ロコズ -イベント企画運営- Produce by Inspireのブログ

西池袋のハワイアンカフェ&レストラン 「 ロコズキッチン 」 お店の情報を色々お知らせしていきたいです

こんばんは。久々に投稿します。ロコズの履歴書です。今回9話は「東日本大震災」です。ロコズの履歴書を語るには避けては通れない話です。今回は少し長文ですが、宜しくお願い致します。

2011年3月11日(金)、暖かな陽気でした。私はいつも通りに店をオープン。大学は春休みで、ロコズがある立教大学界隈は人気もなく周辺の飲食店もお客様はまばらでした。ランチタイムも終わり一息。この日はオープンから気になっていたのだけれど、なかなか来れなくて…でも卒業前にやっと来れました!という立教女子が遊びに来てくれました。嬉しくて和気あいあいと話が弾んでいた穏やか午後…そんな時に突然やってきました。

地面からズンという衝撃!すぐに地震だと分かりました。でもいつも突き上げてくる衝撃がこれまで経験したことない位強い。これはもしかしたらデカイのが来たかも⁉︎棚に重ねてある食器もガタガタ揺れ始めグラスも倒れた。今までこんなに揺れた事はありません。またロコズが入っていたビルは外壁塗装工事の最中で、ビルの上まで作業用の足場が組まれていました。足場もガッシャンガッシャンと凄まじい音を立てて崩れんばかりの勢い。他の店のオーナーさんやお客様、周辺を歩いていた通行人、皆が右往左往して大騒ぎ。悲鳴も聞こえてきました。ロコズの店内に居た嫁さんとお客様の立教女子も驚いて店外に出ようとしました。しかし、すかさず「このビルは古いけど頑丈だから大丈夫。外の方が危ない。」と店内に留まってもらいました。どの位揺れていたのか記憶はありません…が、やっと地震が収まりました。幸い店内はグラスが数個が割れた位で被害はなし。それから間もなくして何処から湧いてきたのかいう位の人がロコズの隣りにある公園に避難して来ました。多分500人以上居たんじゃないかと思います。そして少しすると今度は周りの店のオーナーさん達が店を閉めて帰ってしまいました。多分こんな地震の後に店を開けていても商売にならないだろうと判断したのでしょう。それならうちも帰ろうとクローズ作業を開始。片付けをしていると近所の池袋駅構内飲食店の知人が様子を伺いに来店。「あれっ!店はどうしたんですか?」と聞くと、なんと電車が全て不通になり駅も閉鎖。駅構内店舗も閉店を余儀無くされ、全ての人が駅から退場させられ街中が人だらけだと聞きました!「何それ⁉︎それじゃウチらも家に帰れないじゃん!」当時、私達の自宅はさいたま市にあり池袋まで毎日電車通勤していました。自宅に帰れない。仕方ない。嫁さんの実家に連絡し、車で迎えに来てもらう事になりました。じゃあそれまでは帰れないからロコズは開けておこう。するとチョロチョロとお客様が来店。
「地震大丈夫でしたか?」尋ねると、
「周辺の店はみんな臨時休業、鉄道も動かない。避難場所もない。ひと息つく所を探していたらここが開いててさ!助かった。」と言われました。その後もお客様が続々来店し大混雑!夕方になり外も冷えてきて、ひと息つきたいとお客様は来店し店内は常に満席。店内に急遽席を増やして対応。また夕方になると外は冷えて来たので暖を取るため飲食利用しない方も店内へ誘導もしました。携帯も繋がり辛く店の固定電話も解放。
そして立教大学が施設を大規模避難所として開放しました。21:00位だったと思います。皆さん移動されて行き店内頑丈ノーゲスに。
やっと閉店し落ち着いたら「あさの〜」とどこかで聞いた事ある声。何と!以前勤務していた、そして今もお世話になっている会社のAさんが来店!電車が止まっていたため渋谷から池袋まで歩いて帰って来たらしく、クタクタでやっとの思いでロコズにたどり着いたとの事でした。ちょうど実家の両親も車で到着。余った食材で賄いを作り車で自宅まで送りました。
今まで感じた事がない地震でしたが、まさかこれ程までの大震災だったとは…それは深夜自宅に帰宅しテレビを見るまで分からず、事態は想像を遥かに超える大震災でした。

今日は会社員の方のblogです❗️久々に投稿して頂きました😊ライター那須さん、デザイナーさっさんいつも素敵なblogありがとうございます🌺
http://www.tenpo.biz/tentsu/entry/2017/04/27/100000

今秋10月中旬頃、千葉県野田市清水公園様「運営会社:千秋社様」とハワイアンイベント🌺をプロデュースします😊ウクレレ🎸あり、フラ💃あり🌴出演者、参加者、スタッフ、出店者、協賛、後援など詳細は後ほど発表致します❗️プロジェクト第1弾です。皆様、何卒宜しくお願い致します‼️

このページのトップヘ