プロレス

2015年11月22日

【プロレスラー?動画】LEXUS RX - Making of RX?+ CEO



職人が丁寧な手仕事でつくりあげた「あるもの」は、海を越えて、とある新進気鋭の若き

-CEOのもとへ。「あるもの」を抱えて、彼は一体どこに向かう?
自らの感性のままに新しい体験へ挑戦し続けるひとの人生探険車、街へ。
http://lexus.jp/models/rx/


気になっていたCMだけど、マスク屋さんから始まっていたのね。個人的に気に入りましたよ。


さて、渋谷ヒカリエでのイベントでは



ちなみにイベントでのマスクマンRXの正体はHARASHIMA、Mr.Baderの正体は竹下幸之介でファイナルアンサー?

loco_maxx at 14:58コメント(0) 

2015年11月16日

天龍源一郎 引退 - 革命終焉 2015.11.15 両国国技館



天龍さんらしい最後でした。
最後までカッコいいレスラーでした。

若気の至りとはいえ、あなたにあこがれてパンチパーマにしたのも今となっては良い思い出です。
ほんとうにお疲れ様でした。



loco_maxx at 12:05コメント(0) 

2015年09月11日

福井新聞スポーツ欄から 天龍、オカダと対戦


image今日の福井新聞に天龍さんの記事が出てます。いよいよ引退が近づいてきましたが、やっぱりさみしいですな。

噂では引退興行で阿修羅原選手との龍原砲復活プランがあったと聞きますが、原選手が亡くなられた今では永遠の夢となりましたね。



loco_maxx at 12:32コメント(0) 

2014年09月05日

【続報】南条隼人の言い分を聞いてみると


南条隼人が殺人未遂というなんともショッキングなニュースの続報です。FFFオフィシャルブログを読む限りではそうも思えるが、東京スポーツの情報を引用した。

この記事を読む限り、午前4時50分頃に代表の奥さんと2人で酒を飲みながら話していたということで、いろいろ問題はあるんだろうけど、殺人とかそういう話ではない気はしますな。プロレス界では良くあることではすまないでしょうな。

代表はプロレス事業を会社の事業と考えていたか、南条への個人的な支援と考えていたかによっても事情は違うでしょ。

ともあれトラブルはごめんです。この間FFFの興行があったばかりなのに...

“プロレスラー殺人未遂騒動”南条隼人は「事実無根」と反論

最近は大物選手との対戦が続いていた南条

 

 まさかの“プロレスラー殺人未遂騒動”が4日、起こった。1990年代にFMWなどで活躍した現FFFプロレスリング(京都市伏見区)の南条隼人 (46=本名・植栗正和)が、女性ミュージシャンNINA(年齢非公表)に「ストーカー行為と殺人未遂」に及んだと団体公式ホームページ上で発表されたも ので、騒動はネット上で瞬く間に広まった。南条は「事実無根」と反論。事情聴取した京都府警伏見署は「事件として扱っていない」としたものの、被害女性は 同署に被害届を出すという。

 騒動は4日、FFFプロレスリング(母体はNINAが社長を務める株式会社C&Bグループ)のホームページ(HP)で明らかになった。「お詫びと御報告」というタイトルの後、衝撃的な文章が掲載されている。

 まさかの「殺人未遂公式発表」だ。“事件”が起きたのは3日午前4時50分ごろ。HPには痛々しい女性の負傷箇所の写真も掲載されており、被害を訴えたNINAは本紙の取材に対し、切々と事件の詳細を打ち明けた。

「食事をした後、事務所に戻り『(ストーカー行為がひどいため)FFFから離れたい』と訴えたところ逆上して『お前を殺して俺も死ぬ』と首を絞められました」

 命の危険を察知したため、FFFのコミッショナーを務める渡邊仁氏(後述のギタリストJIN=C&Bグループ)に電話を入れたところ「警察に電話しろ」との指示を受けた。南条に首を絞められているところに渡邊氏が駆けつけ救出。警察に通報して危うく難を逃れたという。

  NINAは「南条は会社に200万円、コミッショナーに65万円の借金がある。返そうともしない。4日は救急外来だったため診断書は出ませんでした。改め て診断書を出してもらい、警察に訴えたいと思います…」と明かし、5日にもストーカー規制法違反と傷害容疑で刑事告訴、借金問題について民事訴訟を起こす構えを見せた。

 一方、南条を「連行」したとされる伏見署は「朝方に男女のトラブルがあったことは確か。110番は会社の事務所からで (女性の)関係者です。ただし、双方が酩酊(めいてい)状態であったことと、言い分に食い違う部分がありました。(南条は)『自分も殴られた』と言ってま すしね」と説明する。さらには「現状でストーカーや殺人未遂といった事件として扱っていませんし、そういう捜査もしていません。改めて被害届が出された ら? 慎重に対応します」(同署副署長)との見解を示した。

 ここまでだけでも相当ややこしい話だが、自分の団体HPで断罪された南条は本紙の直撃に対してこう反論した。

「食事をして、事務所で今後の話をしていた。お酒は入っていました。ギタリストのJINさん(渡邊氏)が後から来まして、僕はJINさんに押さえつけられて殴られました。当たり前ですけど、こちらから一切手出しはしていません」

  HP上で公開されたNINAの傷については「ガードする意味で相手の手を押さえつけたりはしましたけど。(NINAからの暴力は)日常的だったので。写真 も見ましたが、足のアザとかは僕は全く関係ないと思ってます」という。「お前を殺して俺も死ぬ」という発言に関しても「事実無根です。ストーカー行為?  全くない。発表してないみたいだけど、NINAさんとJINさんは夫婦ですよ。夫婦として3年前に知り合ったんです」と明かした。

 しかも南条もNINA側を訴える構えだというから話はさらに複雑だ。借金について南条は「FFFはC&Bグループの事業。僕は社員として働いて、試合のない月曜から金曜は介護の仕事(C&Bグループは介護事業の『ホームヘルプサービスセンターC&B』も経営)も手伝ってます。リングや道場の経費はかかってまし たが、それが僕の借金ですか? 個人としての借金は全くない」と潔白を強調した。

 さらに「(C&Bから支給されていた)携帯電話を会社側に取られ、フェイスブック、ツイッター、ブログで事実無根の記事を投稿されてしまいました。名誉毀損及び営業妨害での告訴の準備をしております。多大な るご迷惑をおかけして申し訳ございません」と頭を下げた。こうなると真相はまさに「やぶの中」。両サイドが刑事・民事両面でぶつかるバトルの後に真実は明らかになるのか。今後に注目だ。




loco_maxx at 17:18コメント(0) 

2014年09月04日

南条マッハ隼人(ミラクルマン)ストーカー行為&殺人未遂?


なんともショッキングなニュースが!
以下、FFFオフィシャルブログから引用。文章が稚拙なのは代表の怒りだろうね。文章の端々から怒りが溢れていますわ。

9月3日午前4時50分頃、「株式会社C&Bグループ FFFプロレスリング」所属プロレスラー「南条マッハ隼人」こと植栗正和が、「株式会社 C&Bグループ OFFICE C&B MUSIC」所属ミュージシャン「NINA」へのストーカー行為と殺人未遂罪で伏見警察署に連行された。

以前から植栗は既婚者であるにも関わらず、「NINA」への異常なストーカー行為が目立っており再三の注意も聞き入れず、今回の件に至りました。

植栗は妻には『会社に拉致されている』と嘘をつき、毎日京都の事務所に寝泊まりし、執拗に『嫁と離婚するから結婚して欲しい』と「NINA」に迫り、嫁と愛人の悪口を散々言い、愛人には妻と「NINA」の悪口を言う虚言三昧。

「NINA」が自分の思い通りにならないと『お前を殺しておれも死ぬ』と二度も首を絞められ、救急車で運ばれ現在は絶対安静の状態です。

「NINA」はこの件で身体中に30ヶ所以上も怪我をし、首にも植栗の手形がくっきりついており、精神的にもかなり怯えております。

なお植栗は、会社に「FFFプロレスリング」名義の借金が400万、植栗正和個人名義の借金が200万、「コミッショナー渡邊仁」に個人名義の借金が65万有り、返済しようともしない。

当社は警察の指示のもと、植栗がまた「NINA」に暴行を加えない様に24時間体制で警備を付け、「殺人未遂罪」での刑事告訴の準備中である。

満員御礼で3周年を迎え幸先良いスタートを切ったばかりの所に、この様な不祥事が有り、皆様には大変ご迷惑をお掛けいたします。

植栗正和への懲戒処分、刑事告訴の報告は追ってお知らせいたします。

株式会社C&Bグループ 

引用ココマデ

わかっていることを整理すると

南条隼人が結婚していて愛人もいるのに、女性歌手につきまとっていたこと。
その女性に暴力をふるったこと。
南条に借金があり、返す意思がないこと。
伏見警察署に連行されたこと。
所属会社は殺人未遂罪で告訴を検討していること。

ということだろうか。

警察には連行されたけど、被害女性の会社が殺人事件として告訴すると言ってる段階なので、今はなんの罪にもなってない。

この先、実際に告訴されて受理されれば、書類送検になり、起訴されると暴行やストーカー行為は事実だろうから、初犯であれば執行猶予付の実刑になるだろう。
 
もっとも借金を返し、二度とやりませんということで示談できる可能性はあるだろう。いろいろ大人の事情はあるだろうけど、残念というしかないです。


loco_maxx at 07:28コメント(0) 
Archives
Categories
  • ライブドアブログ