スタッドレスタイヤ

2017年11月25日

【2017-2018 スタッドレス 】 155/65R14 オートバックスのノーストレックN3i 軽自動車用(その2)

最近「ノーストレックN3」や「ノーストレックN3i」で検索して来てくれる方が多いので、ちょっと書き足してまとめてみました。ノーストレックシリーズというのはオートバックスのオリジナルダイヤで2015年に発売された比較的新しいモデルです。

オートバックスオリジナルスタッドレス 『ノーストレックN3i』 発売

オートバックスオリジナルスタッドレス 『ノーストレックN3i』を9/1に発売。

商品特長:高い氷雪上性能はそのままに、さらにライフ性能と操縦安定性能が進化。 
※トレッドパターンはN3と同じです。

ノーストレックN3から引き継がれた技術により、スタッドレスタイヤとしての高い基本性能を確保。

新コンパウンドの採用で、接地面の柔軟性とタイヤ全体の高剛性を同時に確立。

氷上ブレーキ性能を維持しつつ、摩耗とスタッドレスタイヤ特有のふらつきを抑え、安定感のある走りを実現しました。


ノーストレックN3iは2015年9月発売で、ノーストレックシリーズの4世代目になります。パターンは2008年の物ながら、コンパウンドは新テクノロジーの物になったということでしょう。

N3iの製造は住友ゴムの白河工場で、ここはファルケンのEPZ-F、GoodYearのICE NAVI6、ICENAVI7DUNLOPのDSX2、WINTERMAXX01、WINTERMAXX02などを製造している工場です。

今回は軽自動車用を紹介したいと思います。155/65R14や165/55R15を履いているモデルでも下位モデルで145/80R13を履いているなら、145/80R13が履ける場合があります。うちのワゴンR(MH23S)やアルト(HA36S)はこのサイズを履いています。


このサイズなら普及品扱いになったDUMLOP WINTERMAXX01もこの価格です。組み込み済なのですぐに車に付けることができます。販売店でも同じような価格表示の時がありますが別に組み替え代やバランス代がかかる場合がありますので要確認ね。ノーストレックN3iもWINTERMAXX01も性能的にはほぼ同じ程度の商品でしょう。


去年までのベストチョイスのブリヂストンVRXやYOKOHAMA IG50+も3万円台で売ってます。


今年はほんとうにお買い得モデルが多いです。去年までのトップモデルがかなり安く手に入りますね。タイヤが値上がりするからとあわてて買った人はお気の毒です。


私が今年一番のお買い得モデルと思う今年の新モデルICENAVI7ならこの価格です。サイズが上がるにしたがってお買い得度が上がっていきますね。この価格差が気にならないならVRXとかIG50+を購入してもよいかもしれません。

ノーストレックN2もN3も、まだ特売用目玉商品として売ってるんだが、今から買うなら絶対にN3iです。さらに今年のお買い得モデルとして旧製品となったICE NAVI6、WinterMaxx01、VRXとかも狙い目でしょう。ただし、製造年の古いものをつかまないように注意ね。

今年は新モデルの当たり年です。スタッドレスタイヤの発売年を簡単にまとめてみました。迷ったら新しいモデルが良いと思います。

2005  IG20 ヨコハマ
2006  REVO2 ブリヂストン
2006  GARIT G4 トーヨー
2007  EPZ ファルケン
2007 ノーストレックN2 オートバックス
2008  ICE GUARD 3 ヨコハマ
2008  X-ICE XI2 ミシュラン
2008 Winter TRANPATH MK4 トーヨー
2009  REVO GZ ブリヂストン
2009  ICE NAVI ZEA供.哀奪疋ぅ筺
2009  GARIT G5 トーヨー
2009  DSX ダンロップ
2009 GRANDTREK SJ7 ダンロップ
2010  ICE GUARD 30 PLUS ヨコハマ
2011  DSX-2 ダンロップ
2011 Winter TRANPATH MK4α トーヨー
2012  ICE CONTROL ピレリ
2012  ICE GUARD 5(IG50)ヨコハマ
2012  WINTER MAXX(01) ダンロップ
2013  REVO VRX ブリヂストン
2013 Winter TRANPATH MK4α トーヨー
2013 ノーストレックN3 オートバックス
2013  X-ICE XI3 ミシュラン
2013 WINTER MAXX SJ8 ダンロップ
2013 OBSERVE GSi-5 トーヨー
2013  ICE NAVI6  グッドイヤー
2014  GARIT GIZ  トーヨー
2014  ICE ASIMMETRICO ピレリ
2015  ICE GUARD 5 PLUS ヨコハマ
2015 ノーストレックN3i オートバックス
2015  DSX-2 ダンロップ (新コンパウンド)
2015  EPZ F ファルケン
2016  WINTER MAXX02 ダンロップ
2016 
iceGUARD SUV G075 ヨコハマ
2017 REVO VRX2※ ブリヂストン
2017 ICE NAVI7※ グッドイヤー
2017 ICE GUARD6※ ヨコハマ
2017 X-ICE3+※  ミシュラン
2017 Winter TRANPATH TX※ トーヨー

太字はお勧めモデル、※は2017年の新製品

今なら、ノーストレックN3iなどを楽天市場のオートバックスで購入して、実店舗で受け取るとポイントアップのキャンペーンもやってますね。オートバックスと言えば、お安いピレリ製のアシンメトリコも魅力的ですな。

スタッドレス商戦は宴たけなわです。少しでも遅くなるとどんどん良いものがなくなります。厳しい第三者の目でwお買い得モデルを探して紹介してきたいと思います。

loco_maxx at 18:40コメント(0) 

【2017-2018 スタッドレス 】 145/80R13 オートバックスのノーストレックN3i 軽自動車用(その1)

最近「ノーストレックN3」や「ノーストレックN3i」で検索して来てくれる方が多いので、ちょっと書き足してまとめてみました。ノーストレックシリーズというのはオートバックスのオリジナルダイヤで2015年に発売された比較的新しいモデルです。

オートバックスオリジナルスタッドレス 『ノーストレックN3i』 発売

オートバックスオリジナルスタッドレス 『ノーストレックN3i』を9/1に発売。

商品特長:高い氷雪上性能はそのままに、さらにライフ性能と操縦安定性能が進化。 
※トレッドパターンはN3と同じです。


ノーストレックN3から引き継がれた技術により、スタッドレスタイヤとしての高い基本性能を確保。

新コンパウンドの採用で、接地面の柔軟性とタイヤ全体の高剛性を同時に確立。

氷上ブレーキ性能を維持しつつ、摩耗とスタッドレスタイヤ特有のふらつきを抑え、安定感のある走りを実現しました。


ノーストレックN3iは2015年9月発売で、ノーストレックシリーズの4世代目になります。パターンは2008年の物ながら、コンパウンドは新テクノロジーの物になったということでしょう。

N3iの製造は住友ゴムの白河工場で、ここはファルケンのEPZ F、GoodYearのICE NAVI6、ICENAVI7、DUNLOPのDSX2、WINTERMAXX01、WINTERMAXX02などを製造している工場です。

今回は軽自動車用を紹介したいと思います。155/65R14や165/55R15を履いているモデルでも下位モデルで145/80R13を履いているなら、145/80R13が履ける場合があります。うちのワゴンR(MH23S)やアルト(HA36S)はこのサイズを履いています。


このサイズなら普及品扱いになったDUMLOP WINTERMAXX01もこの価格です。組み込み済なのですぐに車に付けることができます。販売店でも同じような価格表示の時がありますが別に組み替え代やバランス代がかかる場合がありますので要確認ね。ノーストレックN3iもWINTERMAXX01も性能的にはほぼ同じ程度の商品でしょう。


去年までのベストチョイスのブリヂストンVRXやYOKOHAMA IG50+も3万円台前半で売ってます。


今年はほんとうにお買い得モデルが多いです。去年までのトップモデルがかなり安く手に入りますね。タイヤが値上がりするからとあわてて買った人はお気の毒です。


私が今年一番のお買い得モデルと思う今年の新モデルICENAVI7もこの価格です。ただ、この価格差ならVRXとかIG50+を購入した方がよいかもしれません。

ノーストレックN2もN3も、まだ特売用目玉商品として売ってるんだが、今から買うなら絶対にN3iです。さらに今年のお買い得モデルとして旧製品となったICE NAVI6、WinterMaxx01、VRXとかも狙い目でしょう。ただし、製造年の古いものをつかまないように注意ね。

今年は新モデルの当たり年です。スタッドレスタイヤの発売年を簡単にまとめてみました。迷ったら新しいモデルが良いと思います。

2005  IG20 ヨコハマ
2006  REVO2 ブリヂストン
2006  GARIT G4 トーヨー
2007  EPZ ファルケン
2007 ノーストレックN2 オートバックス
2008  ICE GUARD 3 ヨコハマ
2008  X-ICE XI2 ミシュラン
2008 Winter TRANPATH MK4 トーヨー
2009  REVO GZ ブリヂストン
2009  ICE NAVI ZEA供.哀奪疋ぅ筺
2009  GARIT G5 トーヨー
2009  DSX ダンロップ
2009 GRANDTREK SJ7 ダンロップ
2010  ICE GUARD 30 PLUS ヨコハマ
2011  DSX-2 ダンロップ
2011 Winter TRANPATH MK4α トーヨー
2012  ICE CONTROL ピレリ
2012  ICE GUARD 5(IG50)ヨコハマ
2012  WINTER MAXX(01) ダンロップ
2013  REVO VRX ブリヂストン
2013 Winter TRANPATH MK4α トーヨー
2013 ノーストレックN3 オートバックス
2013  X-ICE XI3 ミシュラン
2013 WINTER MAXX SJ8 ダンロップ
2013 OBSERVE GSi-5 トーヨー
2013  ICE NAVI6  グッドイヤー
2014  GARIT GIZ  トーヨー
2014  ICE ASIMMETRICO ピレリ
2015  ICE GUARD 5 PLUS ヨコハマ
2015 ノーストレックN3i オートバックス
2015  DSX-2 ダンロップ (新コンパウンド)
2015  EPZ F ファルケン
2016  WINTER MAXX02 ダンロップ
2016 
iceGUARD SUV G075 ヨコハマ
2017 REVO VRX2※ ブリヂストン
2017 ICE NAVI7※ グッドイヤー
2017 ICE GUARD6※ ヨコハマ
2017 X-ICE3+※  ミシュラン
2017 Winter TRANPATH TX※ トーヨー

太字はお勧めモデル、※は2017年の新製品

今なら、ノーストレックN3iなどを楽天市場のオートバックスで購入して、実店舗で受け取るとポイントアップのキャンペーンもやってますね。オートバックスと言えば、お安いピレリ製のアシンメトリコも魅力的ですな。

スタッドレス商戦は宴たけなわです。少しでも遅くなるとどんどん良いものがなくなります。厳しい第三者の目でwお買い得モデルを探して紹介してきたいと思います。

loco_maxx at 18:25コメント(0) 

2017年11月09日

【2017-2018スタッドレス】215/50R17 GoodYear ICE NAVI7 今年一番のお買得セット



スタッドレスタイヤの検索でうちへ来てくれる人がたくさんいるので遅ればせながら今年もスタッドレスタイヤの記事を書きますね。今年はスタッドレスタイヤの新型モデルがたくさん出て選択肢が増えた年ですね。

代表格はブリヂストンのVRX2、ヨコハマのICE GARDE60(以下IG)でしょう。予算が十分にある方はこれを買っておけば間違いありません。おそらくどちらを選んでも性能的に大差はないはずです。旧型になるVRXやIG50Plusでも十分な性能を持ってます。



さらに今年の新製品としてGoodYearからICE NAVI7が出ました。昨年はDunlopからWinterMaxx02が出てます。このモデルでブリヂストンやヨコハマの旧製品のレベルはクリアしているのではないかと考えます。どちらのモデルも住友ゴムグループの白河工場で作ってると思われますので性能的には間違いないです。旧製品のWinterMaxx01やICE NAVI6もお値段がお手頃になり、今年の狙い目かもしれません。

同グループでは昨シーズンからWinterMaxxと同様の新型コンパウンドを採用しています。そういえば表向き廃版でタイヤセレクト(DUNLOP販売店)専売モデルになったDSX2も最終モデルからひっそりと新コンパウンドになってます。安ければ買いでしょう。

17インチのお買い得セットでは文句なしにこれでしょう。2017年製が間違いないICE NAVI7でこの値段です。


ちょっと高くなるけどこんなデザインも選べます。


オフセットも選べるのでいろんな車に装着可能と思います。

検索数No.1のオートバックスのノーストレックですが、住友グループ製造で去年のモデルは白河工場製でしたわ。最新モデルのN3iからWinterMaxxと同様のコンパウンドになっているので、値段に納得できれば買って良いと思います。最新モデルと比べると氷上性能はやや落ちるものの、おそらくWinterMaxx01、ICE NAVI 6、ファルケンEPZ Fとほぼ同性能と予想されます。


楽天市場でも今年からノーストレックN3iを扱いだしていて、楽天で購入してオートバックスで受け取るとボーナスポイントがもらえるキャンペーンをやってるので近くに実店舗がある人は利用してみてはいかがでしょう。

11月中はスタッドレスタイヤの記事をぼちぼち書きますかね。車種別とか発売時期別とかで参考にしていただければ幸いです。


loco_maxx at 00:11コメント(0) 

2017年11月04日

【2017-2018 スタッドレス 】 オートバックスのノーストレックN3iは買いなのか?

最近「ノーストレックN3」や「ノーストレックN3i」で検索して来てくれる方が多いので、ちょっと書き足してまとめてみました。ノーストレックシリーズというのはオートバックスのオリジナルダイヤで2015年に発売された比較的新しいモデルです。

オートバックスオリジナルスタッドレス 『ノーストレックN3i』 発売

オートバックスオリジナルスタッドレス 『ノーストレックN3i』を9/1に発売。

商品特長:高い氷雪上性能はそのままに、さらにライフ性能と操縦安定性能が進化。 
※トレッドパターンはN3と同じです。


ノーストレックN3から引き継がれた技術により、スタッドレスタイヤとしての高い基本性能を確保。

新コンパウンドの採用で、接地面の柔軟性とタイヤ全体の高剛性を同時に確立。

氷上ブレーキ性能を維持しつつ、摩耗とスタッドレスタイヤ特有のふらつきを抑え、安定感のある走りを実現しました。


ノーストレックN3iは2015年9月発売で、ノーストレックシリーズの4世代目になります。パターンは2008年の物ながら、コンパウンドは新テクノロジーの物になったということでしょう。

N3iの製造は住友ゴムの白河工場で、ここはファルケンのEPZ、DUNLOPのDSX-2、WINTERMAXXを製造している工場です。


今シーズンはカタログ落ちして、タイヤセレクト(DUNLOP販売店)専売モデルになったDSX-2も初期モデルと昨2016年以降モデルではコンパウンドが違うし、ファルケンのEPZも新コンパウンドのEPZ Fとなっています。おそらく2016年シーズン以降は住友ゴム系のスタッドレスは新コンパウンドに切り替わったようですね。

環境面への配慮もあってグラス系の配合をやめたようです。まぁ、TOYOは新型でも鬼グルミとか混ぜてるけど、グラスとか環境に悪そうな混ぜ物は止めるというトレンドになってきてるんだろね。鬼グルミは比較的環境に優しいので新しいモデルのGIZでもそのままって感じなのかね。

個人的にはGARIT G4とG5を使っていたことがあるんで、結構好印象です。ただ、GARIT GIZはあんまり売ってないね。売ってても高いし...


ノーストレックN2もN3も、まだ特売用目玉商品として売ってるんだが、今から買うなら絶対にN3iです。さらに今年のお買い得モデルとして旧製品となったICE NAVI6、WinterMaxx01、VRXとかも狙い目でしょう。ただし、製造年の古いものをつかまないように注意ね。

今年は新モデルの当たり年です。スタッドレスタイヤの発売年を簡単にまとめてみました。迷ったら新しいモデルが良いと思います。

2005  IG20 ヨコハマ
2006  REVO2 ブリヂストン
2006  GARIT G4 トーヨー
2007  EPZ ファルケン
2007 ノーストレックN2 オートバックス
2008  ICE GUARD 3 ヨコハマ
2008  X-ICE XI2 ミシュラン
2008 Winter TRANPATH MK4 トーヨー
2009  REVO GZ ブリヂストン
2009  ICE NAVI ZEA供.哀奪疋ぅ筺
2009  GARIT G5 トーヨー
2009  DSX ダンロップ
2009 GRANDTREK SJ7 ダンロップ
2010  ICE GUARD 30 PLUS ヨコハマ
2011  DSX-2 ダンロップ
2011 Winter TRANPATH MK4α トーヨー
2012  ICE CONTROL ピレリ
2012  ICE GUARD 5(IG50)ヨコハマ
2012  WINTER MAXX(01) ダンロップ
2013  REVO VRX ブリヂストン
2013 Winter TRANPATH MK4α トーヨー
2013 ノーストレックN3 オートバックス
2013  X-ICE XI3 ミシュラン
2013 WINTER MAXX SJ8 ダンロップ
2013 OBSERVE GSi-5 トーヨー
2013  ICE NAVI6  グッドイヤー
2014  GARIT GIZ  トーヨー
2014  ICE ASIMMETRICO ピレリ
2015  ICE GUARD 5 PLUS ヨコハマ
2015 ノーストレックN3i オートバックス
2015  DSX-2 ダンロップ (新コンパウンド)
2015  EPZ F ファルケン
2016  WINTER MAXX02 ダンロップ
2016 
iceGUARD SUV G075 ヨコハマ
2017 REVO VRX2※ ブリヂストン
2017 ICE NAVI7※ グッドイヤー
2017 ICE GUARD6※ ヨコハマ
2017 X-ICE3+※  ミシュラン
2017 Winter TRANPATH TX※ トーヨー

太字はお勧めモデル、※は2017年の新製品

今なら、ノーストレックN3iなどを楽天市場のオートバックスで購入して、実店舗で受け取るとポイントアップのキャンペーンもやってますね。オートバックスと言えば、お安いピレリ製のアシンメトリコも魅力的ですな。


スタッドレス商戦は宴たけなわです。少しでも遅くなるとどんどん良いものがなくなります。厳しい第三者の目でwお買い得モデルを探して紹介してきたいと思います。

loco_maxx at 16:15コメント(0) 

2017年11月03日

【2017-2018スタッドレス】GoodYear ICE NAVI7 今年一番のお買得モデルか?



スタッドレスタイヤの検索でうちへ来てくれる人がたくさんいるので遅ればせながら今年もスタッドレスタイヤの記事を書きますね。今年はスタッドレスタイヤの新型モデルがたくさん出て選択肢が増えた年ですね。

代表格はブリヂストンのVRX2、ヨコハマのICE GARDE60(以下IG)でしょう。予算が十分にある方はこれを買っておけば間違いありません。おそらくどちらを選んでも性能的に大差はないはずです。旧型になるVRXやIG50Plusでも十分な性能を持ってます。



さらに今年の新製品としてGoodYearからICE NAVI7が出ました。昨年はDunlopからWinterMaxx02が出てます。このモデルでブリヂストンやヨコハマの旧製品のレベルはクリアしているのではないかと考えます。どちらのモデルも住友ゴムグループの白河工場で作ってると思われますので性能的には間違いないです。旧製品のWinterMaxx01やICE NAVI6もお値段がお手頃になり、今年の狙い目かもしれません。

同グループでは昨シーズンからWinterMaxxと同様の新型コンパウンドを採用しています。そういえば表向き廃版でタイヤセレクト(DUNLOP販売店)専売モデルになったDSX2も最終モデルからひっそりと新コンパウンドになってます。安ければ買いでしょう。


福井もそれなりに雪が降るんだが、意外にDunlop系が強くてまだまだDSX2履いてる人も多いです。湿り雪にはVRXよりDSX2が良いと主張する人もいて、新コンパウンドでない旧タイプでも不満はそれほどないですね。


検索数No.1のオートバックスのノーストレックですが、住友グループ製造で去年のモデルは白河工場製でしたわ。最新モデルのN3iからWinterMaxxと同様のコンパウンドになっているので、値段に納得できれば買って良いと思います。最新モデルと比べると氷上性能はやや落ちるものの、おそらくWinterMaxx01、ICE NAVI 6、ファルケンEPZ Fとほぼ同性能と予想されます。


楽天市場でも今年からノーストレックN3iを扱いだしていて、楽天で購入してオートバックスで受け取るとボーナスポイントがもらえるキャンペーンをやってるので近くに実店舗がある人は利用してみてはいかがでしょう。

11月中はスタッドレスタイヤの記事をぼちぼち書きますかね。車種別とか発売時期別とかで参考にしていただければ幸いです。


loco_maxx at 15:27コメント(0) 
Archives
Categories
  • ライブドアブログ