さて、続く第2レースは、2週間前に今年初の新馬戦に出馬し、1着となったネオプリンセスを除いた7頭による再戦。
 前回末脚を見せたカミノヤタガラスが人気していた。確かにカミノヤタガラスは末脚が強いが、スタートは遅く、後から追い上げてくるので、1着がとれるかは不安。なのに単勝1.5は人気しすぎの感もあった。

 豪雨は続く。

1カミノヤタガラス
OI000359

  今回、アップで八咫烏(やたがらす)マークを撮ろうと思ったが、あいにくの豪雨。なんとかそれでも見えたかな。カミノヤタガラスちゃんは、雨の日も少々暴れ気味。これがいつもの調子だが、前回よりはましな暴れ方だったから、慣れてきたか、ギャラリーがいなかったからか。馬体からは元気がほとばしる、というところか。

2マウントオーシャン と 5モモトモ
BlogPaint


 マウントオーシャンは、前回、内枠を回り、展開が向いて3着に入ったと言えるので、今回豪雨・不良馬場で、高速の展開になったときにどうなるかというのはあり、人気しすぎている感じであった。モモトモ、前回6着、頑張ってよー。スタートが難しいのかな。上位に行けなくてもめげないでね。

3レマンコ
OI000351

 ジュネーブやローザンヌといった都市のあるレマン湖(スイス)から名付けられたこの馬。落ち着いていた。騎手が永森騎手に乗り替わるので、それがどうでるか、というところだった。こちらは牡馬。

4ハチキンブイパワー
OI000352
 
 母親が、南関で1000m戦などに強く13勝を挙げているので注目されている馬。豪雨が馬体に沁みて光ってる。辛いけど辛抱してー。

6チョコマカロン
OI000353

 カメラ目線。相変わらず363kgの小さな馬体。2歳牝馬。前回はスタートよく最初先頭に立つなど頑張っていたが、後半疲れて5着。このチョコマカロンが後でまさかのアクシデントを起こすことになる。

7サードレディ
OI000348

 前回も評判が高かったサードレディ。前回は途中で少し遅れて、最後また末脚を見せて4着だった。カミノヤタガラスと並んでその実力は高いだろう。

 さて、レースが始まる前のゲート。(以下2枚は高知競馬場のモニター画面を外から撮ったもの)
OI000362
OI000363

 豪雨が降りしきる中、なんと6チョコマカロンがなかなかゲートに入ろうとしない。入りそうになったら後ろを向いて戻る、の繰り返し。雨を嫌ったか、もう走りたくないよとなったか、いや、狭いところに入るというのも練習が必要なのだろう。人間と同じで、馬にも、閉所が嫌いだという馬がいる気がする。外で待つのは3レマンコと7サードレディ。
 5~10分ほど悪戦苦闘したあげく、6チョコマカロンは競争除外になってしまい、残り6頭で走ることになった。

 そしてレースは。
2017年8月6日高知競馬第2レース2歳-2 800m ダ不良

 好スタートを切ったのは、7サードレディと2マウントオーシャン。7サードレディはぐんぐん伸びていく。2マウントオーシャンは、後ろから来た3レマンコ、4ハチキンブイパワー、そしてその後方のカミノヤタガラスと中団を京成。5モモトモはまたスタート遅れちゃった。

 コーナーを回ると、真ん中から伸びてきた3レマンコが2マウントオーシャンを抜いて、

OI000364

 その外側からカミノヤタガラスが末脚を伸ばしてきて3着に入った。
 1着のサードレディは50秒1という、結構速いースになった。1着7サードレティ、2着3レマンコ、3着1カミノヤタガラス、4着2マウントオーシャン、5着4ハチキンブイパワー、6着5モモトモ。マウントオーシャンは、速いペースについて行けなかったかな、息切れした。
 3連単が2万馬券と、意外に高い払戻金額となった。

 不良馬場でも、サードレティ、カミノヤタガラスが強いこと、また、レマンコもそこそこスタートを決めれば、末脚が伸ばせることが分かった。やはり永森騎手がうまいのだろうか。6チョコマカロンが出なかったことも、レースになにかしら影響を与えただろう。

 さあ、次回も今年高知競馬デビューの2歳新馬たちはどんな戦いを見せてくれるだろうか。


連絡先:local_horse_racing-1@yahoo.co.jp
高知競馬、他の競馬場、ご一緒して下さる方など、何でもお気軽にご連絡下さい(^^)
↓よろしければポチッと、クリックお願いします。励みになります。

   にほんブログ村 競馬ブログ 初心者競馬ファンへ 
 地方競馬ランキング   にほんブログ村  競馬コラムランキング