点検・修理・整備等

2017年01月08日

【備忘録】レガシィGT30のバッテリーCaos N100D23L交換手順


ekカスタムとワゴンR(MH23S)に続いてレガシィGT30のバッテリーを交換したので、一応手順を備忘録を兼ねて記録しておきます。

まず、ボンネットを開けてバッテリーの取り付け状況を確認します。前の方にあるんで交換はかんたんです。バッテリー固定のステイを止めてあるナットは10mmです。端子も10mmでいけます。おいらは先に固定しているステーを外しました。

DSCN3675

奥のナットの上にケーブルを固定する樹脂部品がありますので、ケーブルを外して手で外します。ねじ込んであるだけなので簡単に外れます。新しく買ったバッテリー(右)と古いバッテリー、受け皿です。受け皿が汚いのは気のせいです(笑)

DSCN3680

レガシィのサイズだとBOSCHハイテックプレミアムはとても高いんで、またPanaのCaosです。もちろん新シリーズのC6です。製造年月日は2016年12月15日製造です。こちらは日本製。びっくりするほど新鮮なバッテリーです。



先にマイナスのバッテリー端子を外してから作業するんだが、バッテリーを交換するとナビやオーディオの設定がリセットされちゃうので、おいらはメモリーパックという秘密兵器を使ってます。



角型の9V電池を使っても良いんだけど、12Vでバックアップさせた方が良いと思うんで単三電池8本でバックアップしましたよ。



シガーソケットに電池をセットしたメモリーパックを挿して、キーをACCの位置にします。念のためパワーウインドウは事前に一番下に下げておきます。次に「+」端子を外してゴム手袋をかけます。バッテリーを上に持ち上げてあまり傾けないように取り出します。

ボックスは取り出さなくても良いけど軽く清掃するとよいでしょう。新しいバッテリーを入れてステーを取り付けて固定します。ケーブル固定の部品も元の位置に戻してケーブルを取り付けます。部品の取り付けは適当にねじ込むだけです。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

タミヤ 接点グリス[タミヤ]《取り寄せ※暫定》
価格:240円(税込、送料別) (2017/1/3時点)


先に「+」端子をつないで、「−」端子をつなぐ前にバッテリー固定具を取り付けて一番最後に「−」端子をつないで、メモリーパックを取り外せば完了です。参考までに新品の乾電池を使って3台交換して、乾電池は新品時1.6Vが1.47Vまで降下してました。まだ軽い仕事になら使えるでしょう。

あと、できれば端子には接点グリスを塗っておくと良いでしょう。

DSCN3684

取り付けた新しいCaosです。新しいC6シリーズにはクジラのテールのマークが付いてて、なかなか良い感じ。

交換後、セルの回り方全く違います。プラシーボ効果ながら、走りも力強くなったような気がしますぜ。これで3年はメンテフリーと信じたいね(笑)

loco_maxx at 22:28コメント(0) 

【バッテリー交換】レガシィGT30にPanasonic Caos 100D23L/C6取付


いよいよ冬本番、車検を受けてますます好調なレガシィなんだが、昨日もセルの回り方がダメで一発でエンジンがかからなかったので交換します。こういうのは勢いだ(笑)

レガシィのサイズだとBOSCHハイテックプレミアムはとても高いんで、またPanaのCaosです。もちろん新シリーズのC6です。製造年月日は2016年12月15日製造です。こちらは日本製。びっくりするほど新鮮なバッテリーです。



Caosは液面が見えないという欠点もあるんだが青くてかっこよいです。ただ、個人的にはBOSCHの方が好みかな(笑)

念のため充電しようかとも思ったけど、すぐに中距離を走る予定なので、そのまま取り付けることにします。専門用語でいう手抜きです(笑)

バッテリーを交換するとオーディオのプリセットとかがリセットされちゃうので、おいらはメモリーパックという秘密兵器を使ってます。



角型の9V電池を使っても良いんだけど、12Vでバックアップさせた方が良いと思うんで単三電池8本でバックアップしましたよ。



シガーソケットに電池をセットしたメモリーパックを挿して、キーをACCの位置にします。念のためパワーウインドウは事前に一番下に下げておきます。

DSCN3683

早速交換なんだが、バッテリーは車体にアースしてあるんで、ショート防止のためにバッテリーにつながるコードを「−」→「+」の順に外します。念のため外したコードにはゴム手袋をかけておくと安心です。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

タミヤ 接点グリス[タミヤ]《取り寄せ※暫定》
価格:240円(税込、送料別) (2017/1/3時点)


新しいバッテリーの端子にミニ四駆用の導電グリスを塗り込んだ後、「+」→「−」の順に接続した後、バッテリー本体を固定後、メモリーパックを取り外せば完了です。

レガシィGT30は前にバッテリーがあるんで交換は楽だね。バッテリーは意外に重いんだがCaosは比較的軽量で持ち手も付いているのでバッテリー交換がさらに楽です。販売店では持ち手を取っちゃうところもあるんだが、自分で交換する人は工夫して持ち手は取らない方が良いと思います。


DSCN3684

昨日から連続で3台目の交換なのでさくっと完了。今回の交換後でもメモリーはしっかり保持されてました。バックアップに使った電池はまだ使えるんで、他の用途に使いまわします。

交換後はセルの回りが軽やかで加速も良くなったような...

プラシーボでも素晴らしい!


いよいよ冬本番、車検を受けてますます好調なレガシィなんだが、この後3年はバッテリーの心配はないでしょ。

loco_maxx at 14:29コメント(0) 

2017年01月07日

【備忘録】eKカスタムとワゴンRのバッテリー交換手順


ekカスタムとワゴンR(MH23S)のバッテリーを交換したので、一応手順を備忘録を兼ねて記録しておきます。

まずeKカスタムのボンネットを開けてバッテリーの取り付け状況を確認します。結構奥に入っているので交換に手間取りそうだね。

端子とバッテリー固定は10mmのナットが使われています。先にマイナス端子を外しておかないとショートさせちゃいそうです。

DSCN3667

先にマイナスのバッテリー端子を外してから作業するんだが、バッテリーを交換するとナビやオーディオの設定がリセットされちゃうので、おいらはメモリーパックという秘密兵器を使ってます。



角型の9V電池を使っても良いんだけど、12Vでバックアップさせた方が良いと思うんで単三電池8本でバックアップしましたよ。



シガーソケットに電池をセットしたメモリーパックを挿して、キーをACCの位置にします。eKカスタムはブレーキを踏まずにスタートボタンを押すとACCになります。念のためパワーウインドウは事前に一番下に下げておきます。


BOSCHのバッテリーは液面が見えないという欠点もあるんだが黒くてかっこよいです。製造年月日は「6KR22」と刻印されてて、 2016年11月22日製造でとても新鮮。工場は韓国工場。念のため充電しようかとも思ったけど、製造年月日が新しいし、すぐに走るので、そのまま取り付けることにしました。

DSCN3669

バッテリー固定のナットを緩めて固定具を外しておきます。バッテリーは車体にアースしてあるんで、ショート防止のために「−」バッテリー端子は先に外してゴム手袋をかけてあります。

次に「+」端子を外してゴム手袋をかけます。ボックスと一緒にバッテリーを上に持ち上げてあまり傾けないように取り出します。スペースが狭いのでバッテリーによっては少し傾けながら取り出すことになるかもしれません。傾けすぎて希硫酸をこぼさないように要注意です。写真のようにボックス毎取り出せます。

DSCN3668

ボックスに向きを間違えないようにバッテリーを入れて元の位置に戻します。端子には接点グリスを塗っておくとより良いでしょう。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

タミヤ 接点グリス[タミヤ]《取り寄せ※暫定》
価格:240円(税込、送料別) (2017/1/3時点)


先に「+」端子をつないで、「−」端子をつなぐ前にバッテリー固定具を取り付けて一番最後に「−」端子をつないで、メモリーパックを取り外せば完了です。

DSCN3672

黒くてインジケーターも手前に見えて、なかなか良い感じでしょ。

次はワゴンRのバッテリーの交換です。eKカスタムに付けていたAQ(オートバックスクオリティ 日立化成製)をワゴンRへ取り付けます。AQは製造年月日が2016年10月30日。ekに取り付けて2週間ぐらいなので全く問題ないです。

DSCN3673

ワゴンRは手前にバッテリーが付いているので交換が楽です。今回も秘密兵器を使ったのでメモリー保持のまま、さくっと完了。固定具のナットが前後で径が違っててびっくり。おそらく前に作業した時に紛失して適当なナットと交換したんだろうと思います。取っ手は外して捨てちゃうしナットは紛失するしでABは油断なりませんな(笑)

ボンネット開けないすべておまかせっていう人ならわからないから、これで良いんだろうけどね。

DSCN3674

メンテフリーのハイパワーバッテリーもちょい乗りと乗りっぱなし攻撃には3年ちょいしか持ちませんでした。充電すれば復活しそうな気もするんだが、一回上がったバッテリーは交換した方が良いだろう。

交換後はセルの回りが軽やかで加速も良くなったような...

プラシーボでも素晴らしい!


いよいよ冬本番、車検を受けてますます好調なレガシィなんだが、昨日もセルの回り方がダメで一発でエンジンがかからなかったので交換決定です。レガシィのサイズだとBOSCHハイテックプレミアムはとても高いんで、またCAOSです。明日到着するんで、交換する予定ですぜ。

loco_maxx at 16:25コメント(0) 

【バッテリー交換】eKカスタムにBOSCHハイテックプレミアム HTP-60B19L取付


届いたバッテリーが液漏れしていておったまげーだったんだが、販売業者のアットマックスがすぐに代替え品を送ってくれたので、さっそく交換します。

面倒なんだが電装品が多いeKカスタムにBOSCHを取り付けて、eKカスタムに付けていたAQ(オートバックスクオリティ 日立化成製)をワゴンRへ取り付けることにします。AQは製造年月日が2016年10月30日で取り付けて2週間ぐらいなので全く問題ないです。ワゴンRは純正で付いているのは38B20Lなんだが、現在付いているのがB19Lなんで、今回もB19Lで交換します。


BOSCHのバッテリーは液面が見えないという欠点もあるんだが黒くてかっこよいです。製造年月日は「6KR22」と刻印されてて、 2016年11月22日製造でとても新鮮。工場は韓国工場。念のため充電しようかとも思ったけど、製造年月日が新しいし、すぐに走るので、そのまま取り付けることにしました。

バッテリーを交換するとオーディオのプリセットとかがリセットされちゃうので、おいらはメモリーパックという秘密兵器を使ってます。



角型の9V電池を使っても良いんだけど、12Vでバックアップさせた方が良いと思うんで単三電池8本でバックアップしましたよ。



シガーソケットに電池をセットしたメモリーパックを挿して、キーをACCの位置にします。念のためパワーウインドウは事前に一番下に下げておきます。

早速交換なんだが、バッテリーは車体にアースしてあるんで、ショート防止のためにバッテリーにつながるコードを「−」→「+」の順に外します。念のため外したコードにはゴム手袋をかけておくと安心です。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

タミヤ 接点グリス[タミヤ]《取り寄せ※暫定》
価格:240円(税込、送料別) (2017/1/3時点)


新しいバッテリーの端子にミニ四駆用の導電グリスを塗り込んだ後、「+」→「−」の順に接続した後、バッテリー本体を固定後、メモリーパックを取り外せば完了です。

ワゴンRは前にバッテリーがあるんで交換は楽なんだが、eKカスタムは奥にバッテリーがあって半分隠れているようになってるのでバッテリー交換がやり難いです。もちろん慎重にやれば大丈夫なんだが、バッテリーは意外に重いので要注意。しかもオートバックスでバッテリーを取り付けてもらうと、もともと付いてた持ち手を外しちゃうので、こっちは有難迷惑だす(笑)

交換後でもメモリーはしっかり保持されていましたわ。バックアップに使った電池はまだ使えるんで、他の用途に使いまわします。

交換後はセルの回りが軽やかで加速も良くなったような...

プラシーボでも素晴らしい!


いよいよ冬本番、車検を受けてますます好調なレガシィなんだが、昨日もセルの回り方がダメで一発でエンジンがかからなかったので交換決定です。レガシィのサイズだとBOSCHハイテックプレミアムはとても高いんで、またCAOSです。明日到着予定なんで、到着次第交換の予定です。

loco_maxx at 13:45コメント(0) 

2016年12月31日

【またまたバッテリー上がり】 実家のワゴンR(MH23S)


夜に実家からワゴンRのエンジンがかからないとのSOSがあり、いやいや出動(笑)

状況は完全にバッテリー上がりなんだが、これから出かけるとのことなので応急措置でジャンプしてエンジンをかけても出先でエンジンがまたかからなくなる可能性があると告げ、バッテリーを取り外して充電開始。よく聞いたら、今年、出先でスモール点けっぱなしでバッテリーが上がり、ジャンプで助けてもらったことがあったらしい。交換した方が良さそうね。

image









もう年末なんで新品に交換するにしろ、GSとかで交換するしかないので、とりあえずお正月を乗り切るための一時的な対応として充電します。お正月が明けたら新品に交換しますぜ。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

大自工業製品 RC-20 リアル チャージャー
価格:2846円(税込、送料別) (2016/12/30時点)


バッテリーはオートバックスの旧製品オートグリッドの40B19L。ハイパワータイプで製造は新神戸(日立化成)です。聞いてもういつ買ったかがわからんと言うんだが、製造番号が160413Sとなってるので2013年4月16日製造なんかな。

そうなると3年以上前に購入したと思われる。早すぎるとは思うんだがちょい乗りばかリでバッテリーが弱っていたところに、スモール点けっぱなしと寒さで一気にとどめを刺されたんだろう。


充電器は10年以上前に購入した大自自動車のDAISY SL-3って奴です。12V、2Aでじわじわ充電するんで結構使えます。現行商品はRC-20ってのが安く出てます。

image









夜21個頃に充電開始して、翌日の9時頃に一旦終了。取り付けてエンジン起動OKです。新品に交換するんで、とりあえずお正月明けまで頑張ってもらいたいね。


ワゴンRは20Lが標準なんだが、互換性のある19Lで良いだろ。なにしろ安いしね。交換するバッテリーは、ちょい乗りばかリの乗り方なんで60B19Lのメンテフリータイプを考えてます。BOSCHかなぁ...


loco_maxx at 10:56コメント(0) 
Archives
Categories
  • ライブドアブログ