注目ニュース

2016年05月30日

<国交省>燃費試験「国際基準」…不正防止、18年採用へ

いろいろ話題の国交省審査値なんだが、2018年から国際基準を併記する方向になるようです。まぁ、前からいろいろ検討してたわけで、今わかったって感じではないんだけどね。



<国交省>燃費試験「国際基準」…不正防止、18年採用へ

毎日新聞 5月30日(月)7時30分配信


 国土交通省が、自動車の排ガスと燃費性能を測定する試験方法として、国連が定める国際基準を2018年に採用する方針であることが分かった。三菱自動車 の燃費データ不正では、日本の道路運送車両法が定める試験ではない、米国方式に近い手法を用いたことが違法として問題となった。国際基準の採用が世界で広 がれば、三菱自のような問題は起きにくくなる。メーカーの開発コストが抑えられ、「消費者が自動車をより安価に購入できる」(国交省)可能性もある。

 三菱自は、軽自動車4車種の燃費を良く見せるようにデータを改ざんしたこととともに、1991年から日本の法令に従わず米国方式に近い試験方法をとった 違法行為が問題となった。各国・地域の燃費試験の方法が共通化すれば、そうした違法行為の可能性は減る。国際基準を導入した国・地域への出荷に必要なデー タ取得が1度で済むのもメーカーのメリットだ。

 排ガスと燃費試験の国際基準は国連の作業部会で14年3月に成立。日本と欧州連合(EU)が導入に向けた準備を進めており、インドなど新興国も採用する 方向だ。国交省は年内に法令整備を終え、18年に国際基準に統一。20年ごろまでは現行の試験方法と国際基準による数値がカタログに併記されることにな る。

 日本は現在、08年に導入した試験方法「JC08モード」を採用。ただ、エンジンが温まった状態でのスタートが可能なことなどにより燃費性能の数値が良 く出る傾向にある。国際基準はエンジンが冷えた状態からスタートし、平均時速も24キロから36キロに上がるなど現実の走行に近づくため「日本の現行方式 より燃費性能が低く出る傾向にあり、実際の燃費に近くなる」(国交省)という。【川口雅浩】


引用ココマデ



 おそらく国際調和排出ガス燃費試験法(WLTP)の事と思うが、いきなり出てきた話ではなくて、平成27年度の中央環境審議会で方針が示されているはず。

導入してもJC08を併記するなら手間は同じだし、おそらく米国は同調しないからメーカーの負担軽減にはならないよ。国交省が言う「自動車をより安価に購入できる」ことにはつながらないよ。

JC08モードなどの複雑で手間のかかる手段で実用燃費とかけ離れた国交省審査値をカタログに載せることは、同一条件で車を比較できるメリットはある。だた、実情とかけ離れていることは誰でも知ってるはず。

例え、実燃費に近いWLTPを導入しても実情に合わないJC08を併記するなら、あまり意味はないね。おいらの意見としては米国のようにシティモードとか、ハイウェイモードとかを発表してもらうとありがたい。で、現実と乖離する燃費の場合はメーカーが訴えられるリスクがあるってのが健全だと思うよ。国交省審査値なんで国を訴えても良いね(笑)

WLTPを導入しても、大排気量車なら影響は軽微だろうが、軽自動車は、高速走行を含むWLTPとの数値は大きく乖離するだろう。実質国内のみの軽自動車に高速走行や荷物積載させて測定する国際規格は意味がないよ。

軽自動車は国交省が責任を持って簡易的な試験ですむ審査基準を作るべき。JC08モードの7掛けで良いじゃん。

だって国交省審査値だもの by みつお(笑)


loco_maxx at 12:50コメント(0) 

2016年05月18日

【5/23(月)10:00まで 】今なら楽天カード加入+利用で8000ポイント



今なら楽天カード加入+使用で8000ポイントゲットです。加入するなら今ですぜ。

キャンペーン期間:2016年5月16日(月)10:00〜2016年5月23日(月)10:00

loco_maxx at 21:32コメント(0) 

2016年05月15日

【eKシリーズ】日本テレビ系 ZIP! 5月12日(木)「実際にどれくらい乗れる」

image


三菱自動車を使用して燃費がどれくらいかかるか 番組調査した。eKワゴンで61.1キロ走行して、使用したガソリン2.35リットル、1リットル約26キロだった。三菱自動車が公表している29キロ だった。街の人に燃費対策についてアンケートした。急発進しない、満タンにしない、など心がけていることを話していた。国土交通省は今回の三菱自動車の調 査に対して不十分として、18日までに再報告するように求めた。


番組で検証してみたら29km/Lが26km/Lぐらいだったってか?



一般道と高速を走り、走行距離は61.1kmって?

で、満タン法で計算ってか?


実際に運転しない人が増えてるから桝さんの番組なんで間違いないなんて思ってるんだろうか。スポンサーしか見てない企画と結果だと思わないのかね。


まぁ、おいらが結果を補正すると満タン法の誤差は1Lちかくでるから、武士の情けで0.8Lとして19.4km/Lってところだろ。


満タン法なら500kmぐらい、最低でも200km/Lから300kmぐらい走って同じ給油ポンプでカチカチ2回とかやんなきゃ。


おいらみたいに(笑)


深夜の衝撃ニュースに続いての、この実験はある意味素晴らしい。ここでZIP!で各社の軽自動車の実燃費比較特集とかやってくれれば神なのに。


まぁ、日経トレンディさんが発売直後にやってたんだけどね。親切なおいらは記事へのリンクを貼っておく。


日経トレンディ 燃費競争が過熱する“エコ軽自動車”の買いはどれ?


馬力の落ちるeKを他社の軽自動車と同じペースで走らせたら、そりゃ燃費落ちますよ。逆にターボ車同士で比較すると興味深い結果が出るかも。


まぁ、絶対にやんないけどね。



loco_maxx at 20:24コメント(0) 

2016年05月12日

【ついにゴーン参上】 日産と三菱自が資本提携で会見 「34%出資で『ウィンウィンの提携に』とゴーン日産社長


ついにラスボスが出たよ(笑)

写真がなんとも切ないなぁ。

まぁ、韓国や中国の企業の傘下になるよりはまし。軽自動車はもとより、三菱の技術は捨てたものではないし、ブランドが通用するアジア市場を狙うのには格好のパートナーだしね。

三菱グループとの関係も維持しつつ、日産が果実を得るんだろうな。

Yahoo!ニュースの産経新聞から引用です。

日産と三菱自が資本提携で会見 「34%出資で『ウィンウィンの提携に』とゴーン日産社長


産経新聞 5月12日(木)16時24分配信


 日産自動車と三菱自動車の両社トップが12日、横浜市内で記者会見し、資本業務提携の実現に向けて協議に入ると発表した。会見したカルロス・ゴーン日産社長は「2370億円を投じ、34%を出資する」と話した。これにより、日産は三菱自の筆頭株主となる。

 ゴーン社長は今回の提携について「戦略的アライアンス。両社にウィンウィン(勝ち組同士の提携)となる。大きなシナジー効果と成長が生める」と意義を強調した。

 三菱自動車のブランドについては、「ブランドを守り、尊重する」として維持する考えを示した。

 一方、三菱自動車の益子修会長は「経営の信頼、安定に重要なもの」と意義を強調した。「すべてのステークホルダーに喜んでもらえると思っている」とも発言した。

 これまで、日産と軽自動車で協業してきたことが決め手だったとしたうえで、「軽自動車の既存ビジネスについては継続する。人的、技術的な支援を受け、革新を進める」と強調した。

 また、今後の開発に対しては、「新型車、電気自動車、自動運転でも提携する。コスト削減も進める」とした。


引用ココまで

このスピードで業務提携拡大ってありえんだろ。さすが数億円以上の報酬を得ているだけに、良いところだけ持っていくんだな(笑)


もう復水盆に返らずだ。とりあえず三菱自動車という会社は存続だ。日産のダサいデザインもよくなるかもしれんな(笑)


力関係ははっきりしてるから、頑張ってルノー様に尽くすしかない。販売店の人は一安心?


そんなわきゃない(笑)



loco_maxx at 18:25コメント(0) 

【自動車業界再編へ】三菱自動車が日産傘下へ


放蕩息子の三菱自動車は三菱グループから切られてしまうんだな。もう日本経済がズタズタで旧財閥系企業だから大丈夫とかはないんだろう。

しかし、2000億とは安かったね。

三菱自動車の法律違反は言語道断だが、日産が燃費偽装告発から、手際よくが利を得ると... ここから本文です

まさに、やっちゃえ日産だな。

うーーーん。

Yahoo!ニュース 毎日新聞から

<三菱自>日産傘下に 3割出資受け入れ最終調整

毎日新聞 5月12日(木)1時21分配信


 燃費データ不正問題を起こした三菱自動車に対し、日産自動車が約3割出資する方向で調整に入ったことが11日明らかになった。三菱自動車は事実上、日産の傘下に入って、経営再建を目指すことになる。

 三菱自動車の不祥事をきっかけに自動車業界の大型再編に発展する可能性が出てきた。

 三菱自は燃費不正問題で顧客へのガソリン代やエコカー減税などの補償が必要となっている。さらに、2000年以降のリコール(回収・無償修理)隠し問題など不祥事が重なって、企業イメージが悪化。販売が大幅に落ち込んでおり、経営への打撃が懸念されている。

 三菱自と日産は11年、折半出資で軽自動車の共同企画会社を設立。三菱自が生産した軽自動車を日産に供給している。


引用ココまで


まぁ、欲しい車がないんで積極的に日産の車を買うことはないだろ。今回の動きは最初から怪しかったんだが、やっぱりって感じでがっかりだ。お互い利害関係は一致してるんだろうけど、なんか、プロ野球で近鉄とオリックスが合併ってのに似た感じかするわ。


じゃぁ、だめじゃん(笑)


ともかく三菱自動車は潰れないことは確定だ。他のメーカーへの波及もないだろう。この辺でおとなの事情が発動するはずだよ。


燃費の指針も、実情と乖離しているJC08モードからWLTPへの移行が急がれて、カタログ数値はこっそりと低い数値へ変更されるだろう。


おいらのeKカスタムは、あと10年は乗るから補償とメンテは日産が責任もってね(笑)

【追記】 WLTPについて参考記事があったよ。 


日経テクノロジー「燃費の新試験法は軽自動車に打撃か」



loco_maxx at 05:36コメント(0) 
Archives
Categories
  • ライブドアブログ