趣味の「写真、DIY、オーディオ」日記

野鳥や旅行の写真撮影、床や壁紙のDIY、オーディオなどについて日記を書いています。

audio-technica モノラルマイクロホン AT9947CM を購入

歩行動画撮影では、「 α 7 + SEL24105G + Weebill s スタビライザー + Smallrig Weebill s スタビライザー用ハンドグリップ」で撮影することにしましたが、カメラのマルチインターフェースシューに取り付けるタイプの「 SONY純正 ガンズームマイクロホン ECM - GZ1M 」 では、マイクがWeebill s スタビライザーに接触してしまい、使用することができないことが分かりました。 そこで「Smallrig Weebill s スタビライザー用ハンドグリップ」のコールドシューに取り付けて、カメラのプラグインパワー方式の入力端子にダイレクト接続できる外付けマイクを購入することにしました。

購入したのは、「 audio-technica モノラルマイクロホン AT9947CM 」です。 amazonで購入 ¥6,555

特長
 ● 一眼レフ、ビデオカメラ撮影時の収音に適合
 ● DSLR 対応の高音質小型モノラルガンマイクロホン
 ● 高音質小型モノラルマイクロホン。
 ● 狙った音を収音できる超指向特性。
 ● ローカットスイッチ ( PAT.) によりワンタッチで振動、風などの雑音を低減。
 ● 素材を追求したウインドマフが風などの雑音低減に効果を発揮。
 ● 長時間の使用でも疲れにくく、アクティブに使える小型・軽量ボディ。
 ● アクセサリーシューに装着し、高いホールド感と汎用性を両立。
 ● 電池がいらないプラグインパワー方式で入力端子にダイレクト接続。

A7305910 A7305911

A7305912 A7305913

A7305914 A7305915

A7305916 A7305917

A7305918 A7305919

説明書
A7305920

ウインドマフをマイクに被せました。
A7305921

ローカットスイッチについては、野外など風雑音が強いときは、ローカットスイッチを (⺁) の位置にします。それでも風雑音が気になるときは、付属のウインドマフを装着します。
A7305913-2

「 α 7 + SEL24105G + Weebill s スタビライザー + Smallrig Weebill s スタビライザー用ハンドグリップ」に「 audio-technica モノラルマイクロホン AT9947CM 」を取り付けて撮影している状態です。
DSC_0067

Zhiyun WEEBILL-S スタビライザー の歩行動画を撮影

「 ソニー α 7 + SEL24105G 」 に 「 Weebill S スタビライザー + Smallrig Weebill S スタビライザー用ハンドグリップ 」 を取り付けて、歩行動画を撮影してスタビライザーの効果を検証してみました。

「 ソニー α 7 + SEL24105G + Weebill S スタビライザー + Smallrig Weebill S スタビライザー用ハンドグリップ 」 に 「 Kool ehaoda ホットシューカメラマウントアダプターシュー 」を介して「audio-technica モノラ ルマイクロホン AT9947CM 」 と 「スマートホン Xperia」を取り付けました。「スマートホン Xperia」は、Imaging Edge Mobile ソフトで α 7 と接続し、撮影条件の確認・変更、静止画と動画の撮影を行えます。
A7305922 C0014T01
 
DSC_0069

撮影時の持ち方です。
DSC_0077

カメラバックに機材を入れました。 カメラバッグの内寸 : 180 x 360mm
DSC_0070 DSC_0071

撮影場所の近くまでカメラバッグに入れて運搬し組み立てました。組み立て後、撮影前にレンズキャップを外し、パン、チルト、ロールのバランス確認を実施した方が良いと思います。
DSC_0072 DSC_0073


「 WEEBILL S スタビライザー 」 の電源を OFF にして、スタビライザー動作をさせない場合の歩行動画を撮影しました。
https://www.youtube.com/watch?v=Co4uA-FOmqM
上下・左右のブレはかなり大きく他人には見せられないレベルです。
音声は「audio-technica モノラ ルマイクロホン AT9947CM 」にウインドマフを付けて、ローカットで録音していますが風切り音がなく良好だと思います。 


次に、「 WEEBILL S スタビライザー 」 の電源を ON にして 6 つの動作モードで歩行動画を撮影してみました。

  .好織咼薀ぅ供柴虻逎癲璽匹髻  PF (パンフォロー)」にした歩行動画を撮影しました。
https://www.youtube.com/watch?v=_JAbNEI8DYE
このモードが一番使いやすいですが縦揺れが大きいです。

 ◆.好織咼薀ぅ供柴虻逎癲璽匹髻  L (ロック)」 にした歩行動画を撮影しました。
https://www.youtube.com/watch?v=g7BFXCCX6jY
ずっと同じ方向を向くので、曲がる場所で 「PF (パンフォロー )」 に切り替えて向きを修正する必要があります。縦揺れは「PF (パンフォロー )」と同じで大きいです。

  スタビライザー動作モードを、手前のフォローボタンを押し続けて 「 F (フォロー)」 にした歩行動画を撮影しました。
https://www.youtube.com/watch?v=OQDkOQk0rEg
「 PF (パンフォロー)」「 L (ロック)」に比べて縦揺れが少し改善されました。

 ぁ.好織咼薀ぅ供柴虻逎癲璽匹髻  POV 」 にした歩行動画を撮影しました。
https://www.youtube.com/watch?v=8O2ixiipj7k&t=9s
「 F (フォロー)」よりもさらに縦揺れが改善されており、最も縦揺れの少ないモードです。スタビライザーの持ち方を、スリングモードから直立モードに変える必要があります。直立モードはスリングモードよりも目の位置に近い高い位置の撮影ができて良いのですが体力的には厳しいモードです。

 ァ.好織咼薀ぅ供柴虻逎癲璽匹髻Fnボタンを押し続けて 「 GO 」 にした歩行動画を撮影しました。
https://www.youtube.com/watch?v=K1lkdxHhxzc
PF (パンフォロー) に比べてやや高速のブレ抑制がされるようです。縦揺れは「PF (パンフォロー )」と同じで大きいです。

 Α.好織咼薀ぅ供柴虻逎癲璽匹髻POVボタンを 2 度押しして 「 Vortex 」 にした場合の歩行動画を撮影しました。
https://www.youtube.com/watch?v=cGkeKiu0bSM
バランスがズレていたのか、徐々に傾くため手で修正する必要がありました。縦揺れは「PF (パンフォロー )」と同じで大きいです。

上記のように、「 WEEBILL S スタビライザー 」 の  6 モードで歩行動画を行った結果は、スタビライザー の効果が実感できてよかったのですが、残念なのは縦揺れが大きいということでした。そこで、縦揺れを改善する方法として、考えられる以下の項目について試してみることにしました。
  .轡礇奪拭璽好圈璽匹 1 / 50S
 ◆.轡礇奪拭璽好圈璽匹 1 / 100s
  カメラの手振れ補正を OFF
 ぁ.船襯班瑤離献鵐丱襯癲璽拭蕊瑤縫薀ぅ鵑魄いて操縦する

    WEEBILL S スタビライザー 」 のモードを PF (パンフォロー) にして、ND 16 フィルターを取り付けてシャッタースピードを、 1 / 50s にして歩行動画を撮影しました。
https://www.youtube.com/watch?v=81UXLHleBCE
縦揺れは変わりません。

 ◆  WEEBILL S スタビライザー 」 のモードを PF (パンフォロー) にして、ND 16 フィルターを取り付けてシャッタースピードを、 1 / 100s にして歩行動画を撮影しました。
https://www.youtube.com/watch?v=r1w7prmv9v4
これも、縦揺れは変わりません。

  「 WEEBILL S スタビライザー 」 のモードを PF (パンフォロー) にして、カメラ α 7 の手ブレ補正を OFF にして歩行動画を撮影しました。
https://www.youtube.com/watch?v=HLA_HyOU60E
これも、縦揺れは変わりません。

 ぁ  WEEBILL S スタビライザー 」 のモードを PF (パンフォロー) にして、チルト ジンバルモーター部にラインを引いて操縦する
2枚のマスキングテープを貼り、歩行開始時にサインペンでラインを引きました。歩行時に常にラインが合うように操縦します。
DSC_0096

マスキングテープの代わりに、目盛スケールと矢印を貼りつけました。
DSC_0100

https://www.youtube.com/watch?v=6GQkic4C1lM
縦揺れが改善できました。

縦揺れに関しては、シャッタースピードを 1/ 50S と 1 / 100s に変更したり、カメラの手ブレ補正を OFF にした場合は変わりがありませんでした。チルト ジンバルモーター部にラインを引いて操縦した場合は改善効果がありました。

これまでの結果から、Zhiyun WEEBILL-S スタビライザー のブレ補正効果の順番は、以下の通りになります。
 1位 「 POV 」
 2位 「 F (フォロー)」
  3位 「チルト ジンバルモーター部にラインを引いて操縦する 」


さらに 縦揺れを改善するには、「 digitalfoto DH04 Pro (¥13,200)」 もしくは 「 digitalfoto THANOS ジンバルサポートベスト (¥54,800) 」を購入するしかないようです。 スタビライザーを1位 の「 POV 」モードに設定して使用すれば、縦揺れはほとんど発生しないと思います。

SmallRig Zhiyun Weebill-S スタビライザー用 ハンドグリップ を購入

Zhiyun Weebill - S スタビライザーを購入しましたが、ショルダーストラップを取り付けることができません。 運搬時に手と腕の疲労軽減 と 落下防止のためショルダーストラップが取り付けできること、またマイク、ライト、モニターなどのアクセサリーが取り付けできるコールドシューも装備されたハンドグリップを購入することにしました。

購入したのは「 SmallRig Zhiyun Weebill - S スタビライザー用ハンドグリップ 、 コールドシュー、ショルダーストラップ取付、シリコンゴム持ち手 、ねじれ防止デザイン BSS2636C 」です。 amazon で購入 ¥4,699

【基本機能】
Zhiyun Weebill - S スタビライザーのために設計されたハンドグリップで、ローアングル撮影、一般的な手持ち撮影にも使えますから、殆どの撮影場面をカバーできます。そして、手に持って撮影したり、装備の持ち運びがしやすいように、ショルダーストラップ取り付け部を設計しました。

【安定性】
ハンドルは 1 つの 1 / 4 ネジでロックし、また2つのねじれ防止ピンとシリコンゴム製クッションでねじれを防止し、そして、ハンドル頂部のコールドシューマウントなかに内蔵されている六角レンチで脱落を防止します。

【快適な手持ち部分】
ハンドルの手持ち部分は汗や雨でも滑りづらい柔らかいシリコンゴムを採用しており、人間工学に適合しており、快適な使用感を与えできます。

【コールドシューマウント】
ハンドル頂部にはコールドシューマウントが内蔵されており、直接にマイクやカメラライトなどのアクセサリーを取り付けることができ、また、コールドシュー構造モニターサポート BSE2346 を通してモニターを装着することもできます。

【ネジ穴】
1 / 4" - 20ネジ穴、3 / 8" - 16ネジ穴、ARRI 規格ネジ穴を含む複数のインターフェイスを備えていますから、モニターサポートやマジックアーム 2070/2115 を装着でき、これにより、モニターを取り付けることができます。

A7305850 A7305851

A7305852 A7305853

A7305854 A7305858

A7305859 A7305860

「WEEBILL - S スタビライザー」にハンドグリップを取り付けました。 ハンドグリップの付け根にショルダーベルトを取り付けました。
DSC_0029

Zhiyun WEEBILL-S スタビライザー を購入

α 7 + SEL24105G を カメラケージ + トップハンドル に取付けて、トップハンドル をカメラの前側にして動画撮影して歩行に気を付けたとしても、手ブレは大きく動画を見ると酔ってしまいます。そこで、フルサイズカメラでブレ補正をこれ以上望むにはモーター駆動のスタビライザー が必要であると考えて「 Zhiyun WEEBILL-S スタビライザー」を購入しました。

【正規代理】「 Zhiyun weebill s  カメラスタビライザー 」 三軸 ジンバル ミラーレス 一眼レフ用 業界初の吊り下げ式 970g 軽量化実現 OLED ディスプレイ搭載 6つモード 1年間安心保証 日本語説明書 を 楽天にて購入 ¥45,200円

【業界初の吊り下げ式】
ミラーレスなどのカメラ向けの新型ジンバル- WEEBILL S は新登場です!創造的な吊り下げ式で、普通のジンバルより、もっと穏やかな映像を撮れながら、長時間撮影の疲れを軽減します。また、第 8 世代の最新 Instune Algorithm と三軸の各軸ロック設計の採用で、もっと強い手振れ補正効果を実現し、速い動きもブレずに撮影できます。

【コンパクトながらも強い】
WEEBILL-S は、ユニークな構造と小型設計により、A4 くらいのサイズを実現しましたが、進化版マーターを採用するため、過去品よりモーター出力 300% アップ、応答速度は 50% アップになります。オートバランスとバランスチェック機能も搭載するので、初心者でも使いやすくてスマートなカメラジンバルです。

【実用性&互換性が高い】
コンパクト化実現しながら、ジンバルは旧モデルのトルクより 300% 高まるので、受け力が一層アップし、ソニー A7 + FE 24-70mm F2.8、キャノン 5D4 + EF 24-70mm F2.8 のような組合せでも安定に使用でき、様々なカメラとレンズの組み合わせを対応可能なので、映像撮影をもっと楽しむことができます。注:WEEBILL-S に搭載できるカメラ機種は多くて、詳細な対応機種一覧表は ZHIYUN 社公式サイドへご確認お願いいたします。

【専用パーツによる強化】
LUT 搭載で 1080P / 30fps の高画質同期転送装備の開発は WEEBILL-S 進化の道への大きな一歩となります。画像転送設備により、スマホ上 LUT 付きでモニターニングと高精度のオブジェクトトラッキングが可能となり、ドローンみたいな FPV 映像が撮れる同期モーション機能も解禁!

【電池交換式 & 14 時間の連続稼働】
内蔵大容量電池、2.5hでフル充電となり、約 14 時間の連続稼働可能で、ほぼ 1 日中使えます。また、電池をジンバルから取り外して充電することができます。

【ZHIYUN 正規代理 + 1年間保証 + 日本語の説明書】
お買い上げ日より、1 ヶ月以内無料交換、1 ヶ月〜1 年以内無料修理となります。また、製品に日本語説明書付きのほか、安心できる日本語サポートもあるので、何か不明点があれば、遠慮なくご連絡くださいませ。

【ViaTouch 2.0 進化したインテリジェンス】
ViaTouch 2.0 には、HD画像転送だけでなく、スマートフォン、カメラ、 ジンバルをシームレスに接続する機能も装備されています。フォロースピード、絞り、ISO、シャッタースピードなどの、ジンバルやカメラのさまざまな設定を、リアルタイムに調整できます。リアルタイムのモニタリングと直感的コントロールが、指先一つでできます。
* TransMount 画像転送モジュールが必要です。(別売り)

【SmartFollow 2.0 】
SmartFollow 2.0 により、カメラやジンバルとスマートフォンとの間でバランスをとることなく高精度のオブジェクトトラッキングが可能です。.スマートフォンで撮影対象にピントを合わせるだけで、ジンバルとカメラがすべて実行してくれます。一人で撮影する際もチームによる撮影の際にも、SmartFollow 2.0 は柔軟に作業をこなしてくれます。

【手ブレ補正機能強化】
第 8 世代の最新 Instune Algorithm の採用で、いかなる環境でも高い反応速度を実現し、速い動きもブレずに撮影できます。

【モーションコントロール】
別売りの TransMount 画像転送システム一式 ( 送受信器 ) を装備した WEEBILL-S は、あらゆる映画制作者やカメラクルーに対して、一貫性のある高度なチームワークと効果的なワークフローを容易に実現するプロ仕様のモニターソリューションを提供します。

【仕様】
 製品寸法(L*W*H):190*140*298 mm
 パッケージサイズ:355*275*104 mm
 本体重量:926g
 総重量(パッケージ含む):1785g
 動作電圧:6.8 - 8.4V
 動作電流:250mA - 3000mA
 動作温度:-10℃〜45℃ ( 通常は 25℃ )
 運転時間:12h(最大14H)
 充電時間:2.5h

【パッケージ内容リスト】
 1 * WEEBILL-S スタビライザー
 1 * 三脚
 2 * 18650 リチウムバッテリー ( 2600m Ah / 個 )
 1 * 18650 バッテリー充電器
 1 * USB Type-C ケーブル
 1 * Micro to Micro USB ケーブル
 1 * Micro to Mini USB ケーブル
 1 * Micro to Type C ケーブル
 1 * Micro to MULTI USB ケーブル (ソニーカメラコントロールケーブル)
 1 * ストレージケース
 1 * バッキングベース
 1 * クイックリリースプレート
 1 * ケーブルケース
 1 * クイックスタートガイド

A7305873 A7305874

A7305875 A7305876

A7305877

ケーブル関係、取付ネジ
A7305881

日本語説明書 (ページの大きさ 100mm x 100mm) 字が小さくて虫メガネで見ないと見えません。内容も詳しくありません。
A7305882 A7305883

A7305884

「WEEBILL S スタビライザー 本体」に三脚を取り付けました
A7305885 A7305886

A7305887

18650 リチウムバッテリー を充電しました。
18650 バッテリー充電器に18650 リチウムバッテリーを入れました。
DSC_0004-2

充電を開始しました。赤ランプが点灯。
DSC_0003-2

充電完了しました。青ランプに変わりました。
DSC_0005-2

充電した 18650 リチウムバッテリー をスタビライザー本体の電池ケースに入れました。
A7305889 A7305890

A7305891

スタビライザーの各部にはラッチが装着されています。このラッチを使用して軸をロックすると、取付や保管が簡単に行えます。
A7305892 A7305893

取付時のロック状態です。
A7305894

クイックリリースプレートモジュールを取り出し、クイックリリースボタンを押して、クイックリリースプレートを取り出します。
A7305895 A7305896


仕様では、ソニー α 7 + FE 24-70mm F2.8 のスタビライザー動作を保証していますが、その重量は 、 α 7 (650g) + FE 24-70mm F2.8 (886g) で合計 1,536g となります。また、Canon 5DMark 4 (890g) + EF 24-70mm F2.8 L(805g) では 合計 1,695g となります。
これから主に常用しようと思っている、α 7 (650g) + SEL24105G (663g) を カメラケージ (381g) に取り付けて、さらに外付けマイク ECM-GZ1M 風防付 (59g) を付けた場合は、重量は1,753g となります。この重量でもスタビライザーが正常に動作するのか、またカメラケージと外付けマイクが寸法的に取り付くのか検証しました。


まず、カメラケージは大き過ぎるため「WEEBILL S スタビライザ」に取り付けることは無理でした。
外付けマイク ECM-GZ1M 風防付 は、「WEEBILL S スタビライザ」に接触することがあり、これも無理でした。
よって、「 α 7 (650g) + FE 24-70mm F2.8 」をそのまま「WEEBILL S スタビライザ」に取付ることにしました。また、外付けマイク はマルチインターフェースシューに取り付けるタイプの物ではなくカメラのマイク端子に接続するタイプの外付けマイクを購入することにしました。

カメラにパッキングベースを 1 / 4 インチネジで取り付けました。
DSC_0031

パッキングベースにクイックリリースプレートを 1 / 4 インチネジで取り付けました。
DSC_0032

バランスを調整します。
 ● ジンバルはモーターでバランスを取ってくれるのですが、カメラを取り付け時には最低限のバランス調整をしておく必要があります。
 ● これをやっておくことで、無駄なモーター使用、バッテリー消費を抑えることに繋がるのでやっておきましょう!
 ● 一度やっておけば、同じカメラ・レンズのセットアップなら、メモリを記録しておくと次回からは楽になります。
 ● バランス調整は電源オフのまま行います。

チルト (ピッチ) 調整
A7305883-2

DSC_0014 DSC_0015

DSC_0017


A7305883-3

DSC_0024

ロール 調整
A7305883-4

DSC_0018 DSC_0019

DSC_0017

パン (ヨウ) 調整
A7305883-5

DSC_0040

4 つのバランス調整を完了後に、再度バランスが良好かチェックを行い、微調整を実施します。

モーター自動調整 ( auto tune ) を行います。
 ● バランス調整が完了したら、全てのロックを緩めてから電源を ON にします。
DSC_0033

DSC_0034

 ● ダイヤルボタンの下側 (...) を押すと、moter が表示される。
DSC_0035

 ● ダイヤルボタンの右側 (▶) を押すと、auto が表示される。
DSC_0036

 ● ダイヤルボタンの右側 (▶) を押すと、auto tune が表示される。
DSC_0037

 ● check ok が表示されたら、ダイヤルボタンの左側 (◀) を押して完了する。
DSC_0038

DSC_0039


基本操作
A7305883-7

電源ボタン
3 秒間押し続けると、スタビライザーの電源が オン / オフ されます。

PF(パンフォロー)モード
その名の通り、パン(左右)軸の動きのみをフォロー(追従)してくれる撮影モードです。チルト(上下)とロール(傾き)の2軸はジンバルにより自動制御(=ロック/固定)されるので、カメラは地面に対して常に水平または一定の角度を保てます。それいでいて横の動きには反応してくれるので、このモードで撮影中に左右へ方向転換することも可能です。
ジョイスティックを上下に操作することにより、手動でカメラにチルト(上下)の動きを加えることも可能です。(その後トリガーボタンを2回押しするとカメラの向きを始点にリセットできます)

L(ロック)モード
パン軸(左右)、チルト軸(上下)、ロール軸(回転)の3軸全てがジンバルにより自動制御(=ロック/固定)されるので映像は最も安定しますが、このモード中は方向転換できません(横に振ってもカメラが横を向いてくれない)。一本道を歩く際など、一直線の動きを極力滑らかに撮りたいときに使います。
これはずっと同じ方向を向き続けます。遠景の風景を動かさないような撮影に使えると思います。
ジョイスティックを操作することにより、手動でカメラの方向を変えることは可能です。(その後トリガーボタンを2回押しすると始点位置にリセットできる)

F(フォロー)モード
手前のフォローボタンを押しつづける間、F(フォロー)モードになる。
パン軸(左右)に加えてチルト軸(上下)の動きも追従(フォロー)してくれる撮影モードです。カメラを上下または左右に振れば、“滑らかに”追従してくれます。撮影自由度が高いですがロール(回転)軸はロックされているので、映像が傾くことを防げます。
ジョイスティックを左右に動かすことにより、手動でロール(回転)軸を操作することが可能です。(その後トリガーボタンを2回押しすると始点位置にリセットできる)
独立した撮影モードとしても使えますがPF、L、GOなど他モードと連携して、撮影中にトリガーボタンで随時このモードを呼び出すことで撮影の幅が広がります。
ビルとかを撮るには必要ですね。

POV モード
パン軸(左右)、チルト軸(上下)、ロール軸(回転)の3軸全てがハンドルの動きに滑らかに追従する撮影モードです。
スタビライザーを上下左右どこに向けてもカメラが付いてきてくれます。
様々な視点から撮影したいときに使用します。
1 回転させることもできる。

GOモード
Fn(ファンクション)ボタンを押しつづける間、GOモードになる。
パン軸(左右)に加えてチルト軸(上下)の動きも追従(フォロー)してくれる撮影モードです。カメラを上下または左右に振れば、“滑らかに”追従してくれます。撮影自由度が高いですがロール(回転)軸はロックされているので、映像が傾くことを防げます。
独立した撮影モードとしても使えますがPF、L、GOなど他モードと連携して、撮影中にトリガーボタンで随時このモードを呼び出すことで撮影の幅が広がります。
パン、チルトが高速で追従する。
カメラによるトランジション効果など、すばやく動かしたいときに使います。

Vortex モード
POV ボタンを 2 度押しする。
ジンバルに搭載したカメラが90度の角度まで自動でチルトし(上向きになり)、その後ジョイスティックで操作した方向に360度無制限に回転させることが出来る撮影モードです。陸上を歩いているにも係らず、無重力空間にいるような、世にも不思議な映像を撮影することが出来ます。
(その後トリガーボタンを2回押しすると始点位置にリセットできる)

定位置に戻す
手前のボタン (フォローモード ボタン) を2回押すと定位置にもどります。

自撮りモード
手前のボタン (フォローモード ボタン) を3回押すと、自撮りモードになります。

DSC_0002-2


製品そのものの機能は必要十分であるが、説明書が貧弱であり、そのままでは使いこなせないのが残念である。私も説明書では全く使いこなせずに、you tube 動画等で調べて何とか使えるようになったが、正規代理店はしっかりした説明書を同梱すべきであろう。

α 7 掘SEL24105G + Srlens カメラケージ + Smallrig トップハンドル で歩行動画を撮影

「 α 7 掘SEL24105G 」 を 「 Srlens カメラケージ + Smallrig トップハンドル 」に取り付けて、歩行動画撮影を行いカメラの手ブレ補正がどの程度の効果があるの検証してみました。

「 α 7 掘SEL24105G 」 を 「 Srlens カメラケージ + Smallrig トップハンドル 」に取付け、 「 Smallrig トップハンドル 」がカメラの後ろ側になるように取り付けた状態で手で持って動画撮影しました。 「 Smallrig トップハンドル 」がカメラの後ろ側に取り付けた場合は、カメラの重心がやや前となりカメラが常に下向きになるため手で引き上げながら撮影しなければならず手ブレがし易くなります。
DSC_0231

動画  Srlens カメラケージ の Smallrig トップハンドルをカメラの後ろ側にして動画撮影
https://www.youtube.com/watch?v=lzvDwxtRZHg

「 α 7 掘SEL24105G 」を 「 Srlens カメラケージ + Smallrig トップハンドル 」に取付け、 「 Smallrig トップハンドル 」がカメラの前側になるように取り付けた状態で手で持って動画撮影しました。「 Smallrig トップハンドル 」がカメラの前側に取り付けた場合は、カメラの重心がほぼ真下になりカメラが常に水平になるため手ブレが少し改善します。
DSC_0233

動画 「 Srlens カメラケージ の Smallrig トップハンドル 」をカメラの前側にして動画撮影
https://www.youtube.com/watch?v=F2ehlMgnxgQ&t=20s

「 Srlens カメラケージ 」 の 「 Smallrig トップハンドル 」をカメラの前側にして動画撮影して歩行に気を付けたとしても、手ブレは大きくこのままでは動画を見ると酔ってしまいます。フルサイズでブレ補正をこれ以上望むにはモーター駆動のスタビライザー ( Zhiyun WEEBILL-S ¥ 4 〜5 万円 ) を購入するか、または、フルサイズは諦めて 1 / 2.5 型のセンサーで画質は劣りますが空間光学ブレ補正の SONY ウェアラブルカメラ アクションカム ( HDR-AS300 / FDR-X3000 ¥ 5 〜5.5 万円) にする必要がありますね。

100均 セリアのプラスチック容器でNeewer カメラバッグの収納を改善

「Neewer バックパック車輪付きカメラバッグには、数多くの撮影機材を収納して運搬することができますが、これまでは収納する場所を表示することなく適当に収納していたため、必要な機材が直ぐに取り出すことができずに探すことが多々ありました。 そこで、直ぐに取り出せるように、できるだけ中身が分かるような表示をすることにしました。 そのために 100均 のセリアでプラスチック容器などを購入しました。

左の3個はアルミ製の蓋付きのプラスチック容器で外径 85 φmm x 長さ125mm です。 右のプラスチック製の箱は 65mm x 85mm x 155mm です。
DSC_0194

収納する撮影機材です。 上から1段目左からスマホリモコン、カメラリモコン、Bluetoothカメラリモコン、フィルターレンチ、予備電池、ゴム製レンズフード、ミニ三脚、2段目左からネックライト、各種フィルター、ステップアップリング、SEL100F28GM、SEL1635GM、3段目左から外付けマイク、カメラα 7 掘SEL24105G、SEL100400GM、トップハンドル & 部品、ミニ三脚用自由雲台、4段目左からポータブル電源、USB充電ケーブル、アンカーリンクス、スマホホルダー、接写リング、LEDランプ付き泡水準器、ブロアー、クリーニングクロス です。
DSC_0192

Neewer バックパック車輪付きカメラバッグに何も収納していない状態です。
DSC_0193

カメラバッグの蓋の部分に、リモコン、フィルターレンチ、予備電池、ゴム製レンズフードの表示をしました。円筒形のプラスチック容器とプラスチック製の箱には入れる撮影機材の名称を表示しました。
DSC_0195

円筒形のプラスチック容器とプラスチック製の箱に指定の撮影機材を入れました。
DSC_0197

Neewer バックパック車輪付きカメラバッグに全ての撮影機材を入れました。
DSC_0196

Koolehaoda ホットシューカメラマウントアダプターを購入

「Selens カメラケージ」と 「SMALLRIG トップハンドル」 を数日前に購入しました。 コールドシューが、「Selens カメラケージ」 の天面部に 2 ケ所、「 SMALLRIG トップハンドル」には1 ヶ所の合計 3 ヶ所あります。 コールドシューに取り付ける機器としては、LED ライト、モニター、外付けマイク、スマホ、フラッシュ、水準器、照準器、アクションカメラなどが考えられます。 3 ヶ所では少ないため、多くの機器を取り付けられるように「ホットシューカメラマウントアダプタ」と「 自由雲台 ボールベッド」を購入することにしました。

Koolehaoda ホットシューカメラマウントアダプター (FS-04) amazon で購入 ¥1,490

★ 耐久性のあるアルミニウム合金構造、CNC精密加工、表面酸化処理。
★ シューマウントまたは1/4 "-20マウントを介して接続し、4つのシューマウントを提供します。重量はわずか50gです。
★ 安全な取り付けのためのビルトインバックストップ:マイクロフィルム、ブロードケースレコーディング、家族パーティー、公開プレゼンテーションなど、あらゆる用途の撮影に使用できます。
★ 複数のシューマウントアクセサリーを同時に使用できます。キヤノン、ニコン、ペンタックス、オリンパスフラッシュユニット、ズームオーディオレコーダーなどの標準的なホットシューを備えたスピードライトやマイクレシーバーと互換性があります。
DSC_0198 DSC_0200

DSC_0201 DSC_0202

DSC_0203 DSC_0204

DSC_0205 DSC_0206


SmallRig 自由雲台 ボールベッド雲台 ボール雲台 1/4ネジ付きマジックアーム 360°回転可能 耐荷重3kg キヤノン/ニコン/オリンパス/ペンタックス/パナソニック/富士フイルム/コダック対応-761 [並行輸入品]
 amazon で購入 ¥1,490 x 2 個


【優れた機能】
中央のノブを締め付けるだけで、全ての間接部が同時に固定されます。そして、ゴムを採用し、カメラリグの脱落や破損を防ぎます。さらに、1/4インチネジとコールドシューを使って、1/4インチネジ穴付きのアクセサリーやコールドシューマウントのアクセサリーなどの様々な撮影用品に対応します。最大荷重:3kg。
【360°調整可能】
自由雲台は360°調整することが可能で、中央の大きなノブを緩めることで、モニターのアームの位置を調整することができます。ノブを締めることで、モニターやほかのアクセサリーを最適な位置に固定することができます。
【アルミ合金製】
長持ちできますように、重要なボール雲台はアルミニウムで作られます。素材となるアルミ合金は非常に軽量なうえに耐食性も良好です。美しいデザインと強度を保ちながら、軽量でカメラリグは拡張性を向上する革新的な装具です。
【コンパクトかつ軽量】
3kgまで支えることができる強い雲台は本体の重量が70gだけですから、収納しやすいです。
【汎用性】
自由雲台は、Canon / Nikon / Olympus / Pentax / Panasonic / Fujifilm&Kodakなどのカメラために設計されていた汎用雲台です。
DSC_0208 DSC_0209

DSC_0210 DSC_0211

DSC_0212 DSC_0213

カメラケージに取り付けたトップハンドルに取り付けました。 
DSC_0216 DSC_0218

DSC_0217 DSC_0219

DSC_0218 DSC_0219

トップハンドルの上にスマホ、右に外付けマイク、左に LED照明を取り付けてみました。カメラケージの天面部に水準器も取り付けました。
DSC_0437 DSC_0438

DSC_0439 DSC_0441

Selens カメラケージ を購入

BLOG の投稿写真を撮影する際、撮影ボックスにて撮影しているが、上部の LED 照明灯の 2 灯だけでは影ができるためカメラ側からも三脚に取り付けた LED 平面ライトもしくは LED リングライトで照明しているが、この LED ライトの三脚がとても邪魔になっています。 そこで、三脚ではなくカメラに LED ライトを取付できないか検討した結果、強度的に安心なカメラケージを購入することにしました。 また、カメラケージがあれば LED ライトの他、モニター、フラッシュ、外付マイクなども同時に搭載が可能になります。


購入したのは、「Selens カメラケージ コールドシューマウント A7RIII A7III A7MIII カメラ対応 拡張力カメラケージ アルミ製 軽量 取り付け便利 DSLR 装備 撮影アクセサリー」です。 amazon にて購入 ¥4,899

【 カメラ専用ケージ 】
Sony A7RIII / A7III / A7M3(ILCE-7RM3 / A7R Mark III)ための専用カメラケージです、パッテリーの出し入れやモニターの開閉などカメラ自体の動作を防げることはありません。撮影中のカメラを保護して破損も防止できます。

【 拡張性 】
コールドシューを天面部に 2 カ所、側面に1 カ所設置して拡張性が高くなっています。また全周囲にたくさんの1/4ネジ穴と3/8ネジ穴がありますので、アームアダプター、マイク、モニター、LED ライトなど様々なアクセサリーの取り付けが可能です。
【 ARRI ロゼット付き 】
側面にARRI 規格のハンドルグリップを接続可能で、手にしっくりなじむ仕様で、ハンドル取付けた後、長時間カメラ持った後の手痛み解消や、握った際の手への馴染みの良さを実現しています。
【 HDMI や USBケーブル 】
キットの中に HDMI 及び USB ケーブルクランプが付きますので、ケーブルの脱落を防ぐことができます。トッププレート、ボトムプレート、2 つのサイドプレート、HDMI および USB ケーブルクランプで構成された一体型カメラケージです。
【安定性】
リアル的なモジュール式の軽量設計を採用して、底部に 1 / 4 と 3 / 8 のネジ穴クイックリリースベースプレートキットがしっかり固定でき。ゴムパットもありで、カメラの偏りや、脱落を防止できます、撮影中の安定性を保証できます。
DSC_0137 DSC_0138

DSC_0141

DSC_0144 DSC_0145

DSC_0146 DSC_0147

DSC_0150 DSC_0151

DSC_0152

USB ケーブルクランプ
DSC_0142

HDMI ケーブルクランプ
DSC_0143

α 7 に取り付けました。
DSC_0153 DSC_0155

DSC_0157 DSC_0158

左側の端子部カバーを開けました。
DSC_0161 DSC_0160

電池カバーを開けました。
DSC_0163 DSC_0164

SD カードのカバーを開けました。
DSC_0156

天面部にコールドシューが 2 箇所あります。
DSC_0162

三脚のクイックシューを中心の 1 / 4 ネジ穴に取り付けました。
DSC_0165 DSC_0166

三脚のクイックシューを中心より左の 1 / 4 ネジ穴に取り付けました。
DSC_0168 DSC_0167

HDMI 及び USB ケーブルクランプを取り付けました。
DSC_0169 DSC_0170


カメラケージ を手で持つことができるトップハンドルも購入しました。 購入したのは、「SMALLRIG トップハンドル チーズハンドル コールドシュー付きハンドル 汎用 ハンドルキット 撮影ハンドルグリップ カメラハンドル-1638 [並行輸入品]」です。 amazon にて購入 ¥2,069

● 1 / 4 インチネジで締めることでリグに接続するハンドルで、ハンドル上部にはコールドシューマウントがあり、カメラライト、フラッシュ、マイクや外部モニターを取り付けられます。
● トップハンドルとケージ本体の接続部は 1 /4 インチネジで固定するので、ケージとハンドルを容易に分離可能です。
● リグシステムの持ち手としても、ローアングル撮影時のグリップとしてもお使い頂けるトップハンドルです。 一体成形のため、各パーツをしっかりと固定できるハンドルキットです。ネジで締めるため、たくさんのケージに装着することができます。
● このハンドルにはコールドシューがあり、拡張性が高いです。ハンドルに 1 / 4 インチネジ穴(カメラ小ネジ)と 3 / 8 インチネジ穴(カメラ大ネジ)が開いてますので、さまざまなアクセサリーを装着可能です。それにネジを締める六角レンチも付いているので非常に便利です。
● アルミ合金で出来た筐体は美しいデザインと強度を保ちながら、軽量でカメラリグは拡張性を向上する革新的な装具です。これにより、外付けマイクや外付けモニターなどへのカメラ搭載時により軽量かつコンパクトなセットへの切り替えが簡単に行えます。
● パッケージの内容:1 x トップハンドルキット 本品はカメラの最大可能性を引き出すために、市場のほとんどのケージに対応できる汎用ハンドグリップです。

DSC_0171 DSC_0172

DSC_0173 DSC_0174

DSC_0175 DSC_0176

DSC_0177 DSC_0179

カメラリグの天面部にトップハンドルを 1 / 4 インチネジで取り付けました。 このトップハンドルを取り付けて動画撮影をするときは、風切り音防止で既に購入したSONY ガンズームマイクロホン ECM-GZ1M が、このトップハンドルが邪魔になって取り付けができません。このため別途に外付けマイクを購入する必要があります。
DSC_0180 DSC_0181

DSC_0182 DSC_0183

DSC_0184

カメラリグの天面部にある左側のコールドシューに LED ライトを取り付けました。
DSC_0185 DSC_0186

撮影ボックスに被写体を置いて撮影しました。
LED ライトを消灯
DSC_0190

A7305818

LED ライトを点灯
DSC_0191

A7305819

SONY ガンズームマイクロホン ECM-GZ1M を購入

ミラーレス一眼 SONY α 7 で動画を撮影する際は、これまでカメラの内蔵マイクで録音してきましたが、風の強い日には風音低減を「入」にしても、風切り音が入って聞くに堪えないことになっていました。 そこで、内蔵マイクに代わる外付けのガンマイク (ウインドスクリーン付属) を購入することにしました。

購入したマイクは、「ガンズームマイクロホン ECM-GZ1M」です。 amazon で購入 ¥7,304

特長
 ● マルチインターフェースシュー搭載のハンディカム、α、サイバーショットなどに対応
マルチインターフェースシューに対応した高品質なマイク。ハンディカムはもちろん、サイバーショット、α、NEXの動画撮影時に威力を発揮します。マルチインターフェースシューによりカメラ本体より電源が供給されるためマイクの電池は不要であり、カメラの電池残量だけを気にすればよいのでマイク電池のストレスが無くなります。

 ● 狙った音が録れる単一指向性 (鋭指向性) のガンズームマイク
前方の狙った音を集中的に集音できるガンモードとハンディカム本体のズームに合わせてマイクの指向性が変化するズームモードの切り替えができます。

※ 動画撮影中にズームやダイヤルの操作などをおこなった場合、レンズの動作音、ズームレバーやダイヤルの操作音などが記録されてしまうことがあります。パワーズームのスピードが変更可能な機種の場合は、ズームスピードを低速にすることでズーム音を軽減できます

 ● 風切り音を防止するウインドウスクリーンを付属

 ● 仕様
  形式    :  エレクトリックコンデンサー型
  周波数特性 : 150 Hz ~ 15,000Hz
  指向特性  : 鋭指向性
  使用温度  : 0°C ~ 40°C
  保存温度  : -20°C ~ +60°C
  同梱物   : ガンズームマイクロホン、ウインドスクリーン、端子保護キャップ、スペーサー、キャリングポーチ、説明書一式
  最大外形寸法:幅28mm X 高さ57mm X 奥行き106mm
  質量    :45g

DSC_0110 DSC_0111

説明書
DSC_0123 DSC_0124

端子保護キャップを外しました。
DSC_0115

ガンズームマイクロホンにウインドスクリーンを装着します。
DSC_0117 DSC_0118

スライドスイッチ (ZOO M / OFF / GUN)
  ZOOM  ズームマイクとして使うとき
  OFF   カメラ本体の内蔵マイクを使うとき
  GUN   ズームと連動させないで使うとき
DSC_0120

ミラーレス一眼 α 7 に取り付けました。 カメラの電源をオフにして、カメラのマルチインターフェースシューと本機のマルチインターフェースフットの位置を合わせて差し込みます。 固定つまみを LOCK 方向に回し、カメラにしっかり固定する。
DSC_0121 DSC_0122

実際に動画撮影 (α 7 + SEL24105G) して、ZOOM / OFF / GUN の音質を調べた結果は、
 ZOOM  SEL24105G レンズのズームに合わせてマイクの指向性がきちんと変化します。
      音質は低域が強い印象です。
 OFF   カメラ内蔵のマイクの音ですが、音質は低域が余り出なく、高域がうるさい印象です。
 GUN   音質はZOOMのMAXと変わらず低域から高域まで平坦な特性の印象です。

※ 風音低減を「入」に設定、OFF時には「入」ですが、ZOOM と GUN にすると「切」になります。
「ガンズームマイクロホン ECM-GZ1M」のレビューを検索すると、付属のウインドウスクリーンが風切り音を低減する効果が低いと言うレビューが見受けられます、ある方が推奨されている「オーディオ テクニカ AT9941 のウインドマフ ¥1,280 (本体価格 ¥880 + 送料 ¥400)」を購入してみました。
DSC_0125 DSC_0126

DSC_0128 DSC_0127

ウインドスクリーンを取り付けた「ガンズームマイクロホン ECM-GZ1M」ウインドマフを取り付けました。 純正品のようにピッタリと取り付けができました。
DSC_0130 DSC_0131

ウインドマフを取り付けた効果ですが、カメラの内蔵マイクに息を吹きかけた場合に風切り音が強烈に入るのに対し、ウインドマフの場合には僅かな風切り音しか入らず効果大です。

日立 コードレス掃除機の「ほうきブラシ・2WAYすき間ブラシ」立てを製作

「日立 ラクかるパワーブーストサイクロンを購入」を購入しましたが、付属品の「ほうきブラシ・2WAYすき間ブラシ」立てを製作しました。

DSC_0093


「ほうきブラシ・2WAYすき間ブラシ」の直径は約 33 mmφ であり、それが入れられる穴を明ける必要があります。保有している木工用のドリル刃は最大でも 25 mmφ位しかないため、価格が安くて大きな穴があけられる、ホールソーを購入することにしました。

購入したのは、「DIY 雑誌ドゥーパ掲載モデル」ホールソー工具 (6, 25, 32, 38, 45, 50, 55mm) です。 amazon で購入 ¥1,980

A7305795 A7305796

A7305797 A7305798

A7305799


コンパネから材料を切り出しました。 上は、T 12mm x W 70mm x L 100mm 、 下は、T 12mm x W 70mm x L 200mm   塗装をしています。
DSC_0067

ホールソー工具 38mm をドリルチャックを付けたインパクトドライバーに取り付けました。
DSC_0068

コンパネ T 12mm x W 70mm x L 200mm にホールソーで穴をあけました。
DSC_0069

コンパネ T 12mm x W 70mm x L 100mm を両脇に木ネジで固定しました。
DSC_0070

「ほうきブラシ・2WAYすき間ブラシ」を立てました。
DSC_0073

日立 ラクかるパワーブーストサイクロンを購入

dyson のコードレスクリーナー DC61 を保有していますが、やや重いこと、標準の掃除では 20分しか持たないので、1 階 から 3 階までの全ての部屋の掃除ができないこと、すこし大きな紙屑が吸い込めず吸引力に不満があったため、ジャパネットのCMを見て日立のコードレスクリーナーを購入しました。

「日立 スティッククリーナー ラクかるパワーブーストサイクロン シャンパン PV-BHL2000J R」をジャパネットで購入 39 ,800 円(税込) [お支払総額 41,340円(送料990円/下取手数料550円) ]

 ● とにかく軽くて、使いやすい!
スティック&ハンディの1台2役!
とにかく軽いから、取り回しやすく、サッとお掃除ができる!
ハンディタイプは1kgを切っているので、車内などへの持ち運びもラクラク!

 ● 強い吸引力で、ゴミをしっかり吸い込む
パワフルスマートヘッドでしっかり吸引
自走式の「パワフルスマートヘッド」は、軽い力でスーッと前に進み、微細なゴミまでしっかりと吸い込むので、隅々まできれいになります。
壁ぎわのゴミもキレイに取りきる「きわぴた構造」や、 ベッドの下やテレビの裏の隙間の暗い場所でも見やすい「LEDライト」も搭載しているので、隅々までお掃除できます!

 ● 日立はお手入れにもこだわり!
髪の毛が絡まりにくいダストケース
からまんプレス構造で内筒部分のフィルターに髪の毛などが絡まりにくくお手入れがラクです!
ゴミ捨て簡単「ごみダッシュ」---- ダストケース内のごみを捨てるときは、ダストケースを外さずにボタンを押せばごみが捨てられます。
ダストケースを分解してまるごと水洗いができるからお手入れ簡単!

本体及び付属品
DSC_0075

本体
DSC_0076 DSC_0077

DSC_0078

充電器
DSC_0094

取り外しボタンを▶方向に押すと簡単にダストケースが外れます。
DSC_0079

ごみすてボタンを押すと蓋が開きゴミが捨てられます。 ごみはドーナツ状になって落ちます。
DSC_0081

オレンジ色の部分を左に回すと外れます。髪の毛はオレンジ色の下にある白い円筒形の内筒フィルターの部分に巻き付いていますので簡単に外れます。
DSC_0082

取り外しボタン両脇の黒い突起を引くと、スポンジフィルターとクリーンフィルターがあります。 どちらも水洗いできます。
DSC_0083

ダストケースを取り付けました。 
DSC_0084 DSC_0085

DSC_0086

自走式の「パワフルスマートヘッド」です。
DSC_0087 DSC_0088
本体に「パワフルスマートヘッド」を取り付けました。 本当に軽い力でスーッと前に進みます。微細なゴミまでしっかりと吸い込みます。 ベッドの下やテレビの裏、階段などの暗い場所でも見やすい「LEDライト」も搭載しているので掃除残しが防げます。
DSC_0089 DSC_0090

DSC_0091

実際に 1 階から 3 階の掃除を行いました。
DSC_0095 DSC_0096

DSC_0097 DSC_0098

内筒フィルターに絡んだ髪の毛を除去しました。
DSC_0099 DSC_0100

DSC_0101

「パワフルスマートヘッド」には、糸くずが僅かに絡まっていますが簡単に除去できます。
DSC_0102

ほうきブラシ・2WAYすき間ブラシ
DSC_0093

使用した感想ですが、
 ,箸砲く軽いです。家中掃除しても手や腕が痛くなることはありません。
◆ 屮僖錺侫襯好沺璽肇悒奪鼻廚麓走式なので押しても引いても軽い力で動きます。
 「パワフルスマートヘッド」を使用して標準ターボでは、30分も掃除できるため 1 階から 3 階まで余裕で掃除ができます。
ぁdyson に比べて約 1 / 3 の騒音です。(dyson 82dB − 日立 73dB = −9 dB [ 1 / 2.818 ])
ァ 屮僖錺侫襯好沺璽肇悒奪鼻廚 LEDライトは、掃除残しを防げるため Good です。
Α 屮僖錺侫襯好沺璽肇悒奪鼻廚砲枠韻量咾ほとんど絡みません。髪の毛は内筒フィルターに絡むので除去しやすいです。
А)榲に壁ぎわにあるのゴミは吸い取れないので、手前に移動させて吸い取る必要があります。

健康保険任意継続から国民健康保険への切り替え

健康保険任意継続から国民健康保険への切り替えを体験したので記録に残しました。

1. 2019年3月末に70歳で希望して警備会社を退職しました。

2. 健康保険は、国民健康保険ではなく健康保険任意継続 (全国健康保険協会神奈川支部) に入りました。 国民健康保険よりは保険料が安上がりだと予想できたため健康保険任意継続にしました。
   保険料は ¥14,895 / 月  任意継続の期間は、 2019年4月1日 ~ 2021年4月1日

3. 2021年3月31日 に、全国健康保険協会より「健康保険任意継続被保険者資格喪失通知書」が届きました。
DSC_0066

4. 本人の被保険者証 と 被扶養者 (妻) の保険証の 2 枚を、2021年3月31日の PM 6:00 頃に郵便ポストに投函しました。 郵便ポストの収集は 4月1日になります。

5. 全国健康保険協会より折り返しに「資格喪失証明書」が届くものと思い待っていましたが、4月12日になっても来ないため、 全国健康保険協会に連絡したところ「健康保険任意継続被保険者資格喪失通知書」がそれに当たると言うことでした。

6. 「健康保険任意継続被保険者資格喪失通知書」を持参して川崎市役所 (バレール 2F) にある-保険・年金 (平日8:30 ~ 17:30) の窓口に行って手続きをしました。
  必要な書類
   「健康保険任意継続被保険者資格喪失通知書」
   「運転免許証」
  ※印鑑 や マイナンバーカードは不要

7. 手続き
   (欷院η金 (加入 脱退) ト崛觚に、「健康保険任意継続被保険者資格喪失通知書」 と 記入した「保険・年金 資格取得喪失届」を提出して番号札をもらう。
保険・年金 資格取得喪失届
DSC_0062-2

  ◆25 分程してH崛觚に呼ばれて、
   運転免許証を見せました。
   夫婦で国民健康保険に加入するのか確認を受けました。
   「健康保険任意継続被保険者資格喪失通知書」が返却されました。
   保険料の支払いは 6 月から 10 回に分けて払ってもらいます。
   国民健康保険保険証をこれから渡しますので呼ばれたら受け取って下さい。

   さらに 20 分程して ト崛觚に呼ばれて、
   国民健康保険 (夫婦 2 枚) を渡されました。 
   記載内容に間違いがないか確認をしてくださいと言われました。
DSC_0065

  ぁ,海譴粘偉擦任后 保険料がどの位になるのか 6 月にならないとわかりません。
 

PRESBY ドゥーアクティブ 老眼鏡 を購入

夫婦ともども老眼であり、段々と度が進んでいるのと、スマホやパソコンを1日中見ているためブルーライトの心配があるため 「PRESBY ドゥーアクティブ 老眼鏡 」を購入することにしました。

購入したのは、「PRESBY ドゥーアクティブ 老眼鏡 シニアグラス 度数調節 ( +0.5D〜+4.0D ) 拡大機能 UVカット 」です。私はグレー色を、妻はバイオレット色を購入。amazon で購入 ¥7,980 x 2 個

特長
 ● 視力に合わせて +0.5D〜+4.0D まで度数を調節できるシニアグラスです。 しかも片目ずつ別々に調整できるため左右の視力が違っていても問題ありません。 焦点距離は 25cm ~ 2m まで対応します。

 ● 新しいレンズの採用により、ブルーライトを30%以上カット。 UV (紫外線) も 99.9% カットします。 また、見る距離によって調節できるので使用目的を選びません。

 ● フレームは軽く柔軟性がありソフトな着け心地で、どなたでも使用できるフリーサイズ。 また約 19 g と軽量なので模型や裁縫などの細かな作業をする際にも便利です。

 ● 度数を最大にすれば、拡大率 2.0 倍 ( 焦点距離25cm ) の拡大鏡としてもご使用できます。 小さな文字などを見るのにもおススメです。

 ● さまざまなシーンや用途に対応しており、いつでも見やすく快適です!

DSC_0019 DSC_0016

DSC_0017 DSC_0018

DSC_0020

DSC_0011 DSC_0012

DSC_0013 DSC_0015

付けると拡大して見えます。
DSC_0021 DSC_0022

実際に使用した感想は、
  とても軽く装着している感じがありません。 また、フレームが柔らかいです。
  片目ずつのピント合わせは、とても合わせやすいです。
  約 1.14 倍 ( 7mm → 8mm ) に拡大されるためとても見やすくなります。
  視野の全域にわたり色収差は全く発生しません。ただし、少しあおり歪みが出るようです。 

PULUZ 60cm撮影ボックスを購入

これまで、「 ヤフオク 」の出品写真、や「 BLOG 」の投稿写真 などは、天井の「 シーリングライト 」の照明と「 LED平面ライト 」や 「 LEDリングライト 」で照明し、床や背景は壁紙を貼ったベニヤ板を置いて撮影していました。これでは、写真に影や暗い所ができてしまい良い写真とは言えませんでした。そこで少しでも良い写真が撮影できるよう「 撮影ボックス 」を購入することにしました。

購入したのは、「PULUZ 60cm LED Portable Photo Studio 36W / 2 x 1690LM / 5500K 超高輝度 LED 2 本付き 背景紙 6 枚 PSE認証 俯瞰撮影 簡易折りたたみ式スタジオセット」です。 amazon にて購入 ¥8,899
こちらを購入した理由は、サイズ的には中程度の60cmサイズであること。背景紙が 6 色なのも気に入りました。組み立てが簡単そうなのも選択した理由です。

特長
 ●【高輝度照明ライト】
撮影ボックスには無段階調光可能な 2 列の LED ライトが装備されており、120 個 5500K の色温度で明るく鮮やかな写真撮影に最適な光量を提供して、被写体を明るく自然に撮影出来ます。他の光源を追加せずに思い通りの撮影照明効果が得られます。サイズ:縦 60cm x 横 60cm x 高 60cm

 ●【PVCの6色背景シート】
3 枚の PVC 背景板( 白、黒、オレンジ)と 3 枚の不織布(赤、緑、青)6 色の豊富な背景布が付属、撮影の対象品にお応じて、ご自由に背景色を切り替えられることができます。背景紙の PVC 材質で、丸めて保管でき、持ち運びができ、場所を取らず、シワになりにくく、汚れや埃を拭き取ることができます。

 ●【完璧な内部撮影環境】
撮影ボックスの内部は高品質の反射材が付いているので、光を拡散して、優れた耐熱性があり、完璧な照明を与えます。反射内壁により、光を撮影ボックスの各コーナーに均一に分布して、ボックス内全体に満遍なく光が行き渡り。更に、柔光布 1 枚付き、光を柔らかして、影などができないので金属やガラスなどの被写体に影や反射を減らすのに役立って、魅力を最大限に引き出せます。

 ●【プロな大型スタジオ】
ボックスを広げて任意の面に置くと、アイテムの商用写真の良い背景を得て、製品の写真を撮ることができます。写真愛好家、職人、アーティスト、etsy 販売者、その他のオンライン販売者、専門家、製品広告主のために特別に設計されています。宝石、アクセサリー、おもちゃ、時計、ガジェット、その他のアイテムなどの小さなアイテムをすばやく簡単に撮影できます。

 ●【組立簡単・携帯型】
全面マジックテープで、ツールやバーが不要、4段階の組立方法により1分間で誰でも組み立てができます。また、折り畳んで、厚さわずか 3 僂砲覆襦⊆納バッグも付いており、使わないときは折りたたんで収納できるので場所を取りません。正面から水平撮影及び上部の穴から 90 度垂直撮影もサポートし、マルチ角度撮影ニーズを満たします。

DSC_0023 DSC_0024

DSC_0025

折り畳まれた撮影ボックスを開けて広げました。
DSC_0026

PVC 背景板( 白、黒、オレンジ)と 3 枚の不織布(赤、緑、青)が間に入っています。
DSC_0027

説明書
DSC_0060-2

左側の畳んである部分を広げました。 左右がレフ板になっており、中央は、2 列の LED ライトが取り付けてあり、柔光布 で覆われています。 柔光布はマジックテープ取付けなので取り外すことが可能です。 被写体を上から撮影する縦撮影では柔光布は邪魔になるため外す必要があります。
DSC_0028

立ち上げた後、左右のレフ板部を中央のライト部に対して 90 °に曲げてマジックテープで固定します。
DSC_0030 DSC_0031

さらに手前に起こせば撮影ボックスになります。
DSC_0032

緑色の不織布をマジックテープで撮影ボックスの奥に取り付けました。
DSC_0033

手前のレフ板 ( 撮影窓有り ) を引き上げました。
DSC_0034

付属の部品です。左上から、電源プラグコード、電源アダプター、コントローラー。
左下から、小型三脚、スマホホルダー。

DSC_0035

電源プラグコード、電源アダプター、コントローラーを接続し電源プラグをコンセントに差し込みました。
DSC_0036 DSC_0037

DSC_0059

小窓撮影
LED 照明 OFF
DSC_0038

LED 照明 弱
DSC_0039

LED 照明 中
DSC_0040

LED 照明 強
DSC_0041

大窓撮影
LED 照明 OFF
DSC_0042

LED 照明 弱
DSC_0043

LED 照明 中
DSC_0044

LED 照明 強
DSC_0045

PVC 背景板(白、黒、オレンジ)と 3 枚の不織布(赤、緑、青)による 小窓撮影 と 大窓撮影

DSC_0058

DSC_0050


DSC_0057

DSC_0051

オレンジ
DSC_0048

DSC_0049


DSC_0056

DSC_0053


DSC_0047

DSC_0044


DSC_0055

DSC_0054

折り畳んで収納し、必要に応じて組み立てる方法では億劫になってなかな使用しなくなると思い、組み立てて置くことにしました。
DSC_0132 DSC_0134

DSC_0136

らんの花を 6 色の背景色にて大窓撮影で撮影しました。撮影機材は、α 7 掘 棔FE 100mm F2.8 STF GM OSS です。
ISO200 100mm f / 6.3 1 / 15sec 5500K
A7305787

補色から見ると、このらんの撮影は青色の背景色が良いと思います。
ISO200 100mm f / 6.3 1 / 13sec 5500K
A7305788

colorchart24 (2)

ISO200 100mm f / 6.3 1 / 15sec 5500K
A7305789

ISO200 100mm f / 6.3 1 / 30sec 5500K
A7305790

ISO200 100mm f / 6.3 1 / 100sec 5500K
A7305793-2

ISO200 100mm f / 6.3 1 / 15sec 5500K
A7305794-2

使用した感想は、サイズ的には60cmサイズにして正解でした。背景紙は 6 色でしっかりしており良好です。組み立てが簡単で、背景紙も折り畳んで収納できるのも良好です。

Meike Sony E/FE用 接写リングを使用して撮影

早速、「 Meike MK-S-AF3A Sony E/FE用 接写リング 」 を Eマウントレンズの「 SEL100F28GM 」に取り付けて、花、コイン、指輪などを撮影してみました。

まず最初に、接写リングを取り付けた時の「 最短撮影距離 ( ピントを合わせることができる最短の撮影距離 ) 」 と 「 最長撮影距離 ( ピントを合わせることができる最長の撮影距離 ) 」を調べました。
接写リング無しの場合
α 7 + SEL100F28GM
DSC_0001

最短撮影距離 570mm
A7305741

最長撮影距離 1110mm
A7305742

接写リング 10mm
α 7 + 接写リング 10mm + SEL100F28GM
DSC_0002

最短撮影距離 475mm
A7305734

最長撮影距離 680mm
A7305735

接写リング 16mm
α 7 + 接写リング 16mm + SEL100F28GM
DSC_0003

最短撮影距離 445mm
A7305736

最長撮影距離 605mm
A7305737

接写リング 10mm + 16mm
α 7 + 接写リング 10mm + 接写リング 16mm + SEL100F28GM
DSC_0004

最短撮影距離 410mm
A7305738

最長撮影距離 520mm
A7305739

まとめ
接写リング10mm 最短撮影距離 475mm 最長撮影距離 680mm ピントが合う間隔 205mm
接写リング16mm 最短撮影距離 445mm 最長撮影距離 605mm ピントが合う間隔 160mm
接写リング26mm 最短撮影距離 410mm 最長撮影距離 520mm ピントが合う間隔 110mm
どの接写リングを使用しても、被写体とセンサー面の距離を巻尺などで測定して500mmに合わせれば、ピントは必ず合います。その後は距離を微調整して撮影すると良いと思います。

次は、接写リング 26mm ( 10mm + 16mm ) を取り付けて、指輪、コイン、花を撮影しました。
DSC_0004

指輪
ISO800 100mm f / 6.3 1 / 40 sec
A7305749

ISO800 100mm f / 6.3 1 / 30 sec
A7305750

ISO800 100mm f / 6.3 1 / 30 sec
A7305751

ISO800 100mm f / 6.3 1 / 40 sec
A7305752

コイン
ISO800 100mm f / 6.3 1 / 40 sec
A7305759 A7305760

ISO800 100mm f / 6.3 1 / 40 sec
A7305761 A7305762

ISO800 100mm f / 6.3 1 / 30 sec
A7305763 A7305764


ISO200 100mm f / 6.3 1 / 200 sec
A7305765

ISO200 100mm f / 8 1 / 100 sec
A7305766

ISO200 100mm f / 6.3 1 / 80 sec
A7305767

ISO200 100mm f / 6.3 1 / 60 sec
A7305768

ISO200 100mm f / 6.3 1 / 60 sec
A7305769

ISO200 100mm f / 6.3 1 / 40 sec
A7305770

ISO200 100mm f / 6.3 1 / 40 sec
A7305771

ISO200 100mm f / 6.3 1 / 40 sec
A7305772

ISO200 100mm f / 6.3 1 / 40 sec
A7305773

ISO200 100mm f / 6.3 1 / 40 sec
A7305774


Eマウントレンズ「 SEL100F28GM 」の絞り値を変えて撮影しました。
ISO200 100mm f / 5.6 1 / 3 sec
A7305782

ISO200 100mm f / 6.3 1 / 2 sec
A7305783

ISO200 100mm f / 8 3 / 5 sec
A7305784

ISO200 100mm f / 11 1.3 sec
A7305785

ISO200 100mm f / 16 2.5 sec
A7305786

Meike Sony E/FE用 接写リングを購入

現在保有している Sony の 35mmフルサイズ の Eマウントレンズは 、SEL1635GM . SEL24105G . SEL100F28GM . SEL100400GM ですが、 マクロレンズは保有していません。
例えば、ボケ味に魅力がある、SEL100F28GM (FE 100mm F2.8 STF GM OSS ) を使用したときには、最短撮影距離は 85cm (マクロ切換えリング 0.85 ~ ∞ 最大撮影倍率 0.14 倍) 又は 57cm (マクロ切換えリング 0.57 ~ 1m 最大撮影倍率 0.25 倍) となり、近寄れず大きく撮れません。
いずれマクロレンズの SEL90M28G ( FE 90mm F2.8 Macro G OSS 最短撮影距離 28cm / 最大撮影倍率 1 倍 ) を購入したいとは思いますが、それまでは、それに代わるものとして接写リングを購入することにしました。


購入したのは、「Meike MK-S-AF3A Sony E / FE用 接写リング (マクロエクステンションチューブ) セット 10mm & 16mm オートフォーカス NEX3 / NEX5 / NEX6 / NEX7 / A5000 / A6000 / A7 / A7M シリーズ用」アルミ製のパーツ使用です。 amazon にて購入 ¥3,320
ちなみに、Meike MK-S-AF3B もありますが、プラスチック製の様です。

Kenko の 「 DG EXTENSION TUBE SONY α E-mount Full Frame 」もありますが、渋かったり、がたつきが多かったりと今一の評価のため、こちらの「 Meike MK-S-AF3A 」 にしました。

特長
 ● EマウントAPS-Cおよびフルフレームカメラ(NEX、Eマウント、FEマウント)、ソニーミラーレス Eマウント FEマウント A7 / A7 II / A7 M2 / A9 / NEX5 / NEX6 / NEX7 / A5000 / A6000 / A6500 に対応

 ● オートフォーカスをサポートして、露出レベルを制御するためにシャッタースピードを直接変更するために手動モードを使用することをお勧めします

 ● 単独または重ねて使用できます(10 mm、16 mm、10 + 16 mm)。

 ● 小さなもの、昆虫、花、その他のものをクローズアップする 小さくて持ち運びが簡単な金属バヨネットプラスチックボディ

接写リングとは
 ● カメラボディとレンズの間に挟み込んで使う機材であり、レンズが入っていない筒です。
 ● よく似た機材に「テレコンバーター」がありますが、「テレコンバーター」と違い焦点距離が変わりません。
 ● 金属接点部があり、レンズとカメラボディの電気制御も伝わるのでAFも動作します。
マクロレンズとは
 ● 「接写」と言えば「マクロレンズ」です。「マクロレンズ」は「ちょー寄れるレンズ」です。センサーから近い位置でもピントが合うように、レンズ前玉とセンサー距離を離す設計がされているので、近接撮影が可能です。
 ● 普通のレンズと「マクロレンズ」の違いは、レンズ前玉とセンサー距離です。この距離を離せれば普通のレンズでも、「接写」が出来ます。
接写リングの使い方
 ● レンズ前玉とセンサー距離を離すには、間に距離を作る必要があります。
 ● 「接写リング」はカメラレンズとカメラボディの間に挟んで距離を作る道具なのです。
 ● 「接写リング」を使う事で「寄れないレンズ」が「寄れるレンズ」として使えます。
厚みを選ぶ
 ● 「接写リング」は接写する距離に応じてサイズを選ぶ必要があります。
 ● レンズ面ギリギリの「接写」をしたい場合は厚みのある接写リングを使います。
 ● 少しだけ「接写」がしたければ、薄い接写リングを使います。
 ● 単独または重ねて使用できます。
接写リングのメリット
 ● 「接写リング」は電子接点を備えた筒なので、AFも動作します。
 ● 「接写リング」内部にはレンズは組み込まれていないので、焦点距離もレンズの明るさも変わりません。
 ● 複数のレンズを持っていると使い道が広いので「接写リング」はおすすめです。
接写リングのデメリット
 ● 「接写リング」は、物理的にレンズとセンサー間の距離を伸ばすため、近距離にはピントが合うものの遠距離にはピントが合わなくなります。
 ● 普段は「接写リング」を外していて、「接写」の時に取り付けるための一手間が面倒です。

A7305727 A7305726

A7305724 A7305725

A7305722 A7305723

カメラ (α 7 ) と レンズ (SEL100F28GM) の間に取り付けました。
α 7 + SEL100F28GM
DSC_0001

α 7 + 接写リング 10mm + SEL100F28GM
DSC_0002

α 7 + 接写リング 16mm + SEL100F28GM
DSC_0003

α 7 + 接写リング 10mm + 接写リング 16mm + SEL100F28GM
DSC_0004

購入した「Meike Sony E/FE用 接写リング」は、渋かったり、がたついたりすることもなく取り付けは良好です。また、AF動作も特に変わりなく正常に動作します。コスパ的にも Good です。

夜間撮影時の水平確認のため「「UN ユーエヌ レベラー」にガンプラ LED ユニット を取り付けました

夜間撮影時に、蓄光テープを貼りつけた「UN ユーエヌ レベラー」でカメラのホットシューに取り付けて水平を確認しましたが、「UN ユーエヌ レベラー」をカメラバッグに長時間入れて置いたため蓄光が十分ではなく、結局、パナソニック LEDネックライト の世話になりました。 これではとても作業性が悪いため「UN ユーエヌ レベラー」にLEDランプを取り付けることにしました。

「UN ユーエヌ レベラー」が比較的小さいため取り付けるLEDランプも超小型であるのが望ましく、「BANDAI ガンプラ LED ユニット 2個入り」を購入しました。 ヨドバシカメラで購入 ¥1,020

A7305620 A7305621

箱の内側に説明書が印刷されています。
A7305622 A7305623

部品です。
A7305624 A7305625

裏ブタをニッパーで切り取りました。
A7305626

電池は LR41 です。 「ガンプラ LED ユニット」1 個当たり、2 個の LR41 を装着します。
A7305627

とりあえず 「ガンプラ LED ユニット」1 個だけに電池 2 個を入れ、もう 1 個の「ガンプラ LED ユニット」は予備として裏ブタをネジ止めしました。
A7305628 A7305629

A7305630

「ガンプラ LED ユニット」の裏ブタにあるスイッチを「ON」に切り替えて点灯させました。
「ガンプラ LED ユニット」の外径は約 18 mm、高さは 全高 11 mm、LEDランプ高 3mmです。
A7305632 A7305631


「UN ユーエヌ レベラー」への取り付けは、接着剤又は両面テープで悩みましたが、今回は両面テープで接着しました。
A7305633 A7305634

A7305635 A7305636

A7305637

カメラのホットシューに取り付けました。
DSC_0035

これで夜間撮影時の水平確認は問題が無くなりました。

Tycka フィルターケース を購入

これまでに購入した、「Kenko PRO1D Lotus ND16 フィルター 77mm & 82mm」、「Kenko PRO1D R-トゥインクル・スターフィルター  77mm」、「Kenko ZX サーキュラー PLフィルター 77mm」、「Kenko スターリーナイトフィルター  77mm」の合計 5 枚のフィルターを購入しましたが、そのまま付属のケースに入れて運搬するには嵩張りすぎるため、まとめて収納ができるフィルターケース を購入することにしました。
購入に当たっては、プロテクトフィルター (レンズ保護フィルター) を外してフィルターケースに入れた後、フィルターケースに入れている各種フィルターを付け替えるためにフィルターケース は 8 枚前後が入るものを選択することにしました。


購入したのは、「Tycka フィルターポッチ 防水 防塵 フィルターケース 取り外し可能な内側仕切り フィルター収納バッグ ストラップ付き 86mmまでの円型/角型フィルターに適用 TK025」です。 amazon で購入 ¥1,660

 ●【収納容量】
最大8枚のフィルターが収納可能。(注:円型8枚まで収納可能/角型6枚まで収納可能ですが、実際の収納数はフィルターサイズや形を影響しています。)86mmまでの円型/角形フィルターに対応。

 ●【内側仕切り】
内側の仕切りは取り外し可能で、状況に応じで使用方法を変えられ、クリーニングにも便利です。裏地は柔らかいフランネル素材を採用、フィルターを傷から保護します。

 ●【双方向ジッパー】
使いやすい双方向ジッパーデザインを採用、使用習慣に合わせて開け閉める方向を調整します。

 ●【ストラップ】
ケースの両側にリングが付き、付属のストラップを取り付けて、持ち運びに便利です。また裏側のマジックテープ付きナイロンストラップは、バッグをベルト、バックパック、三脚に簡単に取り付けられます。

 ●【保護性】
防水、防塵加工でフィルターを安全に収納可能。

 ●【寸法】
幅125mm x 高140mm x 厚56mm

収納バッグ と ストラップ
A7305563

収納バッグ
A7305571 A7305572

A7305573

ストラップ
A7305574

内側の仕切りを取り外しをました。
A7305566 A7305568

A7305569 A7305570

フィルターを収納バッグに入れました。
A7305576 A7305577

収納バッグをカメラバッグに入れました。
A7305578 A7305579

JJC フィルターレンチ 及び Lusweimi スマートフォンホルダーを購入

Kenko PRO1D Lotus ND16 フィルター、Kenko PRO1D R-トゥインクル・スターフィルター、Kenko ZX サーキュラー PLフィルター、Kenko スターリーナイトフィルター を購入しましたが、フィルターが固く外せなくなった時に必要なフィルターレンチを購入しました。
また、所有しているスマートホンホルダは両手で開いてスマホを取り付けるタイプであるため (ほとんどがこのタイプ) 取り付けがしずらく常々何とかならないかと考えていましたが、今回片手でスマートフォンホルダーを開くことができるタイプの製品を見つけたため購入しました。


2枚入 JJC フィルターレンチ キッド 55-72mm 77-95mm スレッド CPL UV ND フィルター 適用 レンズクロス 付属
 ● 2 枚セット:55 - 72mm / 77 - 95mm スレッド フィルター 適用
 ● カメラレンズに装着したフィルターを外し、調整できます
 ● デザインに人体工学を取り入れ、手触りが快適、使いやすいです
 ● 軽いPC素材で製作され、レンズとフィルターの傷付き予防できます
 ● クリーニングクロス付き、レンズフィルターの指紋や油汚れを簡単に落とせます
DSC_0027 DSC_0028

DSC_0030 DSC_0031


Lusweimi 三脚マウント スマートフォンホルダー 片手で操作簡単 スマホ ケータイ ホルダー 携帯電話 撮影 自撮り ビデオ 録画 Sony iPhone Android 幅57〜102mmスマホに適用 1/4ネジスレッド付き
 ●【最新型デザインスマートフォンホルダー】
幅が広くて5.3cm - 9cm間に調節できます、ケータイケースをつけでもオッケー、簡単に押すだけでホルダーが開く、片手でも使えます。
 ●【1/4"標準ネジ穴二つ付き】
三脚/一脚/自撮り棒などに適用です、両端ゴム付き、ケータイが磨られることはありません。
 ●【対応するスマホ】
iPhoneシリーズ や Android 機種 など各種、iPhone 11 X XS XR 11pro X 8 7 Plus 6s Plus and 6S Plus, Samsung Galary S7 J7,HUAWEI P9 Plus,OPPO R9s HTC One X, Google Nexus ,Sony Xperia Z and many other brands and models
 ●【携帯便利】
サイズは小さくてどこでも持ち運びられ、旅行、ハイキング、キャンプ、パーティーなどに撮影して、一人も撮られる。
 ●【サイズなど】
高さ73mm×幅29mm×奥行39mm、本体質量 : 30g。
DSC_0014 DSC_0015

DSC_0016 DSC_0017

DSC_0018 DSC_0019

DSC_0020

満開の桜を撮影

2021/3/31 近所の公園で桜が満開だったので撮影してきました。

撮影機材は、α 7 + SEL100F28GM (FE 100mm F2.8 STF GM OSS) + Kenko ZX サーキュラーPLフィルター です。
撮影条件は、絞り優先モード、ISO 200 固定、焦点距離 100mm です。


ISO 200 100mm f / 6.3 1 / 400sec
A7305663 A7305664-2

ISO 200 100mm f / 5.6 1 / 1000sec
A7305643 A7305644

ISO 200 100mm f / 5.6 1 / 1000sec
A7305646 A7305647

ISO 200 100mm f / 5.6 1 / 800sec
A7305648 A7305654

ISO 200 100mm f / 6.3 1 / 800sec
A7305658 A7305660

ISO 200 100mm f / 6.3 1 / 800sec
A7305661

ISO 200 100mm f / 5.6 1 / 800sec
A7305695 A7305696

ISO 200 100mm f / 5.6 1 / 500sec
A7305697

ISO 200 100mm f / 6.3 1 / 1000sec
A7305665 A7305666

ISO 200 100mm f / 5.6 1 / 1000sec
A7305668 A7305669

ISO 200 100mm f / 5.6 1 / 1000sec
A7305671 A7305672

ISO 200 100mm f / 5.6 1 / 1000sec
A7305673 A7305678

ISO 200 100mm f / 5.6 1 / 500sec
A7305680 A7305685

ISO 200 100mm f / 5.6 1 / 1000sec
A7305686 A7305687

ISO 200 100mm f / 5.6 1 / 1000sec
A7305688 A7305691

夜桜も撮影しました。
ISO200 100mm f / 5.6 1.3sec
A7305699

ISO200 100mm f / 5.6 2.0sec
A7305701

ISO200 100mm f / 5.6 1 / 6sec
A7305702

ISO200 100mm f / 5.6 1 / 13sec
A7305711

ISO200 100mm f / 5.6 1 / 13sec
A7305712

ISO200 100mm f / 5.6 1 / 10sec
A7305714-2

Kenko スターリーナイトフィルターで夜景を撮影

「Kenko スターリーナイトフィルター 77mm」を 「SEL24105G レンズ」に取り付けて多摩川六郷橋の東京側の土手から川崎の夜景を撮影しました。

撮影機材は、α 7 + SEL24105G (FE 24-105mm F4 G OSS ) です。
撮影条件は、絞り優先モード f / 10 固定、ISO800、太陽光、三脚使用。

DSC_0032 - コピー


撮影は、多摩川の東京側の土手から川崎の夜景を撮影しました。
左--- フィルター無し                右--- フィルター有り
 ISO800 29mm f/10 2sec            ISO800 29mm f/10 2.5sec 
A7305605 A7305606

左--- フィルター無し                右--- フィルター有り
 ISO800 92mm f/10 1sec            ISO800 92mm f/10 1.6sec
A7305600 A7305599

左--- フィルター無し                右--- フィルター有り
 ISO800 104mm f/10 1sec            ISO800 104mm f/10 1.3sec
A7305601 A7305602

左--- フィルター無し                右--- フィルター有り
 ISO800 83mm f/10 4/5sec            ISO800 83mm f/10 1.3sec
A7305586 A7305597

左--- フィルター無し                右--- フィルター有り
 ISO800 104mm f/10 1/2sec            ISO800 104mm f/10 4/5sec
A7305604 A7305603

左--- フィルター無し                右--- フィルター有り
 ISO800 83mm f/10 4/5sec            ISO800 83mm f/10 1sec
A7305584 A7305595

左--- フィルター無し                右--- フィルター有り
 ISO800 83mm f/10 4/5sec            ISO800 83mm f/10 1.3sec
A7305590 A7305591

左--- フィルター無し                右--- フィルター有り
 ISO800 94mm f/10 3/5sec            ISO800 94mm f/10 1sec
A7305619 A7305613


夜景撮影では、WB (ホワイト・バランス) は AWB よりも「太陽光」に設定した方が撮影した色合いは実態に近い色合いで撮影できます。そうすると、光害のために全体的に画像が赤くなりますので「Kenko スターリーナイトフィルター 77mm」をレンズに取り付けることで、光害を低減した画像が撮影できてGood です。夜景撮影には必須のフィルターだと思います。

Kenko スターリーナイトフィルターを購入

夜景の撮影時、都会の夜空が全体的に赤っぽくなってしまいます。こういった街明かりをいわゆる「光害」といいますが、写真撮影の際に、これらを適切にカットすることで夜空を本来の色味で撮影することができる 「光害カットフィルター 」 を購入することにしました。

購入したのは、「 Kenko スターリーナイトフィルター 77mm」です。 楽天で購入 ¥7,560

商品紹介
街中のナトリウム灯や水銀灯などの明かりが空に影響し、都会の夜空を撮影すると全体的に赤っぽくなってしまっています。こういった街明かりをいわゆる「光害」といいます。写真撮影の際に、これらを適切にカットすることで夜空を本来の色味で撮影することができるフィルターを「光害カットフィルター」と呼びます。星空・夜空を撮影するすべての人たちにもっとキレイな星空・夜空を撮影してもらいたい…そんな思いから生まれたのが星景・夜景撮影用の光害カットフィルター「スターリーナイト」です。

「スターリーナイト」は、特定の波長域の光線のみをカットする性質を持ち、ナトリウム灯や水銀灯などによる色カブリを抑えます。そうすることでオートホワイトバランスであっても本来の色合いの風景を撮影することが可能になります。また、「ASTRO LPR」のような従来の光害カットフィルターと違い、使用できるレンズの焦点距離に制限がないので超広角レンズでも違和感なく撮影することができます。枠はケラレにくい薄枠設計。ローレット加工も施していますので予備係がよく滑りにくいので屋外でのフィルターの脱着も容易に行えます。安心と信頼の日本製。。

■ 街明かりによる色カブリを抑える光害カットフィルター
特に都会の夜空は、ナトリウム灯や水銀灯などの街明かりの影響により、黄色やオレンジ色に色カブリして写ってしまいます。そこで「スターリーナイト」を使用することで、色カブリを低減し、自然な色再現が可能になります。写真現像ソフトで作品を仕上げる場合でも、「スターリーナイト」であらかじめ光害をカットしておいた方が作業工程も減りRAW現像しやすくなる、というメリットがあります。まさに星景・夜景撮影のためのフィルター、それがスターリーナイトです。

■ 星景・夜景撮影に最適
スターリーナイトは従来の光害カットフィルターと違い、使用するレンズの焦点距離に制限が無く、広角レンズでも色転びが発生しません。また、広角レンズ使用時でもケラレが発生しにくい薄枠仕様のため、特に星景写真に最適なフィルターです。また夜景の撮影や、後加工が難しいタイムラプス撮影時にも威力を発揮します。

■ ソフトフィルターとの併用もオススメ
スターリーナイトと、星景写真で星をにじませて星座を際立たせる効果のあるソフトフィルターを重ね付けして撮影するにより、より印象深い作品に仕上げることできます。特に「プロソフトン」シリーズが最適です。※フィルターを重ね付けする場合、画像の周辺が黒くケラレる可能性がございますのでご注意ください。

■ 受賞
デジタルカメラグランプリ2020 SUMMER 周辺機器部門 金賞

A7305559 A7305560

A7305561 A7305562

Kenko ZX サーキュラーPLフィルターを購入

先日、滝や渓流の撮影時に滝を絹糸のように、渓流を雲海のように滑らかに表現することが可能な 「Kenko PRO1D Lotus ND16 フィルター 77mm & 82mm」を購入しましたが、水面の反射を抑えたり、青い空や草木の緑や紅葉をより鮮やかにしたり、ガラスの反射を抑えたりできる サーキュラー PL フィルターも購入することにしました。

購入したサーキュラー PL フィルターは 「Kenko ZX(ゼクロス) サーキュラーPL 77mm」です。ヤフオクにて購入 ¥8,000

商品紹介
「Kenko ZX(ゼクロス) サーキュラーPL」は、最高のカラーバランスと超高解像を実現した究極のPLフィルターです。ガラスに負荷を与えない画期的なフレーム構造「フローティングフレームシステム」により、究極の平面性を確保し超高解像を実現。また、新開発の高透過偏光膜採用により、最高のカラーバランスを実現。また、PLフィルターとしては驚異の片面反射率0.3%以下を実現しました。
レンズの解像力をそのままに、反射をコントロールして色彩コントラストを高める最高画質のPLフィルターです。

■新開発の高透過偏光膜を採用
ZX サーキュラーPLは、新開発の高透過偏光膜を採用。これにより黄色みがかりがちであった通常のPLフィルターと比べ、色味の偏りがない最高のカラーバランスを実現しながら、約1EV明るい透過光量を実現しました。

■超高解像を実現する「フローティングフレームシステム」
フィルター枠はZXシリーズ共通の「フローティングフレームシステム」を採用。
従来のPLフィルターはフィルター枠でガラス面を押さえて固定するため、ガラス面にごくわずかな歪みが生じてしまいます。
ZX サーキュラーPLは特殊な緩衝材でガラスを保持しているため、ガラスの平面性を損ないません。レンズ本来の解像力はそのままにPL効果を発揮できる最高画質のPLフィルターとなりました。

■片面反射率0.3%以下を実現
従来のPLフィルターの低反射コートは片面反射率0.6%以下が最高クラスでしたが、ZX サーキュラーPLは0.3%以下を実現。写真への影響を限りなく少なくすることに成功しました。

■撥水・撥油コーティング
ガラスのコーティング最終層に耐久性の高い撥水・撥油コーティングを成膜。水や油を強力に弾き、指紋などの汚れが付着しても簡単に拭き取ることができます。水辺での撮影や雨天時でもストレスなく撮影でき、日頃のメンテナンスを簡単にします。

■受 賞
デジタルカメラグランプリ2020 SUMMER 周辺機器部門 金賞
デジタルカメラグランプリ2021 周辺機器部門 レンズ関連アクセサリー 金賞

偏光フィルターが有効な場面
● 水面の反射を抑える
特に変化が分かりやすいのが水面で、フィルターの偏光濃度を濃くすると水面の白っぽい反射が抑えられ水中が見えるようになります。魚釣りをする人ならご存知かもしれませんが、偏光サングラスを使うと水中にいる魚が見えやすくなるのと一緒です。

● 青い空や草木の緑、紅葉をより鮮やかに
空気中の塵や埃が乱反射して空が白っぽくなるのですが、偏光フィルターを使う事で空がより青くなり、遠くに見える風景のコントラストも高くなります。また、草木に反射する白い光も抑えられるため、本来の色に近づきより鮮明な緑、紅葉になります。

● ガラスの反射を抑える
店舗の外観撮影をする際にガラスが反射して店内が見えない場合は、偏光フィルターを使うと反射が抑えられ店内も見えるようになります。
また、ガラス張りのショーケース内にある商品を撮影する場合も偏光フィルターを使うと余計な反射を抑えられ綺麗に撮ることができます。
夜景の撮影時に窓ガラスに映る室内照明の反射も低減することができます。

● 場合によっては使わない方が良い
リフレクション (反射) を活かした写真に仕上げたい時は、逆に偏光フィルターを使わない方が良かったり、場合によっては偏光の度合いを調整して少しだけ反射を抑えたりと、ケースバイケースで偏光フィルターを使い分けるの上手な使い方です。

PLフィルターのデメリット
● 暗くなる
低価格のPLフィルターは装着すると平均2段ほど暗くなります。
例えば、PLフィルター無しでシャッター速度1/40秒の時に、2段暗くなると1/10秒に遅くなり、手ブレを起こしやすくなります。
暗くなりにくいPLフィルターは最高級モデルとかで価格がグッと上がります。

● 解像力・画質の低下
PLフィルターは2枚のガラスの間に偏光膜を挟んだ偏光フィルターであり、解像力は必ず低下します。安価なPLフィルターは、偏光膜の品質が悪く露骨に解像力が低下します。
他の原因としては、ガラスを枠にはめる際に力がかかり、その影響でわずかにガラスが歪むことです。
また、PLフィルター面で光が反射し、画質が低下することもある。各メーカーでは低反射コートを施すことで、PLフィルター装着による画質への影響が少なくするよう対策がなされています。

● レンズフードとの干渉
PLフィルターはモノによっては、枠部分が出っ張っていることがあります。そうするとレンズフードが取り付けられません。
また、PLフィルターは前部のガラスを回すことで効果の具合を調整しますが、レンズフードをしているとこれができません。PLフィルターとレンズフードとの相性は悪いです。

● 寿命がある
PLフィルターは寿命があります。基本的には7〜8年と言われています。
PLフィルターは劣化すると黄色っぽくなります。なので、白い紙の上にPLフィルターを置き、ニュートラルなグレー色なら正常、黄色っぽくなっていたら取り替えと判断することが可能です。
また、PLフィルターは熱と紫外線に弱いので、長く使うためには高温となる場所(60℃以上)や、太陽光の下にフィルターを裸で長時間置かないように注意する必要があります。真夏の車内は危険です。

購入した、「Kenko ZX(ゼクロス) サーキュラーPL 77mm」です。 取り付けできるレンズは、SEL24105G、SEL100400GM にはそのまま取付け可能、SEL100F28GM はステップアップリング (レンズ径 72mm → フィルター径 77mm) を使用して取付可能です。
A7305531 A7305532

A7305533 A7305534

A7305535

オーディオラックのガラスに映る室内の反射を Kenko ZX(ゼクロス) サーキュラーPL の前部のガラスを回して効果をテストしました。
室内の反射が大きい
A7305530

室内の反射が低減しました
A7305529

屋外の撮影でも効果をテストしました。
● 水面の反射を抑える
偏光濃度が薄い      
A7305547

偏光濃度が濃い
A7305548

青い空を鮮やかに
偏光濃度が薄い
A7305538

偏光濃度が濃い
A7305536

偏光濃度が薄い
A7305539

偏光濃度が濃い
A7305540

屋根の反射を抑える
偏光濃度が薄い
A7305542

偏光濃度が濃い
A7305541

カメラの水平を気泡水準器で合わせることにしました

これまで、カメラの水平を内蔵の電子水準器で合わせて撮影することがほとんどでしたが、Lightroom にて画像を編集する際に、微妙に水平がずれているため修正することが良くありました。

カメラのホットシューに「UN ユーエヌ レベラー」を取付て、カメラの電子水準器との比較をしました。
「UN ユーエヌ レベラー」の泡が左線に触れているのに、電子水準器は水平 OK となっている。
撮影した画像は、わずかに左に傾いている。
DSC_0002 A7305510

「UN ユーエヌ レベラー」の泡が中央で、電子水準器は水平 OK となっている。
撮影した画像は、水平が OK である。
DSC_0003 A7305511

「UN ユーエヌ レベラー」の泡が右線に触れているのに、電子水準器は水平 OK となっている。
撮影した画像は、わずかに右に傾いている。
DSC_0004 A7305512

以上から、カメラの電子水準器に従って撮影すると撮影した画像が傾く可能性が極めて高いと言えます。そこで今後は、原則として「UN ユーエヌ レベラー」により水平を合わせることにしました。

「UN ユーエヌ レベラー」は、日中は視認性が良いのですが夜間では照明が無いと見えないため、小型のライトを購入することにしました。また、蓄光テープを貼ることも考えました。

小型のライトは、手持ちのタイプだと使いづらいため、首にかけることができる[パナソニック LED ネックライト BF-AF10P-K ブラック]を購入しました。ヨドバシカメラで購入 ¥1,110
特長
● 首にかけて両手が使える。
● 手元・足元を明るく照射
● 防滴構造
● 電池付き --- コイン電池 CR2032 x 2 個
● 用途 --- ペットの散歩、登山、釣り、暗がりでの作業、
A7305514 A7305515

A7305516

ネックホルダーの根元 2 ヵ所を内側に押して変形させて、前カバーを絞り出しました。リチュウム電池 CR2032 x 2個 は既に装着してあるので直ぐに使用できます。 コイン電池は、スイッチ側から ⊕ ⊖ ⊕ ⊖ にして入れる。
A7305517

製品名の裏側にスイッチが有り、1回押すごとに点灯・消灯を繰り返します。
A7305518

蓄光テープは、JIS 規格 最上位 JD クラス対応品の「Super α-FLASH」を購入しました。 amazon で購入  ¥999
A7305557 A7305558

暗い部屋でも蓄光テープはかなり明るいです。
A7305556

「UN ユーエヌ レベラー」に蓄光面を接触させてセロテープで貼りました。
DSC_0012 DSC_0013

カメラのホットシューに「UN ユーエヌ レベラー」を立てた状態で取り付けました。
DSC_0006

室内の照明を消して「UN ユーエヌ レベラー」を撮影しました。蓄光テープが明るいので泡がはっきり見えます。
DSC_0010

Kenko PRO1D R-トゥインクル・スター(W)フィルターを取り付けて夜景を撮影

購入した「Kenko PRO1D R-トゥインクル・スター(W)フィルター」を、α 7 + SEL24105G (FE 24-105mm F4 G OSS) のレンズに実際に取り付けて夜景を撮影してみました。

α 7 + SEL24105G (FE 24-105mm F4 G OSS)
DSC_0293

川崎市川崎区元木交差点 (国道15号線) の歩道橋で撮影
A7305478 A7305482

A7305483

チネチッタで撮影
A7305485 A7305487

A7305489 A7305488

A7305491 A7305492

A7305493 A7305494

JR川崎駅前で撮影
A7305495 A7305497

A7305503 A7305506

A7305508

撮影した印象ですがLEDイルミネーションは全てクロスラインとなるために、うるさ過ぎる印象です。思ったよりクロスラインがたくさん出るので使い方が難しいと思います。

Kenko PRO1D R-トゥインクル・スター(W)フィルター を購入

夜景撮影時、点光源をクロス上の光線に変えることができれば感動的な写真が撮れると思い、クロスフィルターを購入することにしました。 クロスフィルターの中でも光線が長くならないタイプの「PRO1D R-トゥインクル・スター(W) フィルター」を購入することにしました。

購入した、「PRO1D R-トゥインクル・スター(W) フィルター 77mm クロス効果用」です。amazonにて購入 ¥5,618

商品紹介
イルミネーションや夜景撮影などで点光源をクロス状の光線に変えることのできる、効果フィルターの「クロスフィルター」。これまでのクロス効果フィルターは、写真の中に光源が多いと光線同士がつながってしまったり光線自体が長くなってしまったり、と状況を考えて使用する必要がありました。
「PRO1D R-トゥインクル・スター(W) フィルター」は、光源を星のようにキラキラ輝かせることができる、新タイプのクロス効果フィルターです。

■ 光の線が長くならない、クロス効果フィルター 
今までの一般的なクロスフィルターは、光源によっては、光の線が長く出すぎるため、光源が密集しているイルミネーションを撮影する際などでは、写真がくどくなってしまうことがありました。
「PRO1D R-トゥインクル・スター(W) フィルター」はこれまでのクロスフィルターと異なり、独自の新製法により、強い点光源が密集するような状況でも、光の線が長く出すぎることがなく、かわいく短い形のクロスでキラキラ感を表現できる「きらきら星」を生み出せる効果フィルターです。

■ 回転枠で、簡単に光の印象をチェンジ
「PRO1D R-トゥインクル・スター(W) フィルター」は、回転枠を採用していますので、クロスの向きを変えることができます。シチュエーションに合わせて「+」や「×」などに変えられるので、より表現の幅を広げることができます。

■ 弱ソフト効果フィルターとして使用することも可能
強い光がない状況下で「PRO1D R-トゥインクル・スター(W) フィルター」を使用すると弱効果のソフトフィルターとしても使用できます。
フィルターに刻まれた格子状の溝がソフト効果を生み出し、ポートレートや風景撮影などで活用することができます。その場合、ボケ部分に溝のパターンが写りこみ、通常のソフトフィルターとは異なった、独特の表現となります。

■ 機 能
面反射0.5%以下のデジタルマルチコート
フィルターガラスの外周に黒塗り加工で内面反射を極限まで低減。
広角レンズでもケラレしにくい薄枠設計。
フィルターが着脱しやすいローレット (滑り止め) 加工。

■ 受 賞
デジタルカメラグランプリ2020 SUMMER 周辺機器部門 金賞

DSC_0286 DSC_0287

DSC_0292 DSC_0291

トゥインクル・スター フィルターの光量低下はほとんどないようです。

α 7 + SEL24105G (FE 24-105mm F4 G OSS) のレンズに取り付けました。
DSC_0293

LED照明を撮影しました。
A7305451

A7305452 A7305453

A7305454 A7305455

A7305456 A7305457

A7305458

回転枠を少しずつ回して、クロスの向きを変化させてみました。
A7305464 A7305465

A7305466 A7305467

A7305468 A7305469

A7305470 A7305471

A7305472 A7305473

A7305474 A7305477

GREEN.L 12インチLEDリングライトを購入

スマホでブログにUPするための写真を撮影するときに、天井シーリングライトの照明だけでは影が出来たりして綺麗な写真が撮れません。 そこで照明の改善をする目的で LED リングライト を購入することにしました。

購入したのは、「GREEN.L LED リングライト 12 インチ自撮り撮影照明用ライト 調光可能 USB 給電 三脚スタンド 美顔 美容化粧/ YouTube 生放送/ビデオカメラ撮影用 」です。 amazon で購入 ¥2,599

商品説明
•【ビガー と ブライト】
12 インチ LED リングライト、144 ピース LED ビーズは、あなたのメイク、自分撮り、Vlog、YouTube ビデオ撮影、写真照明、ポートレート写真、ビデオチャット、ライブストリーミング、製品ディスプレイなどに優れた照明効果を提供することができます

•【調光照明】
セルフ LED リングライトは3色のライトモード:暖かく、自然で寒い、色温度: 2900K - 6000K 。また、各照明モードに対して10 の調整可能な明るさレベルがあります。あなたは、異なる状況ですべてのニーズを満たすために、応じてモードと明るさを調整することができます。

• 【安定金属三脚】
頑丈で調整可能な三脚 (18.5 ~ 63インチ) はぐらつきを起こさずに安定します。また、折りたたみ式でポータブルなので、リングライトを持ち歩き、外出先でスポットライトを浴びることができます。

• 【多目的なアクセサリー】
360° 回転式携帯電話クランプ、電話ホルダー付きの電話トップシュートスタビライザー、ダブルジョイントメタルマンプレーター、ライブストリーミング、オンラインティーチング、製品ディスプレイなどに最適

• 【簡単なリモート撮影】
メイクライトには、お客様の利便性のために iPhone & Android スマートフォンと互換性のあるブルートゥースリモコンが含まれています。最大33フィート離れた場所からデバイスを制御し、簡単にセルフィーやグループショットを撮ることができます。

【箱の中にあるもの】:
• 12" ledリングライト
• 63" 三脚スタンド
• 電話トップシュートスタビライザー電話ホルダー
• グースネック電話ホルダー
• ダブルジョイントメタルマンプレーター
• 三脚マウント
• ブルートゥースリモートシャッター ( 電池 CR2032 リチウム )
• ユーザーマニュアル

GREEN.L 12インチLEDリングライト本体、説明書、アクセサリーです。
DSC_0201

12" ledリングライト
DSC_0203

コントロールスイッチ
DSC_0204

63" 三脚スタンド
DSC_0221

電話トップシュートスタビライザー電話ホルダー
DSC_0214 DSC_0215

DSC_0216 DSC_0217

グースネック電話ホルダー
DSC_0205 DSC_0206

DSC_0207

ダブルジョイントメタルマンプレーター
DSC_0212 DSC_0213

三脚マウント
DSC_0209 DSC_0210

ブルートゥースリモートシャッター
DSC_0218 DSC_0219

DSC_0220

ブルートゥースリモートシャッターの電源を入れてスマホのBluetooth を設定して動作させたところ、シャッター動作ではなくズーム動作となりました。 スマホカメラのその他の設定で「音量キー設定」が「ズーム」になっていたのが原因でした。「音量キー設定」を「シャッター」に設定する必要があります。

ユーザーマニュアル
DSC_0202

USB給電の電源コンセントである、「RAVPower USB 充電器 2ポート 24W 【最大出力5V,4.8A/急速/折畳式プラグ】 iPhone/iPad/Android 等のUSB機器対応 RP-UC11 (1Pack, ホワイト)」」も購入しました。 amazon にて購入 ¥1,103
DSC_0241 DSC_0242

三脚スタンドを組み立てました。
DSC_0222 DSC_0224

DSC_0225 DSC_0226

12" ledリングライトにグースネック電話ホルダーを取付、さらに三脚マウントを取り付けました。
DSC_0208 DSC_0211

三脚スタンドに12" ledリングライトを取り付けました。
DSC_0227 DSC_0232

低い位置に12" ledリングライトを取り付ける場合は、電話トップシュートスタビライザーを三脚スタンドの脚に取り付けてから、12" ledリングライトを取り付けます。
DSC_0233

グースネック電話ホルダーからダブルジョイントメタルマンプレーターに替えました。
DSC_0234

100 V 電源タップにUSB給電コンセント差し込んだ後、USBプラグを差し込みました。 リングライトのコントロールスイッチは、右から 電源ON/OFF、輝度調整−(10段階)、3色切替(冷たい光、暖かい光、日光)、輝度調整+(10段階)
DSC_0243 DSC_0244

コントロールスイッチの電源をONにして点灯させ、3色切替 (冷たい光、暖かい光、日光) をしました。
冷たい光 (6200K)
DSC_0245-2

暖かい光 (2900K)
DSC_0246

日光 (4500K)
DSC_0247

冷たい光にて輝度調整をしてみました。
1段階
DSC_0248-2

5段階
DSC_0249

10段階
DSC_0250

オートバイのメタルクラフトをリングライトで照明 (冷たい光 6200K) してスマホ (Xperia XZ SO-01J) で撮影しました。
A7305439

リングライトの照明OFF (天井照明のみ)  ISO64 4.23mm  f /2 1/15sec
DSC_0264

リングライトの照明ON 1段階  ISO50 4.23mm f /2 1/15sec
DSC_0265

リングライトの照明ON 5段階  ISO50 4.23mm f /2 1/20sec
DSC_0266

リングライトの照明ON 10段階  ISO50 4.23mm f /2 1/40sec
DSC_0267

グースネック電話ホルダーを外して、α 7 + SEL241065G でも撮影しました。
DSC_0271

リングライトの照明ON 1段階  ISO3200 48mm f /8 1/50sec
A7305436

リングライトの照明ON 5段階  ISO1250 48mm f /8 1/50sec
A7305437

リングライトの照明ON 10段階  ISO640 48mm f /8 1/50sec
A7305438

12" ledリングライトの輝度は今回の被写体では不足は感じませんでした。3色切替については微調整ができないのは残念。 アクセサリー関係は価格から考えれば、何とか使えるのでよしとしましょう。

Kenko PRO1D Lotus ND16 フィルターを購入

滝や渓流の撮影時、NDフィルターを使用せずに露出をカメラまかせにすると、水の流れが中途半端な感じに写りがちです。NDフィルターを使用してスローシャッターにすることで、滝を絹糸のように、渓流を雲海のように滑らかに表現することが可能です。
おすすめの ND は、 ND16 ・ ND32 ・ ND64 ですが、今回は Kenko PRO1D Lotus ND16 の 82mm と 77mm を購入しました。

---------------------------------------------------------------------------------------
Kenko PRO1D Lotus NDフィルターの特長
■ 耐久性に優れた 撥水・撥油コーティング
水や油を強力に弾き、指紋などの汚れが付着しても簡単に拭き取ることができます。

■ 最高峰のコーティング技術で忠実な色再現性
トップレベルの安定した色再現性で減光を可能とする新技術「PRO1D ND Coat II」を採用。真空蒸着技術により極めて高いニュートラル性を実現。静止画、動画問わず使用でき、カメラの感度特性をほとんど崩すことなく減光させる、高品位コーティング処理を施しています。

■ 硬質アルマイト処理
一般的なフィルターの場合、金枠の表面処理にアルマイト処理を施すのに対し、PRO1D Lotusシリーズには硬質アルマイト処理を採用。通常のアルマイトよりも厚い酸化被膜層を形成し、表面硬度、耐摩耗性、耐久性の向上を実現しました。

■ 着脱しやすいローレット加工
枠の先端に面取り加工、側面に平目ローレット加工を採用。滑りにくく、フィルターの着脱や重ね付けを快適にします。

■ 滑らかな着脱を実現する
レンズ取付ネジに潤滑加工を施すことで、レンズへの着脱を滑らかにし、レンズへの噛み込みを軽減させます。

■ 耐腐食処理
フィルターガラス押さえバネに耐腐食処理を施しサビを防止。バネの部分にまで水が入り込んでも安心です。

■ 高透過率光学ガラス
透明度の高いガラスを使用。高純度の原料を溶解してつくられており、可視域から赤外域に至る広い波長域で高い透過率を持っています。

■ ナノレベルの加工精度 ガラス表面は高精度な光学研磨により、平行平面を維持しています。

■ NDコートにも低反射仕様 ND4、ND8、ND16の反射率は5%未満です。

■ ガラス外周墨塗り加工 内面反射を極限まで防止

■ 超広角レンズにも対応する薄枠設計

■ レンズキャップ取付可能

■ 紫外線吸収フィルターケース付属

■ 日本製
---------------------------------------------------------------------------------------

レンズ SEL1635GM    レンズ径 82mm
レンズ SEL24105G    レンズ径77mm
レンズ SEL100400GM  レンズ径77mm
レンズ SEL100F28GM  レンズ径72mm

72mm は、ステップアップリング (レンズ径72mm → フィルター径 77mm) と ワイドシリコンレンズフードを購入して対応することにしました。

Kenko PRO1D Lotus ND16 82mm です。 ヨドバシで購入 ¥10,110
DSC_0176 DSC_0177

DSC_0178

レンズ SEL1635GM レンズ径82mm に取り付けました。
DSC_0187 DSC_0188

Kenko PRO1D Lotus ND16 77mm です。  ヨドバシで購入 ¥7,020
DSC_0179 DSC_0180

DSC_0181

レンズ SEL24105G レンズ径77mm に取り付けました。
DSC_0185 DSC_0186

レンズ SEL100400GM レンズ径77mm に取り付けました。
DSC_0189 DSC_0190

ステップアップリング (レンズ径 72mm → フィルター径 77mm) です。
DSC_0195 DSC_0196

DSC_0197

ワイドシリコンレンズフードです。
DSC_0172DSC_0172
 DSC_0173

DSC_0174 DSC_0175

レンズSEL100F28 GM 72mm にステップアップリング と ワイドシリコンレンズフードを取り付けました。
DSC_0198 DSC_0199

DSC_0200

どのレンズも MC PROTECOR フィルターを外して ND 16 フィルターを付けてやればケラレは発生しません。

さらに、ステップアップリングを使用することで、「 Kenko PRO1D Lotus ND16 82mm 」 と 「 Kenko PRO1D Lotus ND16 77mm 」 の 2 枚の ND 16 フィルターを重ねることで ND 16 x ND 16 = ND 256 ( 8 段分 ) に減光できることになります。 使用して大きな問題が無ければ 購入しようと考えていた「 Kenko PRO1D Lotus ND400 77mm & 82mm」を止めるつもりです。
SEL100F28GM
レンズ側から、
「72mm→77mmステップアップリング」
「77mm ND16 フィルター 」
「77mm→82mmステップアップリング」
「82mm ND16 フィルター」
DSC_0282

SEL24105G
レンズ側から、
「77mm ND16 フィルター 」
「77mm→82mmステップアップリング」
「82mm ND16 フィルター」
DSC_0283

SEL100400GM
レンズ側から、
「77mm ND16 フィルター 」
「77mm→82mmステップアップリング」
「82mm ND16 フィルター」
DSC_0284

[Neewer] バックパック車輪付きカメラバッグを購入

通常、写真撮影に出掛ける時は、カメラ と レンズをショルダー式カメラバックに入れて左肩に掛けて運搬することが多いです。さらに三脚があれば手で持つか、カメラと同じように左肩に掛けて運搬することになります。
このため歩いてあちこちを撮影する場合には、カメラバッグと三脚の重量が左肩にかかってとても疲労することになります。
そこで両肩でバッグを担いだり、引っ張っても運搬できる、バックパック車輪付きカメラバッグを購入することにしました。


保有しているショルダー式カメラバッグです。
DSC_0158 DSC_0159

購入した、「[Neewer]  2-in-1 コンバーチブル車輪付きカメラバック 荷物用トロリーケース ダブルバー、耐衝撃性の取り外し可能なパッド入りコンパートメント付き SLR/DSLR カメラ、 三脚、 レンズと他のアクセサリーに対応 (ブラック/レッド) 」 です。 amazon にて購入 ¥12,999

商品説明

・ 完璧で便利な旅行バッグ。 すべてのカメラツールを簡単に保管、持ち運びすることができ、一部の部品を忘れたり紛失したりする心配はありません。

・ バッグの底には滑らかで高品質のホイールが付いています。滑りやすいラバーホイールで目的地にバッグを運ぶのに最適です。これにより、衝撃を軽減し、スムーズな移動性と軽い旅行を実現し、長時間の使用をサポートします。

・ このバックパックは、調節可能なパッド付きショルダーストラップで設計されており、肩に乗せたときに最も快適に感じることができます。ショルダーストラップクリップを使用する必要がない場合は、バックポケットに隠すこともできます。

・ 伸縮式ハンドルは、非常に便利な方法でカメラバックパックをある場所から別の場所に運ぶために延長できます。使用していないときは、コンパクトに保管するためにスムーズに折りたたまれます。

・ バックパックには、特に階段を上がる場合に、持ち運びや短距離での持ち運びに安全なグリップを提供する頑丈な上部ハンドルも付属しています。

・ レインカバーは、バッグや貴重な機器を雨、ほこり、汚れから守るのに役立ちます。

仕様
・ 伸縮ハンドルの長さ :48 cm
・ サイズ          :55 x 35 x 26 cm
・ コンパートメント    :11個の追加コンパートメント
・ 材質           :ナイロン
・ カラー          :ブラック/レッド

パッケージ内容
・ ローリングカメラバックパック
・ レインカバー

購入した、[Neewer] バックパック車輪付きカメラバッグです。
A7305384 A7305385

A7305387 A7305386

三脚の脚受けです。
A7305389

レインカバー です。
A7305390

レインカバー を広げました。
A7305391

レインカバーをバッグに被せました。
A7305392 A7305393

正面です。 三脚の脚受けを取り付けました。
A7305394

ジッパーを開けるとタブレットまたは 17 インチのラップトップを収納できます。
A7305410

上面です。 
A7305411

上面のジッパーを開けると伸縮式ハンドルが取り出せます。
A7305412 A7305413

伸縮式ハンドルは 2 段階に長さ調節できます。 伸縮式ハンドルの 1 段目です。
A7305417

伸縮式ハンドルの 2 段目です。
正面側
A7305414

裏面側 (ショルダーベルト収納側)
A7305415

伸縮式ハンドルを戻しました。
A7305419

SLIK 製の三脚をバッグに固定しました。
A7305395 A7305396

バッグの左側面です。 ハンドキャリングの取っ手があります。
A7305397

裏面です。
A7305398

裏面のジッパーを開けると調節可能なパッド付き両肩ショルダーストラップが出てきます。
A7305399 A7305400

ジッパーで開けたカバーを底面にあるマジックテープで固定します。
A7305403 A7305405

A7305406

底面です。 プレミアム品質のホイールが付いています。
A7305407

右側面です。 ジッパーを開けると折り畳み傘などが入ります。
A7305408 A7305409

正面周囲のジッパーを開けて撮影機材を入れました。 上から、モバイルバッテリー、 ミラーレス一眼カメラ α 7 + レンズ SEL24105G、 予備バッテリー、 ブロアー・クリーニングクロス、 1.4 x テレコンバーター SEL14TC、 レンズ SEL100F28GM、 レンズ SEL100400GM、 レンズ SEL16-35GM、 レインカバー、 窓ガラス反射防止フード、 ミニ三脚です。 間仕切り (コンパートメント) のマジックテープは強力なので Good です。
DSC_0160

蓋側にも撮影機材を入れました。 上から、Bluetooth リモコン、 赤外線リモコンです。
DSC_0161



評価
・ 機能性 や 収納力は高いと思います。 
・  コンパートメントの造りは、ホイールが見えていること、端が平らでなく少し斜めになっているなど今一ですが大きな問題にはならないと思います。
DSC_0162-2

中心より端が 2 cm 下がっています。
DSC_0163

DSC_0166 DSC_0167

・ 耐久性がどうなのか使用していないので評価できません。 
・ 比較的コストパフォーマンスは高いと思います。 
・ 残念ながら説明書がないので不親切だと思います。
・ 評価としては、コンパートメントが今一なのと説明書が無いので、5 点満点の4 点ですね。

[Moman] ミラーレス一眼対応のミニ三脚を購入

カーボン三脚 「 SLIK LIGHT CARBON E83 」 を保有していますが、テーブル上でのちょっとした撮影には大きすぎて使えないため、ミラーレス一眼に対応したミニ三脚を購入することにしました。

カーボン三脚 「 SLIK LIGHT CARBON E83 」
DSC_0133-2

ミラーレス一眼 α 7 靴僚杜未650g 、E マウントレンズの重量は SEL24105G = 663g、SEL1635GM = 680g、SEL100F28GM = 700g、SEL100400GM = 1,395g であり カメラ と レンズの合計の最大重量は2,045g となります。
比較的に耐荷重が高いと言われる、マンフロット MTPIXIEVO-BK (¥4,718) は 2,500g 、 ジッツオ GKTBB1 (¥19,800) は 3,000g であり余裕があるとは言えません。 そんな中で、[Moman] の ミニ三脚が 80Kg の耐荷重であり、評価も高かったため購入することにしました。


購入した、「 [Moman] ミニ三脚-卓上三脚 2段 高さ可変 80kg 耐荷重 アルカスイス互換 3/8"と1/4”ネジ穴対応 一眼レフ ミラーレスカメラ対応」 です。 amazon にて購入 ¥3,799
[Moman] ミニ三脚には、自由雲台付きのタイプもありますが、自由雲台の「SLIK SBH-250DQ」 を保有しているのでそれを使用することにしました。


自由雲台の「SLIK SBH-250DQ」
DSC_0134 DSC_0135


• 【最大搭載量80KG】
頑丈なCNCアルミ構造でありながら軽量で持ち運びに便利なミニ三脚は、80KGまでの重量を負荷できます。あなたの撮影機械をしっかりとサポートします。

• 【ユニークなデザイン】
カメラモニター、マイク、LED撮影補助ライトなどのアクセサリーを取り付けるため、各脚に2個の1/4”ネジ穴が用意されております。

• 【1/4ー3/8ネジアダプター】
Moman卓上三脚は、すべてのカメラ、カムコーダ、スポッティングスコープ、および1/4または3/8三脚マウントを装備したその他の設備に対応しています。 他の三脚よりも便利です。

1/4ネジと3/8ネジを兼備するネジシステムを設計しました。外の3/8ネジを下に押すと、1/4ネジへ変更します。様々な撮影機械に対応できます。

• 【調整可能】
三脚の上(赤い部分)のクイックスナップ脚ロックで、三脚の高さを簡単に調整して固定できます。
二段階角度調整

• 【使い勝手の良さ】
落下防止のために、滑り止めゴムが巻きついています。 Moman 自由雲台との組み合わせをおすすめ!(ASIN:B076GYH33W)

• 【寸法・耐荷重】 
閉じた長さ :162mm
Min.高さ  :35mm
Max.高さ :110mm
重さ     :255g
耐荷重   :80kg

•【同梱物】
Momanミニ三脚 x 1 、ベルト x 3

購入した [Moman] ミニ三脚 です。
A7305370

左はベルト ( 3 個)で枝やパイプに三脚を取り付ける時に使用。
A7305371 A7305372

三脚を開きました。
A7305373 A7305375

A7305376

三脚の脚に2個の 1 / 4” ネジ穴があります。
A7305377

1/4ネジと3/8ネジを兼備するネジシステムで、外の3/8ネジを下に押すと、1/4ネジへ変更します。
A7305378

[Moman] ミニ三脚に自由雲台 「SLIK SBH-250DQ ( 耐荷重2Kg ) 」 を取り付けました。
三脚の赤のリングがクイックスナップ脚ロックで、右に回すと三脚の高さを低くでき、左に回すと三脚の高さを高くできます。左右に回すときは脚を一旦閉じてから行います。
A7305379

A7305381

A7305382

ミラーレス一眼 α 7 + SEL24105G を乗せました。 合計重量1,313g
DSC_0154-4 DSC_0155-2

ミラーレス一眼 α 7 + SEL100400GM を乗せました。  合計重量2,045g
DSC_0156 DSC_0157-3

[Moman] ミニ三脚は、耐荷重80Kg なのでしっかりとした作りです。 ミラーレス一眼 α 7 + SEL100400GM 合計重量2,045g を乗せても安定しています。

「Neewer」 窓ガラス映り込み防止レンズフードを購入

先日、夜景撮影用レンズフードを自作しましたが、素材がダイソーで購入したクッションケースであり、柔らかすぎるためか完全に映り込みを防止できなかったこともあり、市販されている窓ガラス映り込み防止レンズフードを購入することにしました。

完全に映り込みを防止できなかった画像。
上部の横、斜めにオレンジ色のラインが入ってしまった
A7305348


購入する窓ガラス映り込み防止レンズフードは、手持ちのレンズの外径に対応した物を購入するため外径を測定しました。
 SEL24105G (FE 24-105mm F4 G OSS)         レンズ外径 83mm
DSC_0132

◆SEL100F28GM (FE 100mm F2.8 STF GM OSS)    レンズ外径 84mm
DSC_0129

 SEL1635GM (FE 16-35mm F2.8 GM)           レンズ外径 89mm
DSC_0130

ぁSEL100400GM (FE 100-400mm F4.5-5.6 GM OSS)  レンズ外径 94mm 
DSC_0128

~ に共通して使用できる窓ガラス映り込み防止レンズフードとして、 「[Neewer] 反射防止レンズフード 折りたたみ式 ラバーソフト伸縮性デジタル一眼レフレンズフード 窓/ガラス越しに鮮明でまぶしさのない画像を撮るのに適用 70mm-90mmのレンズフィルタースレッドに対応」 を購入しました。  amazonで購入 ¥1,999
DSC_0136 DSC_0137

DSC_0138

SEL100F28GM (FE 100mm F2.8 STF GM OSS) に取り付けてみました。
取り付け方法は、
レンズキャップを取り付けた状態で、レンズフードを上から被せます。
レンズフードを両手で下に引っ張ってレンズの先端から少し入った位置まで下げます。
レンズフードを戻してピントリングに掛からない位置に調整して完了です。
DSC_0141 DSC_0142

DSC_0143 DSC_0146

SEL1635GM (FE 16-35mm F2.8 GM) に取り付けました。 
DSC_0139 DSC_0140

SEL24105G (FE 24-105mm F4 G OSS) に取り付けました。 
DSC_0147 DSC_0148

このレンズフードは、3種類のレンズに違和感なく取り付けができてGoodです。

ぁ,砲弔い討魯譽鵐些扱造 94mm もあるため上記の窓ガラス映り込み防止レンズフードでは適用外となるため、適用可能なレフ板として 「[Roke] レフ板 折りたたみ 穴あき 夜景レフ 小型タイプ 46cm 黒面 銀面 両面タイプ 映り込み防止 飛行機 電車 料理 撮影 JM-077」 を購入しました。  amazonで購入 ¥2,850
DSC_0149 DSC_0150

DSC_0151

SEL100400GM (FE 100-400mm F4.5-5.6 GM OSS) に取り付けました。
取り付け方法は、
レンズキャップを取り付けた状態で、レフ板の穴をレンズの下にずり下げます。
ピントリングに掛からないように位置の調整を行います。
DSC_0152 DSC_0153

レフ板は、折り畳み状態から開くときに急に開くので゜顔を近づけずに両手でゆっくり開きます。

[Lr] の写真画像を印刷する方法

写真画像は、[Lrc] ( Adobe Lightroom Classic ) であれば現像後にそのまま印刷が可能ですが、[Lr] ( Adobe Lightroom ) の場合は現像後にそのまま印刷することが出来ず [Ps] ( Adobe Photoshop ) に写真画像を移した後でなければ印刷ができません。 そこでその方法を述べたいと思います。

画面左下の「スタート」 を左クリックします。
DSC_0102

[Ps] Adobe Photoshop CC 2019 を左クリックします。
DSC_0103

[Ps] Adobe Photoshop CC が表示されるまで時間がかかります。
DSC_0104

DSC_0106

「LR の写真」 を左クリックします。
DSC_0107

「Lightroom の写真」 が表示されます。
DSC_0108

DSC_0109

印刷したい写真を左クリックで選択し、「選択アイテムを読み込む」 を左クリックします。
DSC_0110

ダウンロードされて選択した画像が表示されます。
DSC_0111

DSC_0112

下の「開く」 を左クリックすると、大きな画像が表示されます。
DSC_0113

DSC_0114

画面上の「ファイル (F)」 を左クリックした後、「プリント (P)...」 を左クリックします。
DSC_0115

Photoshop プリント設定が表示されます。
DSC_0116

「レイアウト」 横に設定、写真画像が用紙一杯になるよう 「拡大・縮小したプリントサイズ」 の 「比率 (S) :  %」 にて調整します。
DSC_0119

右下の「プリント (P)」 を左クリックします。
DSC_0120

「続行 (P)」 を左クリックします。
DSC_0121

「印刷」 をクリックします。
DSC_0123

用紙を 「EPSON写真用紙ライト」 に変更した後、印刷しました。
DSC_0125

DSC_0126

ランドマークタワーから横浜の夜景を撮影

2021/3/1 自宅を17 : 00 頃に車で出発し、国道15 号で17 : 30 頃にランドマークタワーに到着しました。ランドマークタワーの地下駐車場 (B1 . B 2 . B 3 1400 台 ) に止めて、 3 Fまでエスカレーターで上がり、外にある展望フロア直行のエレベーターで 69 F に上がります。
地下駐車場は迷路のようなので、何処に駐車したのかスマホで撮影しておいた方が良いと思います。
展望フロアに上がるにはチケットを購入する必要がありますが、私の場合は年齢が65歳以上のため 800円でした。64 歳以下の大人は 1000 円です。
展望フロア 69F には、地上273m 360° 日本最速 750m / 分のエレベーターであっという間の約40秒で到着しました。


撮影機材は、SEL24105G (FE 24-105mm F4 G OSS) + α 7 です。
撮影条件は、絞り優先モード f / 8 固定、ISO800、AWB、三脚使用。

DSC_0032 - コピー


ここは、三脚の使用を禁止していないのでたすかります。
室内照明が暗いと言っても窓に照明が写り込みますので対策は必要です。私は、自作のフードを準備していたので何とか調整しながら撮影しました。


まずは、北東側 (みなとみらいと横浜港) の夜景を撮影しました。遠くには、東京タワーや東京スカイツリーも見えます。

●手前左から、「MMパークビル」、「みなとみらいセンタービル」、「クイーンズタワーA.B.C」
●中左から、「けいゆう病院」、「プランズタワーみなとみらい」、「OCEANGATEみなとみらい」、「横浜ベイホテル東急」、「コスモクロック21」
●奥左から、「パシフィコ横浜」、「国立横浜国際会議場」、「ヨコハマグランドインターコンチネンタルホテル」、「新港埠頭」、「横浜海上保安部」

ISO800  24mm  f / 8  4 / 5 sec
A7305318

ISO800  24mm  f / 8  4 / 5 sec
A7305321

ISO800  24mm  f / 8  4 / 5 sec
A7305327

●手前左から、「みなとみらいミッドスクウェア」、「MARK IS みなとみらい」、「みなとみらい東急スクウェアショッピングモール」、「クイーンズタワーA」
●中左から、「FORESIS - L」、「FORESIS - R」、「MMパークビル」、「みなとみらいセンタービル」、「クイーンズタワーB.C」
●奥左から、「パークフロントタワー」、「オーシャンフロントタワー」、「MM TOWERS ザ・ウエスト」、「MM TOWERS ザ・イースト」、「MM TOWERS ザ・サウス」、「けいゆう病院」、「プランズタワーみなとみらい」、「OCEANGATEみなとみらい」、「横浜ベイホテル東急」
●最奥左から、「横浜みなとみらい国際コンベンションセンター」、「パシフィコ横浜」、「国立横浜国際会議場」、「ヨコハマグランドインターコンチネンタルホテル」

ISO800  24mm  f / 8  3 / 5 sec
A7305325

ISO800  39mm  f / 8  1 sec
A7305348

ISO800  39mm  f / 8  3 / 5 sec
A7305347

ISO800  39mm  f / 8  3 / 5 sec
A7305349

ISO800  38mm  f / 8  4 / 5 sec
A7305346

ISO800  43mm  f / 8  4 / 5 sec
A7305357

左から、「国際橋」、「コスモクロック21」、「アニヴェルセルみなとみらい横浜」、「横浜ワールドポーターズ」
ISO800  54mm  f / 8  1 / 2 sec
A7305344

ISO800  68mm  f / 8  3 / 5 sec
A7305354

「新港埠頭」、「横浜海上保安部」
ISO800  103mm  f / 8  1.6 sec
A7305350


次は、南東側 (中華街・元町方面) の夜景を撮影しました。

「横浜ベイブリッジ」、「横浜港大さん橋」、「赤レンガ倉庫」、「ナビオス横浜」、「汽車道」、「アパホテル & リゾート横浜ベイタワー」、「神奈川県警察本部」、 「ザ・タワー横浜北仲」、「横浜市新市庁舎」 
ISO800  24mm  f / 8  1 sec
A7305336

ISO800  24mm  f / 8  4 / 5 sec
A7305335

ISO800  24mm  f / 8  1 / 2 sec
A7305332

「横浜港大さん橋」、「赤レンガ倉庫」、「ナビオス横浜」
ISO800  82mm  f / 8  1.6 sec
A7305340

「アパホテル & リゾート横浜ベイタワー」、「神奈川県警察本部」、 「ザ・タワー横浜北仲」、「横浜市新市庁舎」
ISO800  44mm  f / 8  4 / 5 sec
A7305343

横浜スタジアム
ISO800  75mm  f / 8  3 / 5 sec
A7305342
 

ブログにUPした画像をLightroomにコピーする方法

昔、ブログにUPした画像がパソコンの突然の故障や消去などにより保存できていないケースがあります。そこでブログにUPした画像をパソコンのLightroomにコピーする方法を以下に述べます。

Livedoor Brog にアクセスします。
DSC_0064

例として、旅行・イベント(49)[+] を左クリックしました。
DSC_0065

例として、京の奥座敷 紅葉旅行(3) を左クリックしました。
DSC_0067

京の奥座敷 紅葉旅行(3) が表示されました。
DSC_0068

Lightroomにコピーしたい画像です。
DSC_0069

画像を左クリックすると拡大されるとともに(+)が表示されます。
DSC_0071

さらに画像を左クリックすると画面いっぱいに画像が表示されます。 
DSC_0072

画像を右クリックした後、「名前を付けて画像を保存(S)...」を左クリックしました。
DSC_0073

「保存(S)」 左クリックしました。
DSC_0074

Lightroomを表示させました。
DSC_0077

画面左上の 「ファイル(F)」 下の 「写真(P)」 を左クリックしました。
DSC_0078

「(+) 写真を追加」 を左クリックしました。
DSC_0080

「参照...」 を左クリックしました。
DSC_0081

ピクチャホルダーに画像が表示されました。JPGファイル 2017/11/19 14:40  1800 x 1200 1.72MB
DSC_0082

画像を左クリックした後、「読み込む項目を確認」 を左クリックしました。
DSC_0083

「画像の保存」 ウインドウに画像が表示されました
DSC_0084

画像を左クリックした後、「保存(S)」 を左クリックしました。
DSC_0085

Lightroomにコピーされました。
DSC_0094

右下の「(i)」 を左クリックすると露出などの撮影データーが表示されます。
DSC_0095

武蔵小杉のマンション群を撮影

2021/2/25  東京都大田区田園調布にある多摩川 浅間 (せんげん) 神社から向かいの武蔵小杉のマンション群を撮影しました。

撮影機材は、SEL24105G (FE 24-105mm F4 G OSS ) + α 7 掘,任后
撮影条件は、絞り優先モード f / 8 固定、ISO800、AWB、三脚使用。

DSC_0032 - コピー

多摩川浅間神社です。 
自宅から車で約 30 分 (10Km ) かかって 17 : 10 頃に東急目黒線多摩川駅近くの 「タイムズ田園調布せせらぎ公園駐車場 100円/30分 東京都大田区田園調布 1 - 53 」 に着きました。 
そこから歩いて 6 分程で多摩川浅間神社に着きました。 お参りをしてから多摩川浅間神社の展望台で撮影をします。展望台は多摩川に向けて開いており絶景が見れます。


以下 6 枚の写真はスマホ Xperia で撮影。
DSC_0025 - コピー DSC_0026 - コピー

DSC_0027 - コピー DSC_0028 - コピー

DSC_0029 - コピー DSC_0030 - コピー

展望台から右から左へ撮影しました。
右に東急目黒線が写っています。
ISO800 49mm f / 8 4/5sec
A7305292

ISO800 29mm f / 8 3/5sec
A7305288-2

丸子橋です。
ISO800 33mm f / 8 1sec
A7305295

武蔵小杉のマンション群です。
ISO800 53mm f / 8 1/2sec
A7305297

ISO800 76mm f / 8 2/5sec
A7305300

ISO800 105mm f / 8 1/2sec
A7305304

ISO800 105mm f / 8 1/2sec
A7305305

ISO800 105mm f / 8 1/2sec
A7305302

ISO800 105mm f / 8 1/2sec
A7305303

宅配ボックスを自作

できるだけ宅配便は、直接に受け取るようにしていますが、どうしても出掛ける必要がある時のため宅配ボックスを自作することにしました。

材料をコーナンで購入しました。
ベランダ収納ボックス85L  幅 600mm x 奥行 470mm x 高さ 500mm  ¥1,980
DSC_0001 DSC_0002

DSC_0003

真鍮南京錠 つる長 38mm  ¥648
DSC_0004

フレックスワイヤー黒 6mm x 1m  ¥698
DSC_0006

丸パイプブラケット  ¥238
DSC_0007

ユニクロシャックル 8mm  ¥128 x 2個
DSC_0008

薬味チューブホルダーをダイソーで購入  ¥100
DSC_0005

シャチハタ印鑑を準備しました。
DSC_0009

薬味チューブホルダーをベランダ収納ボックスの内面左にボルトとナットで取り付けました。 
DSC_0010 DSC_0011

DSC_0013 DSC_0014

丸パイプブラケットをベランダ収納ボックスの右側面にボルトとナットで取り付けました。 
DSC_0015 DSC_0016

丸パイプブラケットにフレックスワイヤー黒をユニクロシャックルで取り付けました。
DSC_0017 DSC_0018

ベランダ収納ボックスに真鍮南京錠をぶら下げました。
DSC_0019

宅配業者向けに案内文をベランダ収納ボックスの上面に貼りつけました。
DSC_0020-2

実際の設置ではフレックスワイヤー黒を、たて樋にユニクロシャックルで取り付けて盗難防止を行います。
DSC_0024 DSC_0021-2

DSC_0022 DSC_0023

横浜 「象の鼻パーク」「大さん橋」で夜景を撮影

2021/2/22 に横浜 「象の鼻パーク」 「大さん橋」 で夜景を撮影してきました。

撮影機材は、SEL1635GM ( FE 16-35mm F2.8 GM ) + α 7 です。
撮影条件は、絞り優先モード f / 8 固定、ISO800、AWB、三脚使用。

DSC_1597


「象の鼻パーク」 にて撮影
右から、「横浜グランド インターコンチネンタル」 「横浜赤レンガ倉庫」 「パンパシフィック横浜ベイホテル東急」 「観覧車コスモクロック21 」 「クイーンズタワーA.B.C」 「ナビオス横浜」 「ランドマークタワー」 「アパホテル & リゾート横浜ベイタワー」 「ザ・タワー横浜北仲」 「神奈川県警察本部」
ISO800  35mm  f / 8  4/5sec
A7305247

右から、 「パンパシフィック横浜ベイホテル東急」 「観覧車コスモクロック21 」 「クイーンズタワーA.B.C」  「ナビオス横浜」 「ランドマークタワー」 「アパホテル & リゾート横浜ベイタワー」 「ザ・タワー横浜北仲」 「神奈川県警察本部」 「横浜税関(クイーンの塔)」
ISO800  35mm  f / 8  1sec
A7305249

右から、「神奈川県警察本部」 「横浜税関 (クイーンの塔)」 「神奈川県庁 本庁舎 (キングの塔)」
ISO800  35mm  f / 8  1.3sec
A7305250

右から、「横浜」税関 (クイーンの塔)」 「横浜開港記念会館 (ジャックの塔) ---電波鉄塔下の右横に先端が見えます」 「神奈川県庁 本庁舎 (キングの塔)」
ISO800  35mm  f / 8  1sec
A7305253

ASUKA 供(郵船クルーズ所有の日本最大のクルーズ客船 50,444トン 長さ241m x 幅29.6m 21ノット 2006年2月就航 436室/全室海側 デッキ9層)
ISO800  35mm  f / 8  1/3sec
A7305255

ISO800  35mm  f / 8  1/3sec
A7305260

「横浜赤レンガ倉庫」 、「横浜グランド インターコンチネンタル」 「パンパシフィック横浜ベイホテル東急」 「観覧車コスモクロック21 」 「クイーンズタワーA.B.C」 「ナビオス横浜」
ISO800  35mm  f / 8  1.6sec
A7305256

「横浜赤レンガ倉庫」 、「横浜グランド インターコンチネンタル」 「パンパシフィック横浜ベイホテル東急」 「観覧車コスモクロック21 」 「クイーンズタワーA.B.C」 「ナビオス横浜」 「ランドマークタワー」 「アパホテル & リゾート横浜ベイタワー」 [ザ・タワー横浜北仲」 
ISO800  35mm  f / 8  3/5sec
A7305259


「大さん橋」 で撮影
ASUKA
ISO800  35mm  f / 8  2/5sec
A7305261

ISO800  35mm  f / 8  2/5sec
A7305264

ISO800  25mm  f / 8  1/2sec
A7305265

ISO800  35mm  f / 8  3/5sec
A7305266

横浜ベイブリッジ
ISO800  35mm  f / 8  4sec
A7305263

屋上ウッドデッキ と 横浜ベイブリッジ
ISO800  22mm  f / 8  2.5sec
A7305268

横浜マリンタワー (改修工事で2022年4月に再開予定とのこと)
ISO800  22mm  f / 8  1.6sec
A7305271

野鳥の飛翔を撮影 2

2021/2/20 久しぶりに、東京都と川崎市の境にある多摩川六郷橋下流の東京側の河川敷で野鳥の飛翔などを撮影しました。

撮影機材は、SEL100400GM (FE 100-400mm F4.5-5.6 GM OSS ) + α 7 掘,任后
撮影条件は、シャッタースピード優先モード 、ISO 800 、親指オートフォーカスAF-C 、露出補正 −0.7EV、連続撮影Hi+ (10 コマ/秒)、三脚使用 (手ブレ補正OFF) で撮影しました。

DSC_1596


ヒドリガモ オス
ISO800 400mm f/8 1/1600sec
A7305236

ヒドリガモ メス
ISO800 400mm f/8 1/1600sec
A7305239

オオバン
ISO800 400mm f/8 1/1600sec
A7305241

ダイサギの飛翔
ISO800 400mm f/8 1/1600sec
A7305132

ISO800 400mm f/8 1/2000sec
A7305133

ISO800 400mm f/8 1/2000sec
A7305134

ISO800 400mm f/8 1/2000sec
A7305135

ISO800 400mm f/8 1/1600sec
A7305136

ISO800 400mm f/8 1/1600sec
A7305137

ISO800 400mm f/8 1/1000sec
A7305171

ISO800 400mm f/8 1/1250sec
A7305172

ISO800 400mm f/8 1/1250sec
A7305173

ISO800 400mm f/8 1/1250sec
A7305174

ISO800 400mm f/8 1/1250sec
A7305175

ISO800 400mm f/8 1/1000sec
A7305183

ISO800 400mm f/8 1/1250sec
A7305184

ISO800 400mm f/8 1/1250sec
A7305185

ISO800 400mm f/8 1/1250sec
A7305186

ISO800 400mm f/8 1/1250sec
A7305187

野鳥の飛翔を撮影 1

2021/2/20 久しぶりに、東京都と川崎市の境にある多摩川六郷橋下流の東京側の河川敷で野鳥の飛翔などを撮影しました。

撮影機材は、SEL100400GM (FE 100-400mm F4.5-5.6 GM OSS ) + α 7 掘,任后
撮影条件は、シャッタースピード優先モード 、ISO 800 、親指オートフォーカスAF-C 、露出補正 −0.7EV、連続撮影Hi+ (10 枚/秒)、三脚使用 (手ブレ補正OFF) で撮影しました。

DSC_1596


オオバン
ISO800 400mm F/9 1/1250sec
A7304937

オオバンの羽ばたき
ISO800 400mm F/9 1/2000sec
A7305004

コガモのつがい
ISO800 400mm F/9 1/1600sec
A7304976

キンクロハジロ
ISO800 400mm F/9 1/2000sec
A7305000

セイタカシギの飛翔
ISO800 397mm F/8 1/1250sec
A7305028

ISO800 397mm F/8 1/2000sec
A7305026

ISO800 397mm F/8 1/2500sec
A7305027

アオサギの飛翔
以下全て ISO800 400mm F/8 1/3200sec
A7305039

A7305043

A7305044

A7305045

A7305046

A7305047

A7305048-2

A7305049

A7305050

A7305051-2

A7305052

A7305053

アオサギの飛翔
以下全て ISO800 400mm F/8 1/1600sec
A7305061

A7305063

A7305064

A7305065

A7305066

A7305067

A7305068

A7305069

A7305070

A7305071

A7305072

A7305073

A7305074

A7305075

A7305076

A7305077

A7305078


防犯カメラ No.3 を移設

防犯カメラ No.3 は玄関屋根の下に取り付けて北側道路を撮影しています。近くの交差点も撮影しているものの、玄関屋根が邪魔して信号機が映りません。 以前、この交差点で交通事故が何回か発生しており、せっかくなので信号機も映るように移設することにしました。

玄関屋根の下に取り付けている防犯カメラ No.3 です。
DSC_1638

録画した画像です。 玄関屋根が邪魔して信号機が映りません。 
DSC_1660

中継ボックスを外して壁に移設しました。 
DSC_1642

防犯カメラケーブルにケーブルカバー ( 縦にカッターナイフでカット ) を被せ中継ボックスに入れました。
DSC_1643

防犯カメラを玄関屋根の下から外し壁に取り付けました。 取付高さ位置は防犯カメラを接続して、妻にモニターで見てもらいながら信号機がしっかり見える位置に決定しました。
DSC_1644

中継ボックスと防犯カメラの間のケーブルにケーブルカバー ( 縦にカッターナイフでカット ) を被せた後、防水処理のためパテで埋めました。
DSC_1648

中継ボックスの上部もパテで埋めました。
DSC_1649

中継ボックスのフタをネジ止めしました。
DSC_1650

中継ボックスと防犯カメラを外した玄関屋根の下を塗装しました。
DSC_1651

DSC_1655

移設した中継ボックスとケーブルカバーを塗装しました。
DSC_1652

DSC_1653

DSC_1656

移設後の画像です。 信号機が確認できるので交通事故への協力ができます。
DSC_1661

ダイソーでコレクションボックスを購入

これまで製作したメタルクラフトが埃で汚れてきたため、コレクションボックスに入れて埃りが付着しないようにしました。 コレクションボックスは、100 円均一のダイソーで購入することにしました。

ダイソーで販売されているコレクションボックスの中から大きめの 「コレクションボックス アーチ深型」 と、大きい 「透明収納ケース」 を購入しました。
「コレクションボックス アーチ深型」 ----- 23 x 13.3 x 13.4cm 2 個 ( 300円 / 個 )
「透明収納ケース」           ----- 28 x 19 x 14.5cm  4 個 ( 300円 / 個 )
DSC_1636-2 DSC_1630

DSC_1629

DSC_1631

追加で「透明収納ケース」を 3 個購入しました。
DSC_1632

DSC_1633

メタルクラフトを入れました。
「透明収納ケース」は、一番大きな メタルクラフト 「ハーレーパンヘッド 長さ 295mm、高さ 175mm、幅115mm 」 でも斜めにすれば入ります。 (下段の左端。 ただし風防は曲がります。)
DSC_1635-2

夜間撮影用レンズフードを自作

先日、川崎マリエンで夕景を撮影しましたが天井照明のダウンライトによる直接の灯りの他、自分の影が窓ガラスに反射して映り込む現象が発生しました。 これを防ぐために夜間撮影用レンズフードが販売されていますが、価格が高すぎるため自作をすることにしました。
「夜間撮影用レンズフードを自作」 で検索すると自作の方法が書かれているため、それを参考に製作しました。


材料は、ダイソーで購入しました。
クッションケース 2 個 : B5 タテ 215mm x ヨコ 290mm 
DSC_1612

面ファスナー 2 個 : 両面テープ付き 3 セット 10cm x 2.5cm
DSC_1618

クッションケース を、カッター と ハサミで縫い付けている糸を除去しました。
DSC_1613

周囲をハサミでカットして四角形に整えました。
DSC_1614

下から 60 mmの位置を頂点にして三角形にカットしました。
DSC_1615

まず、ソニー SEL100400GM (FE 100-400mm F4.5-5.6 GM OSS) 用の夜間撮影用レンズフードを作ることにしました。 既存のレンズフードの根本の径 (100mm) に合わせて作ることにし、「味のり」ケースの外径サイズが 95 mm と近いため利用することにしました。
DSC_1616

「味のり」ケースの外径 (95 mm) に沿ってサインペンで印付けを行いハサミでカットしました。
DSC_1617

面ファスナーを1/2 幅の12.5mmにカットして、クッションケースの端に貼り付けました。 面ファスナーの両面テープの粘着力は十分のようです。
DSC_1619

面ファスナー同志を接触させて組み立てました。
DSC_1620

このままでは既存のレンズフードの根本に取り付けるには小さすぎて無理なため、「味のり」ケースの外径に沿って再度サインペンで印付けを行いました。
DSC_1621

ハサミによるカットは、そのままサインペンで印付けを行ったラインをカットした場合には、取り付けた時に緩すぎるため最初は小さめにカットし、徐々に調整して合わせました。
DSC_1622

既存のレンズフードの根本にしっかりと取り付けました。
DSC_1623 DSC_1624

このままでは、やや格好が悪いため先端を丸くカットしました。
DSC_1625 DSC_1626

同様な作り方で、SEL1635GM (FE 16-35mm F2.8 GM) 、SEL24105G (FE 24-105mm F4 G OSS) 、SEL100F28GM (FE 100mm F2.8 STF GM OSS) 用の夜間撮影用レンズフードも自作しました。
DSC_1627 DSC_1628

効果の程ですが、自作した SEL100400GM (FE 100-400mm F4.5-5.6 GM OSS) 用の夜間撮影用レンズフードで撮影してみました。
自作の夜間撮影用レンズフード無し
A7304908

自作の夜間撮影用レンズフード有り
A7304909

コーナークランプを購入

DIY専門誌 ドゥーパ! に掲載された 「NESHEXST コーナークランプ」 を購入しました。

購入した 「NESHEXST コーナークランプ」 です。 amazon で購入¥2,880
DSC_1597 DSC_1598

説明書です。
DSC_1607 DSC_1608

赤色の 「コーナークランプ」 はこれまで保有していた物 ( 1 個のみ) です。 今回購入した゜「NESHEXST コーナークランプ」 はやや大きく、しっかりした作りです。
DSC_1599 DSC_1600

DSC_1601

2 x 4 材を 「NESHEXST コーナークランプ」 で実際に固定してみました。
DSC_1605 DSC_1606

「NESHEXST コーナークランプ」 で木材の 45° 切断も可能です。
DSC_1609

川崎マリエンで夜景を撮影

2021/02/08 に神奈川県川崎市の東扇島にある川崎マリエンの10 F 展望室から、東京、川崎、横浜の夕景・夜景を撮影しました。

川崎マリエン
https://www.kawasakiport.or.jp/about/index.html#/page/1

案内看板
DSC_1610 DSC_1611


撮影機材は、「SEL100400GM (FE 100-400mm F4.5-5.6 GM OSS ) + 1.4xテレコンバーター (SEL14TC )
+ α 7 」です。 焦点距離は、140mm ~ 560mm (100mm x 1.4 ~ 400mm x 1.4 ) になります。

DSC_1575


14:20 に川崎マリエンに到着したので、まずは夕暮れ前に撮影しました。
バース
ISO200 140mm f/9 1/125sec
A7304809

東京湾アクアライン 海ほたる
ISO200 147mm f/10 1/125sec
A7304810

川崎人工島
ISO200 256mm f/10 1/125sec
A7304811

羽田空港 D滑走路
ISO200 167mm f/13 1/125sec
A7304812

川崎工場地帯
ISO200 140mm f/11 1/125sec
A7304813  
ISO200 560mm f/8 1/125sec
A7304814

東京スカイツリー
ISO200 428mm f/9 1/125sec
A7304816

東京タワー
ISO200 560mm f/8 1/125sec
A7304817

JERA川崎火力発電所、レインボーブリッジ
ISO200 172mm f/8 1/125sec
A7304820

新宿駅方面
ISO200 204mm f/7.1 1/125sec
A7304821

京浜運河
ISO200 172mm f/10 1/125sec
A7304819

川崎駅方面
ISO200 251mm f/10 1/125sec
A7304818

夕景を撮影しました。
横浜方面
ISO200 140mm f/16 1/125sec
A7304823

JFEスチール(株) 東日本製鉄所 京浜地区 高炉
ISO200 140mm f/18 1/125sec
A7304825

日没
ISO200 140mm f/14 1/125sec
A7304836  
ISO200 140mm f/8 1/125sec
A7304848

富士山と丹沢山系
ISO200 140mm f/6.3 1/125sec
A7304858  
ISO400 224mm f/7.1 1/50sec
A7304863

ISO800 100mm f/4.5 1/10sec
A7304875

「鶴見つばさ橋」 、「首都高速」、「アパホテル & リゾート横浜ベイタワー」、 [ザ・タワー横浜北仲」
ISO400 297mm f/8 1/25sec
A7304864


ここから撮影機材は、「SEL100400GM (FE 100-400mm F4.5-5.6 GM OSS ) + α 7 」です。 焦点距離は、100mm ~ 400mm になります。
DSC_1596


JFEスチール(株) 東日本製鉄所 京浜地区 高炉
ISO800 100mm f/4.5 1/10sec
A7304869  
ISO800 100mm f/4.5 1/10sec
A7304870

横浜方面
ISO800 100mm f/4.5 1/5sec
A7304878 
ISO800 100mm f/4.5 1/5sec
A7304879

鶴見つばさ橋 と 横浜ベイブリッジ
ISO800 154mm f/5.0 1/5sec
A7304877  
ISO800 102mm f/4.5 1/5sec
A7304881

夜景を撮影しました。
バース
ISO200 100mm f/4.5 1.3sec
A7304896


ISO200 100mm f/4.5 1.3sec
A7304897

東京湾アクアライン 海ほたる
ISO200 169mm f/5.6 1.3sec
A7304895

羽田空港 D滑走路
ISO200 100mm f/4.5 1sec
A7304887

羽田空港 D滑走路 ジェット機の離陸軌跡
ISO320 400mm f/16 25sec
A7304901

東京スカイツリー
ISO200 400mm f/5.6 1sec
A7304889

東京タワー
ISO200 400mm f/5.6 1sec
A7304890

新宿駅方面
ISO200 400mm f/5.6 1sec
A7304891

武蔵小杉駅方面
ISO200 400mm f/5.6 1sec
A7304892

川崎駅方面
ISO200 400mm f/5.6 1sec
A7304894

横浜方面
ISO800 221mm f/5.6 1/5sec
A7304883

「鶴見つばさ橋」、「 首都高速」、「アパホテル & リゾート横浜ベイタワー」、 [ザ・タワー横浜北仲」
ISO800 345mm f/5.6 1/5sec
A7304882

横浜ベイブリッジ
ISO800 400mm f/5.6 2/5sec
A7304884

鶴見つばさ橋 と 横浜ベイブリッジ
ISO800 177mm f/5.6 2/5sec
A7304886

東扇島西公園で対岸の工場夜景を撮影

2021/1/31 に東扇島西公園で対岸の工場夜景を撮影しました。 対岸はJFEスチール(株) 東日本製鉄所 京浜地区であり、原料岸壁と高炉の撮影になります。

東扇島西公園
西公園は、約4.5万m2の起伏のある広々とした芝生広場や、ベンチ、木製のボートデッキなどがあり、時間の流れがゆったりと感じられるさわやかな公園です。また、釣りもお楽しみいただけるデッキもあり、休日には大勢の釣り客でにぎわっています。 東扇島で釣りのできる公園はここだけです。 
https://www.city.kawasaki.jp/580/page/0000001336.html

撮影機材は、「SEL100400GM ( FE100-400mm F4.5-5.6 GM OSS) + α 7 掘廖,任后
DSC_1596

ISO200 189mm f/5.6 2.0sec
A7304797

ISO200 189mm f/5.6 2.5sec
A7304798

ISO200 282mm f/5.6 2.5sec
A7304799

ISO200 171mm f/5.6 2.5sec
A7304800

ISO200 164mm f/5.6 2.5sec
A7304801

ISO200 181mm f/5.6 2.5sec
A7304802

ISO200 268mm f/5.6 2.5sec
A7304803

ISO200 177mm f/5.6 2.5sec
A7304805

東扇島東公園で対岸の工場夜景を撮影

2021/01/31 に東扇島東公園で対岸の工場夜景を撮影しました。 当日はやや風が強くカメラブレが発生しています。  東京方面(東)から横浜方面(西)に向かって川崎の工場を撮影しました。

東扇島東公園
平成20年4月26日(土)、川崎市川崎区東扇島に人工海浜を有した公園がオープンしました。広大な園内では、海と空と緑を満喫でき、飛行機や大型船舶などを眺めながら、ゆったりとした時間を過ごせます。
http://www.city.kawasaki.jp/580/page/0000001282.html

撮影機材は、「SEL100400GM ( FE100-400mm F4.5-5.6 GM OSS) + α 7 掘廖,任后
DSC_1596


ジェット機の機影が写っています。
ISO100 209mm f/5.6 6.0sec
A7304638

ISO200 209mm f/5.6 2.5sec
A7304653

ISO800 229mm f/5.6 1.0sec
A7304662

ISO800 154mm f/5.0 3/5sec
A7304674

ISO800 226mm f/5.6 1/2sec
A7304700

ISO800 321mm f/5.6 1/2sec
A7304714

ISO1600 400mm f/5.6 1/3sec
A7304756

ISO1600 400mm f/5.6 1/3sec
A7304762

ISO1600 400mm f/5.6 1/3sec
A7304772

月です。 水平線から上がって直ぐの時間なためオレンジ色です。
ISO200 215mm f/5.6 1/10sec
A7304787-2



横浜ベイブリッジ と 鶴見つばさ橋 の夕景 ~ 夜景を撮影

2021/01/30 「横浜市高齢者保養研修施設 ふれーゆ」 の屋外にある岸壁から、横浜ベイブリッジ と 鶴見つばさ橋 の夕景を撮影しました。 有料駐車場 (営業時間9:00~20:00 / 16:30 ~ 18:30 に駐車して400円) に車を停めて左奥から岸壁に出ることができます。 岸壁では釣り人がたくさん来ていました。

撮影機材は、SEL100400GM (FE 100-400mm F4.5-5.6 GM OSS ) + α 7 掘,任后
DSC_1596

岸壁の釣り人です。
A7304613

横浜ベイブリッジ の夕景 ~ 夜景
ISO1250 235mm f/10 1/400sec
A7304507

ISO400 235mm f/7.1 1/20sec
A7304540

ISO1000 336mm f/10 1/3sec
A7304550

ISO1000 336mm f/5.6 1/5sec
A7304564

鶴見つばさ橋 の夕景 ~ 夜景
東京側の橋脚
ISO1000 123mm f/10 1/3sec
A7304547-2

ISO1000 133mm f/5 2/5sec
A7304578

ISO1000 137mm f/5 4/5sec
A7304627

横浜側の橋脚
ISO1000 133mm f/5 1/2sec
A7304599

ソニーEマウントレンズ SEL24105G のレンズフードに植毛紙を貼りました

ソニーEマウントレンズの SEL24105G (FE 24-105mm F4 G OSS) のレンズフードの内面はプラスチックの艶消し加工がされています。
ちなみに、SEL1635GM (FE 16-35mm F2.8 GM) などの GM (グランドマスター) レンズは、必ずレンズフードの内面に植毛紙が貼られています。
フード内面の光線反射の低減は、プラスチックフード内面の艶消し加工では不十分であり、理想的なのは植毛紙ではないかと考え植毛紙を貼ることにしました。


こちらが、SEL24105G (FE 24-105mm F4 G OSS) です。
DSC_1576 DSC_1577

レンズフードの内面はつや消しですが、光線の反射はあるようです。
DSC_1579 DSC_1582

GMレンズの、SEL1635GM (FE 16-35mm F2.8 GM) です。
DSC_1583 DSC_1584

レンズフードの内面は植毛紙です。 光線の反射は無いようです。
DSC_1580 DSC_1581

植毛紙です。裏面は接着剤付です。
DSC_1586

植毛紙をカットしました。
DSC_1587 DSC_1589

SEL24105G (FE 24-105mm F4 G OSS) レンズフード内面に植毛紙を貼り、不要な部分をカットしました。
DSC_1590 DSC_1591

DSC_1593

植毛紙を貼ったことで反射がなくなりました。
貼りつけ前
DSC_1579 DSC_1582

貼りつけ後
DSC_1595 DSC_1594

浮島町公園でジェット機を撮影

神奈川県川崎市の浮島町公園でジェット機を撮影しました。
川崎市営バス 「川 0 3 川崎駅〜台町〜江川一丁目〜浮島バスターミナル」 行きに乗ります。運賃は前払い 210 円、終点浮島バスターミナルで降りました。
浮島公園は、昔、カーフェリー乗り場があったのですが、 東京湾アクアライン開通で、1997 年 12月木更津航路が運航終了、2005 年 6月に日向・宮崎航路も運航終了し、取り壊されてカーフェリー乗り場の面影は今は全くありません。
令和元年9月9日に神奈川県を通過した台風 15号による被害により閉鎖していましたが、護岸及び公園内の斜面の復旧工事が完成 (護岸の一部 と 釣り公園はまだ復旧していません) し、令和 2年 10月 1日から浮島町公園が開放されました。


撮影機材は、「FE 100-400mm F4.5-5.6 GM OSS + 1.4 X テレコンバーター(SEL14TG)  +  α 7 掘 です。 
撮影条件は、シャッタースピード優先モード 1/1600sec 、ISO AUTO 、オートフォーカスをAF-C に設定しました。
DSC_1575

STARFLYER  「Airbus A320 (JA06MC)」
ISO320 470mm f/8.0 1/1600sec
A7304263

ISO320 470mm f/8.0 1/1600sec
A7304276

JAPAN AIRLINES 「Boeing 737-800 (JA332J)」
ISO250 458mm f/8.0 1/1600sec
A7304405

ISO320 458mm f/8.0 1/1600sec
A7304412

ALL NIPPON AIRWAYS  「Boeing 787-8 Dreamliner (JA824A)」
ISO250 445mm f/8.0 1/1600sec
A7304436

ISO320 445mm f/8.0 1/1600sec
A7304444

D滑走路 離陸機 と 進入機
離陸機 (JAL Boeing 737-800 (JA330J) 、進入機 (JAL Boeing 777-200 (JA708J)
ISO320 560mm f/8.0 1/1600sec
A7304462

浮島町公園に来たカメラマン------ 台風の復旧がまだ完全じゃない (写真撮影に良い護岸には、まだ柵があります) のと、コロナの影響でしょうか、昔に比べてカメラマンの数は半分ぐらいでしょうか。 また、着陸するジェット機の数もコロナの影響で 1/3 くらいでしょうか。昔は次から次へと着陸しましたが今は暫くしないと着陸しませんね。
ANA 「Boeing 787-8 Dreamliner (JA807A)」
ISO200 140mm f/6.3 1/1600sec
A7304466

テレビドアホンを「 パナソニック VL-SWD220K 」に交換

パナソニック テレビドアホン VL-MW230 を取り付けていますが、どういう訳か時々動作不良になることがあり買い替えることにしました。

買い替えたパナソニック テレビドアホンは、「 パナソニック  ワイヤレスモニター付き テレビドアホン 電源コード式 VL-SWD220K 」 です。 amazon にて購入¥21,981
DSC_1557

ドアホンです。
DSC_1558

ドアホン親機です。
DSC_1559

現在取り付けているドアホン親機 「 VL-MW230 」 を取り外しました。
DSC_1549 DSC_1553

DSC_1554 DSC_1555

DSC_1556

新しいドアホン親機 「 VL-SWD220K 」 を取り付けました。
DSC_1560 DSC_1561

DSC_1568 DSC_1562

DSC_1563

現在取り付けているドアホン 「VL-V566」 です。
DSC_1550

新しいドアホン 「VL-V566」 に交換しました。
右が現在のドアホンで、左が新しいドアホンです。 型番は同じです。
DSC_1567

DSC_1566

DSC_1570

動作確認OKです。
新しいドアホン親機 「 VL-SWD220K 」 です。 
DSC_1564

ワイヤレスモニター付き子機です。
DSC_1565

なお、テレビドアホン交換時に、時々動作不良になる原因がわかりました。 ドアホンからドアホン親機まで来ている信号線の延長している箇所で接触したりしなかったりの接触不良を起こしていたようです。 そこでこれまでのドアホン親機 と ワイヤレス子機 2 台を内線専用インターホンとして使用することにしました。
ドアホン親機
DSC_1571 DSC_1572

ワイヤレス子機 (3F廊下 、1F工作室)
DSC_1552 DSC_1551
プロフィール

loghouse1jp

訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

カテゴリー別記事
月別記事
記事検索
最新コメント
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ