写真提供:マイナビニュース

写真拡大

ASUSは28日、SIMフリーAndroidスマートフォン「ZenFone 5」を11月8日より発売すると発表した。ストレージ容量、16GB/32GBの2モデルを用意し、予想実売価格は16GBが税別26,800円、 32GBが29,800円。同社が日本国内でスマートフォンを発売するのは初となる。


「ZenFone 5」は、5インチSIMフリーAndroidスマートフォン。ボディの端部は、丸みを帯びており、大画面ながら持ちやすい設計を採用した。また、ディスプ レイの下部や本体側面のボタンには、水の波紋をイメージしたスピン加工が施されており、高級感漂うデザインになっている。


機能面では、カメ ラ機能に同社独自の「Pixel Master テクノロジー」を採用。薄暗い場所でも明るい撮影が可能となっている。そのほか、手袋をしたままでも操作ができる「手袋モード」、メール、カメラ、ブラウ ザなどをすぐに起動できるなど、直感的な操作を可能にする「ASUS ZenUI」などを搭載する。また、日本国内向けということで、日本語入力システム「ATOK」も標準搭載している。


「ZenFone 5」の主な仕様は次の通り。OSはAndroid 4.4.2。プロセッサは、Qualcomm Snapdragon 400。内蔵メモリは2GB。ストレージは16GB/32GB。外部ストレージはmicroSD(64GB)。SIMはmicroSIM。ディスプレイ解 像度は1,280×720ピクセル。


サイズ/重量は、高さ約148.2mm×幅約72.8mm×厚さ約10.34mm/約145g。最大連続使用時間は、 Wi-Fi接続時が約11時間、モバイル通信時が約6.5時間。最大連続待ち受け時間は、3G接続時が約395時間、LTE接続時が約180時間。背面に は800万画素、前面には200万がぞのカメラを内蔵。カラーバリエーションは、ブラック、ホワイト、レッド、ゴールドの4色展開。


通信面では、LTE、W-CDMA、GSM/EDGEをサポート。そのほか、Bluetooth 4.0、IEEE802.11b/g/nに準拠した無線LANなどに対応する。


(記事提供:AndroWire編集部)