて述べていきます。よろしくお願いします。

タグ:クレスタラン

 フリビオン強い!!第29回珊瑚冠賞を制したのはフリビオン。
BlogPaint
 4フリビオンは、パドックでは地味~な馬。貫禄があるかというとそうでもなく、飄々と歩いている。「僕はパドックで歩くことなんか興味ないんだぜ~」とでも言っているような。一言でいうと、色がない。ただ、やはり見る人が見れば、脚や腹のあたりがやっぱり素晴らしい馬なのかもしれない。性格的には色がないのだ。 
 今まで中西騎手、西川騎手、そして今回倉兼騎手、と騎手が変わってもしっかり中盤から追い上げて、最後差し脚を見せてくるから、とても素直な馬なのだろう。


 同じく大人しいが、なんとなく貫禄があるのが5カッサイ。6歳でフリビオンの2倍生きてきて、色々と重賞を経験しているから、当たり前かもしれないが。
P9182511
 なんと言っても、今年の夏の園田FCスプリント(2017年 6月29日)(820m)での活躍だろう。同じく高知競馬から参戦したカイロスが後退する中、コーナーを回っている間に先頭に立ち、そのまま内のマイアリエスと肩を並べての追い比べ。ところが、外からマルトクスパートが自力を披露して伸びてきて、惜しくもハナ差で2着となった。
 その前の高知競馬での数レースはふるわなかったが、この重賞に向けて調整してきたとも思えるほど、好走を見せた。
 それからずっと好調を維持し、建依別賞(たけよりわけしょう)でも1着。ここでも好走が期待されていた。ただ、1900m持つかどうか。
 
 では、レースを。今回はオリジナル映像です^^

 先ず先行したのは2カイロス。2番手は5カッサイ。外には7マイネルバルビゾン、内に6クレスタラン、その中に4フリビオン、その少し後方外に9ワイルドコットン。
 
 だが、カイロスやクレスタランは途中で疲れてしまって、最後の直線では、
内に5カッサイ、外に追い上げて来た4フリビオン!!

 フリビオンの末脚が違った、ぐんぐん伸びてきて、1着!1900mでも強いスタミナ!末脚。これだけ走って、上がり3ハロンが39.6秒(不良馬場)。2着の5カッサイと9ワイルドコットンは40.6秒(いずれも2位)。本当に強い3歳牡馬。倉兼騎手は、初コンビだったが、危なげなく、得意の追い上げ、差しで終わってみれば圧勝。

 3連単は1番人気という、非常に堅いレースだった。


 個人的には、中央競馬1000万下から移籍してきて、A2(といっても1着マウンテンダイヤ2着クレスタラン)とA選抜でいずれも3着に入っている、8コウユーアンドレが来るのではないかと思ったが、中央競馬の1800m戦などとはやはり違うんだろうなぁ。
BlogPaint
 それから、この写真では分からないが、コウユーアンドレは、パドック回っている間に糞をぽろぽろして、あれれぇ~~って感じだった。だが、ものの本によれば、糞は好材料でも悪材料でもないが、その糞の状態を見ることで、体調を見ることもできるようだ。ただ、今までパドックで見て来た経験では、糞をぼろぼろしていた馬は、好走(3着以内)しないケースがほとんどだった。
 ん~。コウユーアンドレ頑張れよ、って感じだったが、後方からの競馬になり、最終コーナーでも最後方ぐらいに。カイロスやクレスタラン、マイネルバルビゾンが疲れてきて、それらを追い抜いて5着という結果。10万円の賞金はゲットしたが、もうちょっとやれたんじゃないかなぁー。
 今気付いたけど、コウユーアンドレ、太り気味か・・。尻が左右に盛り上がっているからなぁと思って確認したら9kg+で478g、ちょっと太り気味だったようだ。7歳牡馬。


 それに対して今回もワイルドコットンが差し脚を見せた。
P9182505
 ワイルドコットンは水色のメンコ。西川騎手とのコンビも長く、今回も差し脚見せて3着。だけど、3着入りが多くなったので、みんな馬券を買うようになって、馬券妙味はなくなったという皮肉な結果(^^;差し脚鋭い馬は、見栄えがしてかっこよく見える。
   こちらも、2月まで中央で1000万下を走っていた馬。6歳牡馬。

 どうも、中央で1000万下クラスが、高知でのトップレベルAオープン馬と互角ぐらいなのだろうか。

 
 そして、今回4着だったが、2015年の珊瑚冠賞で2着だった1スタートレイル。
P9182507
 芦毛の6歳セン馬。長距離に向いているらしく、2年前も格上挑戦で2着と好走した。乗り替わりで今回は赤岡騎手を迎えてどうか、というところだった。
P9182518
 もともとちょっと落ち着かないところがあるのかな。この馬はあまりじっくり見たことがないので、判断材料がなかったけど。
 こちらは、中央3レース→名古屋→高知→園田→高知と渡り歩いた、ほぼ地方競馬たたき上げの馬。


 今回、ヒロノカイザーやチャオ、セトノプロミスは出てこなかったから、ちょっと寂しい重賞だったなぁ・・・。


連絡先:local_horse_racing-1@yahoo.co.jp
高知競馬、他の競馬場、ご一緒して下さる方など、何でもお気軽にご連絡下さい(^^)
↓よろしければポチッと、クリックお願いします。励みになります。

   にほんブログ村 競馬ブログ 初心者競馬ファンへ 
 地方競馬ランキング   にほんブログ村  競馬コラムランキング  

5
 8月も終わりに近づき、高知競馬では、トレノ賞に引き続き、夏の重賞がやってきた。といっても、これ自体が僕にとって初めての経験である。

 先日発表された出走表を見て、こりゃ大変だ、と思った。

 大混戦。

 10頭立てなのだが、どの10頭が1着になってもおかしくないレース。

 それでも、シュミレーションを考えてみる。

 先ず、良馬場の場合。この場合は、先行勢が疲れて差し馬が十分届く可能性がある。スタートから1ギンパリ、2マウンテンダイヤ、4カッサイ、10クレスタランが先行勢となり、先行争いは烈しく動くだろう。中団に構えるのは8セトノプロミス、7チャオ、3ワイルドコットン。比較的後ろから9ヒロノカイザー。そして先行勢が疲れてきたら、中団に構えていた馬が続々差しにくる。大混戦。

 重馬場・不良馬場の場合。この場合は、底力のある先行馬が有利だから、2マウンテンダイヤ、10クレスタラン、5サクラビクトワールそして1ギンパリあたりがどんどん飛ばしてそのまま上位でゴールということも考えられる。

 斤量でみると、2マウンテンダイヤ(年齢も9歳、まだまだ強いが)、5サクラビクトワール、10クレスタランが、57kgになると、やや順位を落としているので不安。
 
 逆に、1ギンパリは、4走以前の門別競馬で57kgを経験済み。9ヒロノカイザーは前回トレノ賞で1着、57kgは苦にならないことを証明した。7チャオは、前回A選抜ルビー特別で差し脚を見せて堂々1着になったが、この時の斤量は56kg。今回1kg増えてどうなるか。未知数だ。調子はいいだろう。加えて今回の鞍上は赤岡騎手。他の馬にとっては伏兵どころか強敵になる可能性もある。

 そして、8セトノプロミス。こちらも斤量57kgでは好成績を残している。しかも今回はトレノ賞と同じく他馬も全て57kg。今回も追い上げ、差し脚を見せて、最後突っ込んでくる可能性が高い。そしてなんと言ってもその安定した成績から、騎手に忠実な馬であることがうかがわれる。鞍上は、コンビを組むことが一番多い西川騎手。

 最後に、今まで言及しなかった6カイロス。ちょっと最近元気がないかな。園田FCスプリント4着(カッサイが2着)、トレノ賞8着。前走は1着だが・・・・。こちらも先行馬だから、重・不良馬場ならチャンスはある。

 んー本当に大混戦。

 


連絡先:local_horse_racing-1@yahoo.co.jp
高知競馬、他の競馬場、ご一緒して下さる方など、何でもお気軽にご連絡下さい(^^)
↓よろしければポチッと、クリックお願いします。励みになります。

   にほんブログ村 競馬ブログ 初心者競馬ファンへ 
 地方競馬ランキング   にほんブログ村  競馬コラムランキング  

5
 先ずこちらを。

2017年6月25日高知競馬第11レース A-1選抜馬 パール特別 雨 不良 1600m 

 今回のメインレースは、また前回セトノプロミスがイッツガナハプンを抑えて1着になったことにより、斤量が58kgに増えたけれども、相手の馬関係からすんなり勝てるかと思われたが・・・・。
 相手の筆頭格はクレスタラン。同じA1で4位、5位が多いが、頑張ってきた馬。先行するが、途中で疲れちゃって追いつかれて残念、というケースが多かった。

 レースは、1マルマロス、2クレスタランが先行し、内に6ワイルドコットン、外に4セトノプロミスが追いかける形、リワードレブロンは徐々に後退し、最後方にいた7ロジテーストが最終コーナーを回る頃には追いついてきて、2クレスタラン、6ワイルドコットンが抜けだし、3番手以降に7馬身もの差をつけ、そのままゴールイン。1着のタイムは、1分42秒2となった。高速馬場では先行馬が有利、との言葉通りのレースになった。

 3番手争いは、真ん中にセトノプロミス、内側にセイヴァイタル、外側にロジテースト。わずかにロジテーストが出て、ロジテースト3着、セトノプロミス4着、セイヴァイタル5着となった。

 また、斤量58kgとなったセトノプロミスは、前回58kgの時に4着になったように、最後伸びずに4着となってしまった。 高速馬場と、斤量58kgは、やはり堪えるらしい。どうも1着になると、斤量が増えるルールみたいで、次回は、また、57kgと、仕切り直しになるだろう。

 結局、一着づけ、二着づけ、三着づけでセトノプロミスを固定した三連単を買っていた私はドボンになった。クレスタランも、ワイルドコットンも、ロジテーストも相手に入れていたのに、残念。まだまだ力不足だった。三連単は1万8千円台となった。

 さて、今回1着になった、クレスタラン。

20170625 クレスタラン

☆クレスタラン(5歳セン馬 鹿毛)(上の写真)

 調べてみて分かったが、クレスタランは、ほぼ高知生え抜きと言っていいほどの馬なのだ。2回だけ中央競馬で走り、その後高知競馬の打越厩舎に所属し、3歳のレースで高知移籍3戦目で勝利、それからほぼすべて宮川騎手とのコンビで17回一着(生涯勝率43.5%)、連対率61.5%、三着内率74.3%と、こちらも安定した成績。
 
 今回セトノプロミスを抑えての1着は、宮川騎手ともども、嬉しい勝利。セトノプロミスに勝利したのは今回が初めてかな。

 ホント、高知競馬のA級の馬も戦国に継ぐ戦国、また新しい馬が中央競馬から都落ち?で来るかもしれないし、それを迎え撃つクレスタランや古豪マウンテンダイヤのような馬も健在だし。

 2着になったワイルドコットン、3着に入ったロジテーストについても、機会があれば書いてみたい。


連絡先:local_horse_racing-1@yahoo.co.jp
高知競馬、他の競馬場、ご一緒して下さる方など、何でもお気軽にご連絡下さい(^^)
 ↓よろしければポチッと、クリックお願いします。励みになります。
   にほんブログ村 競馬ブログ 初心者競馬ファンへ 
 地方競馬ランキング   にほんブログ村  競馬コラムランキング

5
 株式市場の動きに絶対はなく、株価予想、経済評論家の予想に絶対はない。絶対はないというより、よく外れている。結局、経済の動きは人間には分かりっこない。

 競馬にはまって2ヶ月強経つが、馬の世界も同じように絶対はない。パドック解説や新聞などで予想をされているが、予想はしばしば外れる。しかも外れたほうが払戻金が高いという難しい世界だ。

 今日の高知競馬の第10レースでも、オッズ1.4倍をつけた芦毛の馬コスモシュアーは5着に終わり、またもや僕は玉砕して(^^;)気を取り直して、第11レースのパドックへ。

 さてさて、お目当ての、

☆イッツガナハプン
OI000254

 カメラの調子がおかしくてうまく撮れずぶれている。申し訳ない。
 8歳牡馬。意外に年がいっている、知らなかった。
 中央競馬で長く走っていた馬で、中央競馬で2勝し、3着内率は28.5%。セトノプロミスと似たような経緯だ。昨年2016年6月、ちょうど1年前に高知競馬に来て、10戦し、9戦が1着、1戦が2着という強者。先日、笠松競馬の重賞オグリキャップ記念(4月27日)に出場して、東海地方の雄者、カツゲキキトキトに一時は迫るが3着に終わった馬(賞金55万円獲得)。じっくり見たのは今回が初めてだ。
 印象としては小柄な馬だな、と。小柄だから弱いとは限らないけど・・・。とにかくオグリキャップ記念を見ていたので、そのイッツナガハプンを生で見ることができて満足。

 一方でセトノプロミス
OI000253

 今日は比較的落ち着いていたな~。前回もそうだったけど、パドックでの直感を馬券購入に生かせればよかった・・。

 カイロス。
OI000252

 今回も変わらず、落ち着き払っている。

 では、今回もレースを。
6月4日高知競馬第11レース 準重賞トーセンジョーダン賞1600m

 イッツガナハプンとセトノプロミスは出遅れ(これはいつものことなのだろうか)。カイロスと、マウンテンダイヤが先行してレースをつくる。特にカイロスが最終コーナーに入ったところでペースを上げるが、外からイッツガナハプン、そのすぐ内側をセトノプロミスが上がってきて、最後の直線で粘るカイロスを差しきったのは、セトノプロミス。イッツガナハプンはかろうじてクビ差でカイロスを差して2着がやっと。3着安定のカイロス、4着リワードレブロン(だいぶ追い上げてきた。前回の走りとは見違えるようで、ここに照準を合わせていたか、少しでも長距離が向くか)、5着クレスタラン(んー1600mとは相性がいい馬で、期待したが、途中でバテてくるのはいつものことか・・・)だった。

 オッズ1.5のイッツガナハプンを1着に固定し、2着以下にセトノプロミス・カイロス・マウンテンダイヤ・クレスタランを流して3連単を買っていた僕はまたもや玉砕。セトノプロミスが勝つ可能性を考えて、保険であと数組3連単を買っておくべきだった。

 全く知らない超初心者から始めて、どっぷり浸かって、2ヶ月経って、分かったことは、株式市場や景気などと同じく、絶対はない、ということ。だから面白いとも言えるけれど。

 セトノプロミスは、前走から斤量を1kg落として、体重も8㎏落として絞ってきたので、その分が吉と出て、持ち前の最後の差しを披露できたのだろう。

 なかなか、高知のスター格の馬たちも戦国時代、実力が拮抗している。これからも目が離せない。


連絡先:local_horse_racing-1@yahoo.co.jp
高知競馬、他の競馬場、ご一緒して下さる方など、何でもお気軽にご連絡下さい(^^)
↓よろしければポチッと、クリックお願いします。励みになります。
    にほんブログ村 競馬ブログ 初心者競馬ファンへ 
  地方競馬ランキング   にほんブログ村  競馬コラムランキング

↑このページのトップヘ