地方競馬が熱い!!高知競馬場を中心に・南関・園田・笠松・名古屋・佐賀・水沢・盛岡etc..地方競馬が面白い!!ブログ!!

地方競馬が好きな初心者。始めてまだ5ヶ月。高知競馬を中心に、南関(浦和・船橋・大井・川崎)・園田・笠松・名古屋・佐賀・水沢・盛岡、などなど地方競馬のレースを気の向くままに見ています。初心者ならではの驚きや気付き、印象に残ったレース、馬、などについて述べていきます。よろしくお願いします。

タグ:ロジテースト

5
 手前味噌で恐縮です。昨日、また勝手に予想シュミレーションしてみた高知競馬 重賞 第14回トレノ賞ですが、その自分の予想に基づいて、セトノプロミスを軸に、1着付け、2着付け、3着付けの3連単などを買っていたところ、見事に当たりました!それも、2万2770円という万馬券になり、驚きました。もちろん2万馬券は初めてです。 

 先ずこちらを。
2017年7月23日 高知競馬第7レース 重賞 トレノ賞 1300m  良  

 残り800m、向こう正面では、1カッサイ、7カイロスが先行し、その後ろに6セトノプロミス、5サクラシャイニー、2ヒロノカイザーがつけていた。その後少し離れて8サクラビクトワールだったから、サクラビクトワールは先行できなかったことで、既にだめだったかもしれない。

 しかし、この後2ヒロノカイザーがうまく内側の経済コースを通って、最終の直線では真ん中で抜け出し、2番手争いは内の11ロジテースト、真ん中は1カッサイ。そしてそのすぐ外の6セトノプロミス。2ヒロノカイザーは後続を引き離し、2番手には6セトノプロミスが伸びてきて、そのままゴール。1着とは1馬身差か。 3着はカッサイ、4着・5着には、差してきた4ワイルドコットン、11ロジテーストが入った(これも予想通り。)

 5サクラシャイニーと、7カイロスはばててしまったのか。

 つまり1着2ヒロノカイザー、2着6セトノプロミス、3着1カッサイ、4着4ワイルドコットン、5着11ロジテーストで、予想で危惧していた5サクラシャイニーは、掲示板入りすらできなかった。

 この3着までで、3連単2万2770円となった。やはり、1番人気が4着以下になると払戻金も大きくなるんだ。

 
 以下は、今回のトレノ賞のパドック。

2ヒロノカイザー(牡4歳 芦毛)
OI000282

 今回のパドックでは、ヒロノカイザーと、サクラビクトワールの気性の荒さが出ていた。けれど、パドックでの気性の荒さは、レースに活きる馬もいるので、判断が結構難しくなる。ヒロノカイザーは、今月いっぱいで騎手をやめて調教師に転向する中西達也騎手が乗った。「一期一会で」とアナウンサー。


1カッサイ
BlogPaint

 1カッサイは、いつも落ち着いている。


そして~☆6セトノプロミス☆
BlogPaint

 セトノプロミスは今日は落ち着いていた。レースに集中できていたのかも。

4ワイルドコットン
OI000299
 
 4着。騎手は西川騎手


11ロジテースト
OI000298


 5着に入った。


 5サクラシャイニー(11歳牡 残念ながら、5着内にも入れず)
OI000283



連絡先:local_horse_racing-1@yahoo.co.jp
高知競馬、他の競馬場、ご一緒して下さる方など、何でもお気軽にご連絡下さい(^^)
 ↓よろしければポチッと、クリックお願いします。励みになります。
   にほんブログ村 競馬ブログ 初心者競馬ファンへ 
 地方競馬ランキング   にほんブログ村  競馬コラムランキング 

5
 先ずこちらを。

2017年6月25日高知競馬第11レース A-1選抜馬 パール特別 雨 不良 1600m 

 今回のメインレースは、また前回セトノプロミスがイッツガナハプンを抑えて1着になったことにより、斤量が58kgに増えたけれども、相手の馬関係からすんなり勝てるかと思われたが・・・・。
 相手の筆頭格はクレスタラン。同じA1で4位、5位が多いが、頑張ってきた馬。先行するが、途中で疲れちゃって追いつかれて残念、というケースが多かった。

 レースは、1マルマロス、2クレスタランが先行し、内に6ワイルドコットン、外に4セトノプロミスが追いかける形、リワードレブロンは徐々に後退し、最後方にいた7ロジテーストが最終コーナーを回る頃には追いついてきて、2クレスタラン、6ワイルドコットンが抜けだし、3番手以降に7馬身もの差をつけ、そのままゴールイン。1着のタイムは、1分42秒2となった。高速馬場では先行馬が有利、との言葉通りのレースになった。

 3番手争いは、真ん中にセトノプロミス、内側にセイヴァイタル、外側にロジテースト。わずかにロジテーストが出て、ロジテースト3着、セトノプロミス4着、セイヴァイタル5着となった。

 また、斤量58kgとなったセトノプロミスは、前回58kgの時に4着になったように、最後伸びずに4着となってしまった。 高速馬場と、斤量58kgは、やはり堪えるらしい。どうも1着になると、斤量が増えるルールみたいで、次回は、また、57kgと、仕切り直しになるだろう。

 結局、一着づけ、二着づけ、三着づけでセトノプロミスを固定した三連単を買っていた私はドボンになった。クレスタランも、ワイルドコットンも、ロジテーストも相手に入れていたのに、残念。まだまだ力不足だった。三連単は1万8千円台となった。

 さて、今回1着になった、クレスタラン。

20170625 クレスタラン

☆クレスタラン(5歳セン馬 鹿毛)(上の写真)

 調べてみて分かったが、クレスタランは、ほぼ高知生え抜きと言っていいほどの馬なのだ。2回だけ中央競馬で走り、その後高知競馬の打越厩舎に所属し、3歳のレースで高知移籍3戦目で勝利、それからほぼすべて宮川騎手とのコンビで17回一着(生涯勝率43.5%)、連対率61.5%、三着内率74.3%と、こちらも安定した成績。
 
 今回セトノプロミスを抑えての1着は、宮川騎手ともども、嬉しい勝利。セトノプロミスに勝利したのは今回が初めてかな。

 ホント、高知競馬のA級の馬も戦国に継ぐ戦国、また新しい馬が中央競馬から都落ち?で来るかもしれないし、それを迎え撃つクレスタランや古豪マウンテンダイヤのような馬も健在だし。

 2着になったワイルドコットン、3着に入ったロジテーストについても、機会があれば書いてみたい。


連絡先:local_horse_racing-1@yahoo.co.jp
高知競馬、他の競馬場、ご一緒して下さる方など、何でもお気軽にご連絡下さい(^^)
 ↓よろしければポチッと、クリックお願いします。励みになります。
   にほんブログ村 競馬ブログ 初心者競馬ファンへ 
 地方競馬ランキング   にほんブログ村  競馬コラムランキング

↑このページのトップヘ