皆様、高校サッカーはご覧になりますか?
Jリーグや、欧州リーグも勿論面白いですが、
冬の選手権制覇は学生たちの集大成であり、
勝利に情熱を燃やす若さと青さがとても心を惹かれます。
今回は100回記念大会ということ、青森山田の戴冠なるか、公立校の躍進など、
注目すべきことが多く、時間があればテレビ観戦をしていました。

まずは青森山田の強さが際立った大会になりましたが、
その中心を担う松木君は、FC東京に内定している注目のプレーヤーです。
昨年準優勝に終わった後、最終学年での高校3冠を口に出し続けたそうです。
それを見事に成し遂げた精神力と、並大抵ではない練習の量と質は、
想像に難しくありません。
試合中も彼に引っ張られ、周りの選手が躍動している姿が見られました。


61dce994-a550-41ad-a1b4-4bb0d3093d95

また、残念ながらコロナ感染者が出てしまい、
準決勝まで残っていながら辞退せざるをえなかった関東第一高校。
関東勢唯一の勝ち残りで、優勝候補の高校を倒してきた勢いがあっただけに、
悔しい結末となりました。

その想いを背負って決勝を戦ってくれた大津高校も、
青森山田に対して最後まで諦めずに挑んでいました。
試合終了のホイッスルが鳴った時、
思わずテレビの前で両校に拍手を送っていました。

プレーの一つ一つで私たちを感動させてくれた全国の高校生たちに、
改めて感謝をしたいです!
ありがとうございます!
そして、お疲れさまでした!


6115f468-cbf0-4fdc-8993-2122d3093d95