旅が大好きなわたしですが、今年は遠出の計画が立てられずモヤモヤ。
バジル+トマトでイタリア、花椒で中国、クミンで中東。食べ物と想像力で世界旅行するしかない。
お家で簡単にできる、インドで定番のチャイの作り方をご紹介します。 紅茶には抗菌作用、スパイスには身体を内側から温めて免疫力を高める効果があります。 【基本的なチャイのためのマサラ】 ※マサラとは複合スパイスのこと ・カルダモン  …香りが良い ・クローブ  …身体を温める リラックス作用あり ・シナモン  …漢方では桂皮と呼ばれる   身体を温める ・ドライジンジャー  …身体を温める 胃腸の調子を整える ・ブラックペッパー
どんだけ身体温めるんやとお思いでしょうが、冷えは万病のもとと言いますので大切なんですね。
これら全てを加えすり鉢で叩くように潰す。 フライパンで軽く炒る。 ミキサーで粉々にしたら出来上がり。
スパイス各種を買ってくる上にこんな面倒なことまでできないズボラなあなたや私にはこんな便利なものが。
チャイマサラの粉末。 愛用しているのはアナン社のもの。


image0

そして欠かせないのは、こちらの紅茶。

image1

アッサムのCTC製法と言うつぶつぶした茶葉です。
短時間で、こゆーいミルクティーを作ることができます。ただし、そのへんのスーパーではお見かけしません。
わたしは蒲田の猥雑な雑居ビルの一室でインド人から買いました。
500g500円でした。紅茶専門店やネットでも買えます。もちろん、普通の茶葉でもできます。

image2

まずは水に紅茶を投入して、火にかけます。
作りたい分量に対して水:牛乳=1:2
牛乳が多いと濃厚になります。お好みで!
マグカップ一杯なら、紅茶はティースプーンたっぷりひとさじ。

image3

牛乳、スパイス、砂糖をいれて、沸騰直前で火を止めましょう。
沸騰すると牛乳の臭みがでるし、コンロが溢れたチャイでめちゃくちゃになるので注意。
お砂糖はビックリするほど入れた方がインドの味に近づきます。 時間があるときは、蓋をしてさらに1.2分蒸らすと良いです。

image4


茶こしでカップにいれて、スパイシーなチャイの出来上がり。

image5


スパイスの力を借りて、少しでも暮らしが健やかになりますように。


ネコイケガミ