2階ベランダのプラダン屋根の垂木が汚れて汚くなっているので貼り直したいと思います。

雨の日に確認したところ、プラダン屋根の垂木が汚くなるのは、傘釘の部分から雨水が漏れることが原因とわかりました。
DSC04469

DSC04470

DSC04471

雨水が漏れるのは、傘釘は波板に取り付けるための形状であり、上部の鉄板が凸状になっているためプラダンの平らな形状に取り付けた場合、隙間ができると思われます。
DSC04479

DSC04480

DSC04481

DSC04465

そこで傘釘の鉄板を平らに加工することにしました。
DSC04451

傘釘を分解しました。
DSC04454

傘釘の鉄板です。凸状になっています。
DSC04456

ベンチバイス (万力) のアンビル部で傘釘の鉄板をハンマーを使用して平らに加工しました。
DSC04457

左が加工前、右が加工後
DSC04458

全て加工しました。
DSC04460

連結しているスポンジを鋏で切断しました。
DSC04461

DSC04462

傘釘を組み立てました。 この傘釘を使用してプラダン屋根を貼り直します。
DSC04463