全日本プロレス

2013年03月01日

【全日本プロレス買収】SP社 白石氏、金も出すけど口も出す

一部報道でご存じのとおり全日本プロレスがSP(スピードパートナー)社に買収されました。社長は白石氏、数々の買収、企業再生で有名な人物です。

別冊宝島で「全日本プロレス計画倒産」なんて記事が出てしまい、その黒幕として白石氏の名前が出ていたのでご存じの人も多いはず。

全日プロを企業再生会社が買収!新オーナー「2年以内にドーム進出」

東スポWeb 2月26日(火)10時39分配信

全日プロを企業再生会社が買収!新オーナー「2年以内にドーム進出」

全日本の新オーナーに就任した白石伸生氏


 旗揚げ41年目の老舗団体・全日本プロレスが激震に見舞われた。事実上、買収されていたことが25日までに判明したのだ。企業再生業を専門とするスピードパートナーズ(以下、SP社)が全日プロの株式を買い取り、同社社長の白石伸生氏(40)がオーナーに就任した。

 この日、東京・中央区に移転した新事務所で行われた会見に武藤敬司会長、内田雅之社長のほか、SP社の白石氏と三阪輝氏が出席。会見ではSP社による財務面、資金面での全面協力と三阪氏の副社長就任が発表された。

 実はこの白石氏こそが全日プロの新オーナーだった。本紙既報通り、全日プロでは昨年から企業再生を専門とするSP社との提携を進めていた。同社の連結売 上高は130億円(2011年3月見込み)。その結果、白石氏が武藤会長、内田社長、日テレが保有した全日プロの株をすべて買い取った。

 昨年11月1日付で、SP社が100%出資した全日プロの運営会社「全日本プロレスリングシステムズ」を発足。武藤、内田両氏はそれぞれの役職を継続する。

 これまで約10年間、現体制を支えてきた武藤は「50年、60年残すためにもよかったと思う。俺が動かなくなった時点で会社も倒れたらどうしようもない。10年やり切った充実感はあるよ」と発展的な「買収劇」だったことを強調した。

 新たにかじを取る白石氏は大胆な方針を打ち出す。「2年以内に東京ドームに進出しなさいと厳命している。3年以内に4大ドームツアーができるようになって、ボクのお手伝い終了となる」。最速では来年3月にドーム大会開催となる見込みという。

 また、選手たちのメディアへの露出の少なさを危惧しており、来年4月からの地上波テレビによる定期放送開始にこぎつけたい考え。すでに日テレとTBSと 水面下での交渉に入っている。一方で、総合格闘技進出のプランや、今年4月からは他団体への選手貸し出しを認めない“鎖国”に入る方針も打ち出した。

 白石氏が理想とするのは四天王プロレス超え。白石氏は「プロレスは人間の限界値だと思ってる。リングマット(の構造)や鉄柵などを見直し、選手も壊れな い限界値を超えたプロレスを目指している」と力説した。 新体制となった全日プロは今年の最大のテーマに掲げる「攻め」の姿勢を全力で突き進む。


引用ここまで


うーーん、この時期になって、メガネスーパー元社長の故田中八郎スピリッツが蘇るとは...

田中氏はプロレス界の救世主で神様でした。まさにプロレスバブルでハワイ合宿楽しかったよね...〇〇さん


ちなみにメガネスーパーの旗揚げは福井市体育館で行われて、おいらも観に行ってました。


古い体育館が壊れるくらい人が入ってて、レーザー光線を使った演出で大盛り上がり。


試合が開始されるまではね...


八郎スピリッツに応えるようにスタンドで掌底の攻防を繰り返す某選手、メインでは必要以上の打撃を受けて泣きじゃくる某選手、とても人様に見せられるような興行じゃなかった記憶があるわ。


プロレス界にお金を落としてくれる人は神なので、レスラーたちは従うしかありません。ただ、この話なんとなく嫌な予感がするのは、おいらだけか...


計画倒産の話が先に漏れてしまったので、計画を糊塗するために大風呂敷を広げたという気もしますな。全日本プロレスに送り込む副社長が元「宝島」編集者ってのも興味深い話です。


NOAHからバーニングが移籍してきて、盛り上がりつつある全日本プロレス、「とりあえず」資金的な心配がなくなったのは吉報だけど、総合格闘技路線とかフリーを切るとか、思い付きだけで、2年後のドーム大会なんて絶対無理だと思うのはおいらだけではないはず。あ、資金があれば、できるのはできるか(笑)


確か、LOVE社長も新日の総合路線がいやで、全日本に来たんじゃなかったっけ?そうなるとプロレス界ってのは皮肉なもんだな。


ちゅうかレスラーもファンも、白石氏の掌で踊らされてるだけなんだろうか...


ジミーちゃんのブログによると、京平さん戻るってね。 ほんとかな?

loco_maxx at 07:15コメント(0) 

2012年03月04日

訃報!元カンナムEXP ダグ・ファーナスさん

1990年代に全日本プロレスで活躍したダグ・ファーナスさんが、昨夜、就寝中に亡くなったとのこと。 50歳でした。あまりにもはやい...

 新宿2丁目の常連だったとか、いろんな噂がありましたが、彼のドロップキックやフランケンシュタイナーは凄かった!記憶に残るレスラーでしたね。

ご冥福をお祈りします。合掌...

Powerlifting/pro wrestling star Doug Furnas reported to have passed away There are reports circulating that Doug Furnas, one of the regular stars of the 1990s All Japan glory period, passed away in his sleep last night. Furnas was 50. The first report was listed by David Haskins, a Tennessee area pro wrestler who said he got the information from Mike Furnas, Doug's brother, who was also a pro wrestler. Furnas was a college football star at the University of Tennessee who became one of the greatest powerlifters of all-time, breaking more than two dozen world records during his career. He then switched to pro wrestling when Kevin Sullivan was booker of the Knoxville territory. He wrestled all over the world with stints in both WCW and WWF, but was best known for his tag team with Phil Lafon aka Dan Kroffatt, in All Japan, WWF and ECW. In the All Japan days, the two were one of the best tag teams of all-time. Furnas had been battling Parkinson's Disease for many years.

ソース:F4WOnline

loco_maxx at 22:25コメント(0) 

2010年06月16日

三沢選手が亡くなって... 2



三沢選手が亡くなってそろそろ1年と思ってたら、6月13日だったんだね。もう過ぎちゃったけどなぁ...

まだ生きてるような気がするし、不思議な感じだね。動画見てるとなぜか泣けてくる。

loco_maxx at 20:02 

2010年04月30日

小島が退団を正式表明「理由はケガと武藤全日本からの卒業」 3





小島聡選手が全日本を退団しました。全日本も自前の選手がトップを取れるようになってきたものの、経営が決して楽とは言えない状態なんで、高給取りの怪我人をかこっておく余裕もないんでしょうな。

小島選手は人気者だし、柔軟なぷろれす頭の持ち主なんでインディ団体にも積極的に参戦してほしいと思います。ま、新日に上がるんだろうけどね。天コジ復活ってのも見れるかもしれないしね。

小島が退団を正式表明「理由はケガと武藤全日本からの卒業」スポーツナビ

 29日の全日本プロレス「2010 GROWIN’ UP」東京・後楽園ホール大会では、満員となる2000人を動員した。

 前三冠ヘビー級王者である小島聡がリング上からファンに退団を正式発表。5月シリーズを最後に全日本を離れ、6月に左ヒジ尺骨神経麻痺の手術を行った後、リハビリを経て今後の活動を模索していくことになった。
 小島は新日本プロレスでデビューし、02年に全日本に移籍。武藤敬司新社長の元、全日本のエースとして活躍し、三冠王座をはじめ世界タッグ、アジアタッグといったタイトルや、「チャンピオン・カーニバル」、「世界最強タッグ決定リーグ戦」といった恒例シリーズまで、様々な栄冠を獲得してきた。

 しかし、今年に入ってからは自身が中心となって結成したユニットF4が解散に追い込まれ、3月には三冠王座からも転落。今年のCCでは決勝トーナメントにも残れず、スランプ状態が続いていた。
シリーズ中に一部報道で退団が報じられた後も小島はシリーズ参戦を続けていたが、この日、初めて正式にファンの前で報告を行うことになった。

 この日の対戦相手は、02年に世界タッグ王座を獲得し、最強タッグ決定リーグ戦でも優勝を飾ったかつてのタッグパートナーの太陽ケア。ファンのあたたかい声援に迎え入れられた小島は、ケアの執拗な右腕攻めにあいながらも、張り裂けんばかりの声で「いっちゃうぞ、バカヤロー!」をファンと合唱。さらに、力のこもったチョップを連発し、右腕のサポーターを投げ捨ててラリアットを打ち込んでいくが、カウント2止まり。ケアのTKO34thからのH5Oという猛攻に沈んだ。

 試合を終えた小島は、マイクを握ると、退団を自分の口から発表。ファンや選手・関係者への謝罪を口にしつつ、5月シリーズの全戦参戦を表明すると、「これからもせいいっぱい頑張ってまいります。本当に8年間ありがとうございました」と深々と頭を下げてリングを降りた。
 バックステージでコメントを出した小島は、退団の大きな理由について「左ヒジの状態の悪化と、武藤全日本プロレスからの卒業」を挙げ、直前まで悩みぬいた末の決断であることを明かした。
 8年前に新日本を退団した時は「不安が9割の期待が1割」という状況だったというが、「全日本で8年間やってきて、大きな自信につながった」ことから、今後についての不安を一蹴。5.16後楽園で開幕する次期シリーズにも全戦参戦が決定したことから、「一生懸命、全身全霊で頑張る」と、全日本プロレスの一員として完全燃焼することを誓った。

loco_maxx at 07:21 

2009年01月04日

鈴木みのる、NOSAWA論外組、アジアタッグ第81代王者に! 3



 全日本プロレス「2009新春シャイニング・シリーズ」で、
 2日間に渡って開催された「第81代アジアタッグ王座決定トーナメント」決勝戦で、GURENTAIの鈴木みのる、NOSAWA論外組が、今トーナメントの提唱者である渕正信&西村修組を破り、第81代王者についた。てっきり渕、西村が獲るもんだと思っていた俺はまだまだ甘いわ(笑)
新たに加盟した高山はジョー・ドーリングを豪快なエベレストジャーマンで粉砕したというし、今年もGUREITAIが全日本をかき回すんだろうね。
バトルロイヤルで優勝した“brother”YASSHIがまさかの衝撃発言を。2月シリーズを最後に、プロレス界から一時離脱するってね。「ちょっとプロレスから離れる」、「今度の2月が最後になる。ひょっとしたら戻ってこんかもしれん」
最後に、元盟友の近藤とのシングルマッチをアピール。最近試合後が辛そうな様子なんで心配はしてたんだが...

■全日本プロレス「2009新春シャイニング・シリーズ」
1月3日(土)東京・後楽園ホール 観衆:1950人(満員)

<第8試合 ジュニア・ヘビー級バトルロイヤル>
○“brother”YASSHI
(9分38秒 ボンバー斉藤レフェリーごと丸め込んで→エビ固め)
●菊タロー
退場順=渕、土方、カズ、近藤、MAZADA、TAKEMURA、NOSAWA、大和、KAI、菊タロー

<第7試合 第81代アジアタッグ王座決定トーナメント 決勝戦>
●渕 正信、西村 修
(17分46秒 ゴッチ式パイルドライバー→体固め)
○鈴木みのる、NOSAWA論外
※みのる、NOSAWA組が第81代王者

<第6試合 8人タッグマッチ>
諏訪魔、近藤修司、●土方隆司、浜 亮太
(10分28秒 横入り式エビ固め)
TARU、○ヘイト、ゾディアック、“brother”YASSHI

<第5試合 シングルマッチ>
○高山善廣
(8分44秒 エベレストジャーマンスプレックスホールド)
●ジョー・ドーリング

<第4試合 第81代アジアタッグ王座決定トーナメント 準決勝>
武藤敬司、●カズ・ハヤシ 
(17分54秒 超高校級横回転エビ固め)
鈴木みのる、○NOSAWA論外

<第3試合 第81代アジアタッグ王座決定トーナメント 準決勝>
○渕 正信、西村 修
(17分14秒 首固め)
小島 聡、●KAI 

<第2試合 6人タッグマッチ>
真田聖也、征矢 学、●大和ヒロシ
(8分43秒 TKO→片エビ固め)
○太陽ケア、MAZADA、TAKEMURA

<第1試合 シングルマッチ>
○荒谷望誉
(5分55秒 ムーンサルトプレス→片エビ固め)
●菊タロー

[ スポーツナビ 2009年1月4日 0:05 ]

loco_maxx at 18:47 
Archives
Categories
  • ライブドアブログ