旅行

2015年07月28日

【安く帰省する裏技】JAL&ANAパッケージ利用の巻



いよいよ帰省シーズンになるんだが、北陸方面は北陸新幹線が人気みたいね。航空便も時間的なメリットが薄れたから苦戦中です。

それでも、お盆は交通機関の予約が取れれば御の字という感じだけど、ピークをちょいとずらせば飛行機利用で正規の割引運賃を払うより航空券とホテルのパッケージで取った方が安くなる場合が多いんだよ。

有名どころでは、JALのダイナミックパッケージ、ANAの旅作、リクルートのじゃらんパック、楽天の楽パックなんかがあって、旅行会社でもパッケージを出してるところもあります。たとえば8月頭だと、JAL便利用で羽田−小松空港間のチケット&1名1室のホテルで2万円前半からあるよ。



同じ便や同クラスのホテルを利用しても各社で値段にばらつきがあるから必ず比較すること。時期によっては航空会社が直接売り出す航空運賃の方が安くなる場合すらある。あとは、じゃらんや楽パックはしょっちゅうクーポンを出してるのでうまく利用するとさらに割引になる。

ホテルに泊まらない人は目的地の空港から電話して「宿泊権利の放棄」をすること。しょっちゅうあることなのですぐに話が通じるはず。まぁ、もっと早い時期でも良いんだが、一応旅行開始後のホテルへの不宿泊は権利放棄とみなし返金はしない等のツアー規約があるんで、ツアー開始後に電話するわけ。

ただ、よくわかってないホテルだとキャンセルで返金を求めてきたのと勘違いして文句を言うことがあるので、返金を求めない権利の放棄であることをしっかり説明することだな。これでホテルに迷惑をかけることはなくなるよ。誰も損しない話でした。あ、チェックインだけして部屋には泊らず朝飯だけ食べに行ってチェックアウトしたこともあったわ(笑)



あと、飛行機の座席の事前指定ができるんだが、ツアー用の座席が一杯になると事前指定ができなくなります。空港で自分で指定もできるんだが、直前に座席が解放されるのでパソコンやスマホから指定できるかもしれません。たとえばJALだと前日の午前5時だったっけな。国際便は72時間前だったっけ?

航空会社などにパッケージのホテルの宿泊を放棄してよいかと聞いちゃだめ(笑)だけど、座席解放の時期はホームページで調べたり、直接問い合わせたりしてくださいな。これは秘密でもなんでもないです。

これらはとりたてて裏技というほどのものではないんだが、よくわからない人も多いと思うんでまとめてみた。

loco_maxx at 06:42コメント(0) 

2015年07月06日

【備忘録 お忍びでw】門司港レトロ地区

image








先日、ちょっと用事があって北九州市へ行ってきた。備忘録を兼ねて記録を残しておきますわよ。

用事の空き時間にお忍び(笑)で門司港へ。門司港レトロと言えば赤レンガの建物が並ぶ有名な観光地。おいらは博多はたまに行くんだが門司は初めての訪問です。観光地と言えばやっぱり食だろう。

九州地区の食事は甘めでダイレクトに体が喜ぶ料理で良いな。昔から海外との貿易が盛んで砂糖とか出回っていたのが理由なのかね。ベースの醤油が甘いので料理も甘いです。甘いのを嫌がる人もいるけど、おいらは嫌いじゃないです。ばりばりの生活習慣病だけどね(笑)

image








門司港駅は改装中だったけど、なかなか風情があって良い感じ。外観が仕上がったら、また訪れたいわね。

image








駅の広告に、すじ肉うどんというのがあって、やたら心惹かれるおいら...



九州来たからには甘めのうまいものをガツンと食いたいよね。

image








門司港地区で自由な時間は1日ちょい。奮発して門司港ホテルへ宿泊です。初日はこがねむしというお店で焼カレーをいただく。喫茶店みたいなお店で平日のお昼は格安のランチもあるみたい。ママさんも気さくで好印象。もちろん料理もうまし。しかもお値段良心的で感謝感謝。


最後の日は夕方までフリーだったので、巌流島へ渡ったり、「町田忍の昭和レトロ紀行」の真似(笑)で裏街を歩いたりしたんだが、やっぱり腹が減るので食事ですな。

image








おいらは門司港駅で見たすじ肉うどんが良かったのだが、場所がうろ覚えでわからず、地元の人が進めてくれた門司港レトロラーメンの大平山(たいへいざん)へ。ここは豚骨醤油ラーメンなんだが、豚骨臭さがほとんどなく、スープが甘くてうまい。

おいらは豚骨臭いのも嫌いじゃないんだが、いわゆる博多の豚骨とは全くの別物ですわ。麺もスープに絡んでとっても美味しゅうございました。おいらが食べたラーメンの中でも上位です。

で、食後の運動を兼ねて歩いていると、レトロ紀行に出てきた散髪屋さんを発見。そのままぶらぶら歩いていると...

見つけました!すじ肉うどんのたまやうどんです!

image








腹はいっぱいだけど食うしかない(笑) 同行していたパレハも半分ぐらいなら大丈夫というのでお店へ。優しそうなご主人に1杯を2人で分けて良いですかと聞いてみると快くOKしてくれた。またもや感謝感謝。

ご主人の話によると駅の看板にあるのは肉々うどんというらしい。それをチョイス。待つことしばし、美味しそうな肉々うどんと小分け用のどんぶりをくれた。

さっそくスープを一口。甘く体にしみこむような優しい味です。甘い醤油ベースですじ肉の油とうまみが溶け込んでますな。すじ肉自体も柔らかくておいしい。肉々だけに半分に分けでも肉の量に不満はありません。あ、麺は普通に美味しいです。

あ、途中で鷹の爪とか入れて味を変えるのを忘れた!もう1杯行けたかも(笑)

門司はレトロだけでなく、美味しい街でした。また機会があれば訪れたいなぁ。次回はレンタカーも借りてゆっくり滞在したいわね。


もちろん地ビールもいただきましたぜ。いろいろ食べすぎて体重が一気に3圓阿蕕ちえたのを1週間かけて戻したのは秘密だ(笑)

loco_maxx at 01:37コメント(0) 

【備忘録 お忍びでw】ヤフオクドーム


ちょっと用事があって福岡県へ行ってきました。今回はサンダーバードとのぞみを利用。なかなか快適な旅でしたわ。

image









せっかく福岡に来たので隙を見て(笑)、ヤフオクドームへ行ってきた。試合前日に広島との交流戦でチケットを買おうとファミマへ行ったらe+では売り切れ。


ホテルに戻って、パソコンでぴあから申しこんだら...

なんということでしょう。

S席がちょうど空いてたよ。しかも通路側から連番。ほとんど奇跡だな。博多のバスターミナルから直通バスでドームへ。実はヤフオクドームは2回目です。

image









7回の黄色い風船

image









勝利の白い風船

前回は10年ぐらい前かな。今回も楽しく観戦させてもらいたよ。ヤフオクドームは見やすくて良いね。ソフトバンクは秘密兵器のバンデンハークが初先発、見事な投球で勝ち投手になりましたよ。お約束の勝利の花火とドーム屋根オープンもばっちり見れましたよ。

image









実は席の前の方に白人の中年夫妻とマッサン嫁似のきれいなお姉さんが居たんだが、なんとバンデンハークのご両親と奥様でした。帰る時に声をかけて握手してもらいましたわ。もちろん奥様だけね(笑)

image









実はできれば、ぎゅーっとハグしたかったのは秘密だ(笑)

loco_maxx at 01:15コメント(0) 

2015年04月28日

シンコ・デ・マヨ・フェスティバル



GWの行事を見てたら、こんなのあるのね。まぁ、おいらが知らなかっただけなんだが(笑)

シンコ・デ・マヨ( Cinco de Mayo)ってのは、スペイン語で5月5日の意味なんだが、メヒコでは大切な祝日でね。1862年5月5日にプエブラの会戦で圧倒的に数が劣るサラゴサ将軍が率いるメキシコ軍が、50年間無敗だったフランス軍を奇跡的に撃退した日なんだな。

まぁ、そんなこと知らなくても楽しめそうだ。残念ながらおいらは行けないけどな。



【東京・代々木公園 大阪・大阪城公園】

シンコ・デ・マヨ・フェスティバル
アメリカ大陸の文化を思いっきり楽しもう!

アメリカやメキシコ、ペルーやキューバなどアメリカ大陸のカルチャーが集合するイベントが東京と大阪で開催されます。音楽やダンスが楽しめるステージが行われ、ドリンクやフードが味わえるグルメ屋台なども登場。ラテン文化のにぎやかな雰囲気が堪能できます。

【期間】
東京5月3日(日)、4日(月)
大阪5月4日(月)〜6日(水)
【料金】入場無料

loco_maxx at 12:50 

2014年11月21日

【北陸新幹線開業】 ANA 小松―羽田便を小型化

北陸新幹線が開通すると飛行機にも影響が大きくなるわけだが、ANAは利用機材を小型化して便数を減らさないと発表した。まぁ、ぶっちゃけ便数は減るだろうな。おそらくJALも同じような対応になるだろ。



小松―羽田便を小型化 全日空、新幹線開業日から 6往復は維持

北國新聞社 11月21日(金)2時36分配信

 全日本空輸は来年3月14日の北陸新幹線金沢開業日から、1日6往復運航する小松―羽田便、富山―羽田便の機材を小型化する方針を固めた。新幹線開業で 航空需要の落ち込みが避けられないと判断し、便数を維持するための措置。これにより、これまで「ドル箱路線」として、機材の大型化や増便を繰り返してきた 羽田便から大型機が姿を消すことになる。すでに石川、富山両県の関係者に説明を始めており、12月下旬にも正式発表する。


 機材の小型化は、当面は冬ダイヤが終わる来年3月28日までを予定する。来年3月29日からの夏ダイヤは未定で、同社は「利便性確保のために、今後も便数の維持は大前提に考えたい」(広報室)と話している。


 小松―羽田便は、大型のボーイング777(405席)が2往復、最新鋭のボーイング787(335席)は1往復している。新幹線開業後は、中型のボーイ ング767(270席)と小型のボーイング737(167席)を3往復ずつに切り替える計画で、787と767を使う富山―羽田便も767と737を3往 復ずつに改める方針だ。


 日本航空を含めた小松―羽田便の年間利用者数は、ほぼ右肩上がりで増え、2006年度に201万人を数えた。機材も大型化し、ジャンボジェットの愛称で 親しまれたボーイング747(約570席)なども投入されていた。リーマン・ショックや東日本大震災で利用者数は一時160万人前後に落ち込んだが、 2012年度から再び増加に転じ、13年度には173万人となった。


 全日空は13年の夏ダイヤから、1日5往復を6往復に増便したが、北陸新幹線開業後は旅客が新幹線に流れることが見込まれる。便数を維持するため、小型化に踏み切る。


 小松―羽田便をめぐっては、1日6往復運航する日本航空も北陸新幹線を意識し、ダイヤの見直しを検討している。一方、JR東日本の冨田哲郎社長は今月13日の会合で「鉄道と航空便のシェアが新幹線開業後に石川で8対2、富山で9対1になる」との見方を示している。


北國新聞社 最終更新:11月21日(金)2時36分

北國新聞社



loco_maxx at 07:10コメント(0) 
Archives
Categories
  • ライブドアブログ