地方競馬が熱い!!高知競馬場を中心に水沢・盛岡・佐賀・園田・金沢・笠松・名古屋・門別・南関・帯広ばんえい…地方競馬が面白い!!

地方競馬が好きな初心者。高知競馬を中心に、南関(浦和・船橋・大井・川崎)・園田・笠松・名古屋・佐賀・水沢・盛岡、などなど地方競馬のレースを気の向くままに見ています。初心者ならではの驚きや気付き、印象に残ったレース、馬、などについて述べていきます。よろしくお願いします。

タグ:マカゼコイカゼ

5
 こないだの日・月は、ほぼ猛暑。
 日曜日の高知競馬場では、砂煙がすごかった。

 この写真は7月16(日)の第2レース。二走目C3。
OI000268
 すでに砂煙が舞っている。

OI000269
 最初のコーナーを曲がったところ。相当な砂煙。

OI000270

 最終コーナーを回る。内側に1マカゼコイカゼ、真ん中に11エイシンピクシー、外側に3リワードカルメン。これで決まると思いきや、11エイシンピクシーが差しきり、1マカゼコイカゼは、またしても2着(これを入れて近走6走のうち5走が2着)となった。また、3リワードカルメンは後退して、やや離れて追走してきた12シンボリメりケルが伸びて、3着に入った。

 本日、7月22日(土)の高知競馬第7レースに、マカゼコイカゼ、エイシンピクシー、シンボリメリケルがまた出る。ここには中央競馬で障害を走っていた「チョンマゲ」という馬もいきなり出るようだが、どうなるのか。

 
 さて、その翌日7月17日(月)が第8回「夜さ恋フェスティバル」だった。
水をまいたのか、月曜日はそこまで砂煙が起こらなかった。

20170717フェスティバルうちわ

 先着500名様で、入場してすぐ以下のようなものをいただいた。
20170717フェスティバルポップ

 持って帰りましたが、1人では食べきれないほどの量!!

20170717フェスティバル

 タオルとこのボールペンもプレゼントでした。

 高知名物の乳飲料リープルもいただき、入場記念の金券200円にちょっと足して買った、四万十豚はこちら。

20170717リープルと四万十豚

 いやぁ、できあがるまでちょっと時間がかかったけれど、歯ごたえあって、美味しくいただきました。リープルにぴったり。

 20170717フェスティバル馬全身

 イベントなので、小さな馬も一頭。

2017フェスティバル馬アップ

 小さなお子様には、人気だったみたいだけど、お子様たちが居なくなると、一頭でちょっと寂しそうだったな~。


連絡先:local_horse_racing-1@yahoo.co.jp
高知競馬、他の競馬場、ご一緒して下さる方など、何でもお気軽にご連絡下さい(^^)
↓よろしければポチッと、クリックお願いします。励みになります。
   にほんブログ村 競馬ブログ 初心者競馬ファンへ 
 地方競馬ランキング   にほんブログ村  競馬コラムランキング 

   骨折から立ち直り、3月に6歳にしてデビューした馬がいる。メモリーバッカスだ。競走馬で6歳でデビューするのはとても遅いケースらしい。
 よく立ち直って、デビューにこぎつけたものだ。牡馬(オスのこと)か牝馬(牝のこと)か確認してみると、セン馬だった。セン馬とは、去勢された馬のことだと、先日詳しい知り合いに教わった。
 気性が荒い場合は、去勢したほうが、競走馬として走れるようになるという。苦労が見てとれる。競走馬としてデビューした以上、頑張ってほしい。

 そのメモリーバッカスが、昨日4戦目を迎えていた。初戦2着、2戦目5着、前回はなんと初の1着! 
 今回もオッズが2.6倍になり、2番人気!
 
 ところが、、

OI000093

 あれ、パドックでの様子がおかしい(別府真衣騎手騎乗)。やる気満々とみることもできるけど、落ち着かない様子。
 大丈夫かな。やっぱり慣れないので、「いやだ~~~~」となってるのかな。

 本馬場入場。

OI000096

 来た来た♪

OI000097


 あれ??

OI000098


 なに?

OI000099
 
 メモリーバッカスは強引に左に首を返して、行っちゃった~~~。しかも今度は首を明らかに右に曲げて下を見ながら、無理矢理走っている感じでコーナーを回って向こう正面に行っちゃった。

 あらら、今日は大丈夫なのかな。走るのいやなのかな。

 対して、8番人気の、7番デルニエール、1番人気の芦毛の馬4番コスモシュアーは、落ち着いた様子。

OI000101
OI000104
 
 果たしてレースは!

楽天競馬より高知競馬2017年5月7日第5レース(サラ系C3-6 11頭立て)

 メモリーバッカスはスタートで出遅れ、そのまま行って6着。タイムも今までで一番遅く。
先行した 4番コスモシュアー、9番マカゼコイカゼ、そして、本馬場入場の様子がよかった7番デル二エールが、この順で入着した。差す馬は来なかった。

 メモリーバッカス、残念。

 いやでも、馬にとっては、生まれながらに競走馬として生まれ、骨折し、去勢されても、走るしかない。人間なら、やめる選択肢はあっても、競走馬にはその選択肢はない。人間が決めた運命の中で走り続けるしかない。彼ら彼女らがスポットライトを浴びることが出来るのは、本番の走りにおいてのみ。その運命の中で、馬たちは走り続ける。そこに必死のドラマが生まれる。

 今回は、人気薄ながら、落ち着いて本命馬の2頭のすぐ後ろに追走して、なんとか走り切ったデル二エールの3着入りが光った。


 メモリーバッカス、昨日はお疲れ様でした。

          にほんブログ村 競馬ブログ 初心者競馬ファンへ
  地方競馬ランキング   競馬コラムランキング    にほんブログ村

↑このページのトップヘ