ぼそっと

2008年02月28日

横浜みなとみらいホール「1ドルコンサート」

みなとみらいホールの1ドルコンサートに行ってきました。

今月2月はホールオルガニストの三浦はつみさん、トランペットの高橋敦さん、オーボエの福井貴子さんのアンサンブルで豪華版!100円で至福のときを過ごせましたよ♪

野田さんと私も去年の5月に出演させて頂いた1ドルコンサート。インターンが終わってからも出来るだけ聴きに来ようと思っています。

自分の演奏に向き合うばかりでなく、人の演奏をたくさん聴くことはとても大事ですね。もちろんオルガンに限らず、オーケストラや歌、ピアノ、などの演奏会も絵も芸術も全部。私生活も?。色々なものがいつか自分の演奏にかえってくる。

だから芸術家は苦労した方がイイ!とか言われるんですかね?
苦労???・・・してますかね、笑。

来月のオルガン・1ドルコンサートは
3月19日(水)
「春よ、こい!」
演奏者:崎山裕子さん

loewenzahn4160 at 02:18|Permalinkclip!

2008年01月17日

なつかしの街"Iserlohn"

kirche in iserlohn

随分時間が経ってしまいましたが11月下旬に、懐かしい街「ドイツ・イザローンIserlohn」に行ってきました。Iserlohnは、私が初めて一人でドイツへ行き『ゲーテ・インスティテュート(ドイツ語学校)』に2ヶ月間通ったなつかしの町です。あれは丁度ワールドカップの決勝がフランスとブラジル(確か・・・)を皆で見ていた記憶があるので、98年夏かな?ありゃま、今年で10年だ!

かすかな記憶をたどりながら町を歩いてみました。既にゲーテはなくなってしまい、どこが建物だったかさえも分かりませんでした。だけど、何度かオルガンを練習させてもらった教会(上の写真)は見つかりました!残念ながら中には入れなかったけれど。

その当時、オルガニストだった方は退職なさってましたが、なんとなく体が覚えてた方向をたどって、あの頃彼が住んでいた家へ行ってみました。この辺かなと思う所を一軒一軒ポストで名前を確認してやっと見つかりました!当時、私が教会の鍵を取りに行くといつも奥様が誘ってくださり、お庭でお茶とケーキをご馳走になったのをよく覚えてます。その頃はドイツ語をほとんど理解していなかったのに、どうやってお話していたんでしょう!!??不思議です、笑。

ご夫婦共いらしたので事情を話したら、かすかに私のことを覚えているようで、お茶を頂きながら思い出話をしました。突然だったけれど思いがけず再会できて嬉しい時間でした。日本人の私は何のお土産もなかった!と気になりましたが、そんなことは誰も気にしてなかったです、というかドイツではあんまり必要ないのでしょう。

すごく美味しかったと記憶しているケーキ屋さんは、簡単に見つかりました。(そういうことだけよく覚えてます・・・笑)

londitorei

koditorei2

loewenzahn4160 at 16:40|Permalinkclip!

2007年11月27日

ヨーロッパと日本

stop


ヨーロッパに来てオルガンに出会うと、愕然としてしまふ。
厳密に言うと、楽器がというより、入れ物である建物の違いにショックを受けているのかもしれない。いつも私は、その入れ物も含めて一つの楽器であると思っているから。

ドイツの「Gutersloh」という特に何もない街。観光でも知られてない。特に有名なオルガンな訳ではない。普通の街の教会にある普通のオルガン。

多分、楽器だけで見るともっと良いオルガンは日本にもたくさんある。
だけど、だけど、日本のどのオルガンよりもオルガンらしいのだ。建物のおかげで残響が5秒くらいあるのです。低音がしっかり響いて、全身が音に包み込まれるようなこの感じ!この感じは残念ながら日本のオルガンでは体感し難い。

日本には教会は少ないし、石造りの建物も少ないのだから同じは無理です。違うーっとか、なんでなんだーっとか否定して嘆いててもしょうがない。日本は日本の方法で、頑張れば良いと思う。(歴史の長さが全然違うんだから、比べようって言う方が間違っているよね)

でも出来るだけたびたび訪れるようにして、耳が忘れないようにしたいな。

organ教会の外観

stop2ストップと足鍵盤

organ緑色のオルガン。面白い形。

loewenzahn4160 at 06:05|Permalinkclip!

2007年01月06日

今更ですが記事です

asahi


父が朝日新聞の切り抜きをスキャンしてくれました。
今更ですがせっかくなので載せることにしました。

もうラジオも終わってるけれど・・・

まあまあまあまあ。

loewenzahn4160 at 05:04|Permalinkclip!

2006年11月29日

FMヨコハマ

みなとみらいの「ルーシー」がお贈りするクリスマス。
FMヨコハマにルーシーの演奏がオンエアーーーーーー。



録音は7曲ずつインターン2人で弾きました。
12/1〜12/25までの番組の合間にクリスマス曲が登場します。

月〜金 8:57,11:57,12:57,16:57,19:57,22:57
土   8:57,10:57,12:57,15:57,18:51
日   8:26,11:56,17:57


下線ついている方が文子さん演奏。
ついていない方が野田さん演奏。

皆さんが知っているようなクリスマスの賛美歌をいくつか選びました。
もう少しで始まるのでワクワクしています!

でも・・・

ラジオの聞き方が分かりません・・・笑

まず、ラジオの聴き方を勉強しましょう。



loewenzahn4160 at 02:24|Permalinkclip!

2006年11月24日

発音の重要さ

発音の重要さ。


大学の時にあった教職のために必修の合唱の授業。
言葉はドイツ語とかラテン語とか色々…

授業中はもちろん指揮者の先生が口をすっぱくして発音について注意してましたが、私たちは適当に聞いて、適当に発音していました。
あんまり重要なことだと思っていなかったのです。

でも留学した後、日本の合唱団の歌を聴いていたら急に気になりだしました!爆

ラテン語を歌ってもドイツ語を歌っても全部「日本語」に聴こえるーー。笑
そして、同じ合唱団が日本語の歌を歌ったら、めちゃくちゃ上手になっていました。

言葉がちゃんと発音できているだけですごーーーくうまくなるのですね。

歌詞の発音って重要なのです。

もちろんプロの歌い手が歌うとちゃんとドイツ語に聴こえるのです。
どのくらい練習したら出来るようになるのでしょうか。


loewenzahn4160 at 22:07|Permalinkclip!