こんにちは、浦和興産のTです。

今月の8日に、会社の自動車部メンバーと共に、
会社所有の初代ヴィッツワンメークスレース仕様車をドライブすべく、
川越のスピリッツさんの走行会、日光サーキットに行ってきました。

FullSizeRender



 

当日は、朝の五時過ぎに浦和の自宅を出発し、外観浦和から東北道宇都宮IC目指して行きます。
途中佐野SAで早い朝食をとり、7時半現地集合となりました。

 

受付を済まし、8時半のドライバーズブリーフィングに参加し、主催者のスピリッツ太郎氏より、
サーキットで使われる各種の旗の意味や注意事項の説明を受け、
本日のタイムスケジュール表をいただきました。

 

内容はタイムアタックABCと、ドリフトABC組に別れ、走行時間15分で、
午前2本、午後2本の計4回の走行枠です。

DSC03638

 

私とサーキット走行の経験があるM君がアタックB組、サーキット走行初の3名はC組、他2名のメンバーはマイカーでの参戦です。ゲスト講師としてJOY耐でも活躍の森下陽介選手の指導の下、楽しく安全に自動車限界?と、自分のドライビングへの挑戦ができたと思います。

 

自分は?というと、久々のサーキット走行となり、アタック初回走行は、
初心者同様のボロボロのアタックでした。
ハンドル、シフト、ブレーキ、思うように操作できません。

森下選手ドライブのヴィッツ号に同乗させていただき、
現役のハンドル、シフト、ブレーキ操作を学びました。そして、午後のアタックに挑みました。

森下選手のおかげで、午後のアタックは何とかましにはなりましたが、
自分にとってはまだまだ課題の残る走りでした。

他のメンバーは、森下選手の指導の下、午前のタイムに対し午後のアタックは大幅に短縮できたようです。新人の伸びしろを感じました。

FullSizeRender



 

今回は、参加メンバーの中で経験者としての結果は残せましたが、次回以降は私の前に出てくるメンバーが現れるでしょう。そうならないように私も頑張ろう!と思います。


何よりも、参加者全員がクラッシュもなく、車とドライバーが無事に1日を楽しめたことが幸いです。参加された皆さん、講師の森下さん、主催のスピリッツ太郎さん、お世話になりました。そして、ありがとうございました。